Home / Apple / iPhone / キャリアから格安simカードへ!iPhoneでの乗り換えの流れ

キャリアから格安simカードへ!iPhoneでの乗り換えの流れ

Pocket

iPhoneユーザーの多くはdocomoやau、softbankなどの通信キャリアと契約していますが、MVNO(仮想通信事業者)が提供している格安SIMカードを使うことによって、よりお得にiPhoneを利用することができる場合があります。

SIMロックやMVNOなどの用語を聞くと、格安SIMへの移行が何だか難しいものに感じてしまいがちですが、実際に行う手順はとても簡単です。

本記事ではSIMカードに関する基礎知識と、格安SIMカードへiPhoneを移行する流れについてご紹介していきます。格安SIMカードに興味がある、検討している方は、本記事を参考にしてみて頂ければと思います。

スポンサーリンク

simカードの基本知識

SIMカードとは、スマートフォンなどのモバイル端末でインターネット接続や電話を利用するために必要なICカードのことを指します。端末の中に挿入されており、端末を特定するための契約者情報が記録されています。

iPhoneを格安で利用するためには、一般的に「格安SIM」と呼ばれるSIMカードを提供している事業者と契約をする必要がありますが、正しく契約を進めていくためにもまずは下記のSIMカードの基礎知識について理解していくことが大切です。

SIMカードの基礎知識

  • SIMカードの種類
  • SIMカードの大きさ
  • SIMカードを提供する通信事業者

それでは具体的に見ていきましょう。

SIMカードの種類:「音声通話sim」と「データ専用sim」

SIMカードには下記の二つの種類があります。

  • 音声通話SIM
  • データ通信専用SIM

音声通話SIM

音声通話SIMとは、電話とデータ通信(インターネットなど)ができ、電話番号が持てるSIMカードのことです。一般的に通信設備を持っているキャリア(docomo,KDDI,softbankなど)でiPhoneを契約すると、通常この音声通話SIMが挿入されたiPhoneとなります。

データ通信専用sim

データ通信専用のSIMはデータ通信(インターネット)によってメールやSMS、アプリなどの利用は普通にできる一方、電話番号による音声通話ができないSIMカードのことです。

LINEなどの通話機能やIP電話などで電話をすることができるようになったため、「データ通信専用sim」を選択する人も数多くいます。

利用の幅に制限があることで一般的には格安料金になりますが、不便さを感じてしまう場合があるかもしれません。契約の際には、自分が契約したいSIMカードの種類を今一度確認し、その中で最もお得なプラン・事業者と契約をすることをおすすめします。

simカードのサイズ

SIMカードのサイズの種類には下記のものがあります。

  • 標準SIM:横幅15mm ×縦幅25mm
  • microSIM:横幅12mm ×縦幅15mm
  • nanoSIM:横幅8.8mm ×縦幅12.3mm

iPhone5以降であれば、「nano sim」が使われているため、格安SIMを提供している事業者と契約する場合には、大きさを間違えないようにしましょう。

SIMカードを提供する通信事業者

SIMカードを提供する通信事業者には二つの種類があります。

  • キャリア:独自の通信回線を持っている通信事業者
  • MVNO:通信設備を持たずにキャリアの回線を使ってインターネット環境を提供する通信事業者

MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、仮想移動体通信事業者と呼ばれます。独自に通信設備を持たず、キャリアの無線通信インフラを借り、一般に向けてモバイルインターネットサービスを提供しています。

MVNOが提供するサービスは、料金が格安であったり、映像コンテンツが充実しているなど、キャリアとは異なる特色があることが特徴です。MVNOの登場により、豊富な選択肢から自分に合う通信事業者と契約をすることができるようになり、大変便利になりました。代表的なMVNOサービスには下記のものがあります。

代表的なMVNO

  • mineo
  • DMMモバイル
  • UQ mobile
  • ピクセラモバイル
  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル

iPhoneを格安simカードに移行する手順

キャリア(SoftBank、docomo、auなどの大手)と契約しているiPhoneを、MVNOが提供している格安simカードに移行する流れは下記の手順になります。

  • SIMロックを解除する
  • 格安SIMカードを契約する
  • 格安SIMカードをiPhoneに設定する

各手順について具体的に見ていきましょう。

①SIMロックを解除する

iPhoneのSIMを格安SIMカードに変更するためには、キャリア側で設定している「SIMロック」を解除することが必要になります。

「SIMロック」とは、キャリアで契約したiPhoneがそのキャリアのSIMカードでしか利用することができない制限のことを指しています。SIMロックがある状態で格安SIMカードは使うことができないため、まずはSIMロックの解除手続きを行いましょう。また、SIMロックを解除するためには下記の条件をクリアする必要があります。

  • 2015年5月以降に発売されたSIMロック解除対象機種であること
  • 購入日より101日目が経過していること
  • ネットワーク通信制限がかかっていない機種であること

なお、購入の際に一括購入されているのであれば、日数制限はありません。それではキャリア別にSIMの解除手順について見ていきましょう。

docomo

docomoで契約したiPhoneのsimロック解除手続きは下記の流れとなります。

  • IMEI(製造番号)を確認する:「設定」→「一般」→「情報」
  • My docomoにログインして左上の「メニュー」をクリック
  • 「サービス一覧」をクリック
  • 「simロック解除」→「パソコン」をクリック
  • SIMロック解除を行う機種のIMEI番号を入力
  • 「SIMロック解除を申込む」と「SIMロック解除の注意事項に同意する」をチェック
  • 「手続きを完了する」をクリック

au by KDDI

auで契約したiPhoneのsimロック解除手続きは下記の流れとなります。

  • IMEI(製造番号)を確認する:「設定」→「一般」→「情報」
  • My AUに入り、「SIMロック解除可否の確認」に、先程メモしたIMEIを入力
  • 暗証番号を入力し「次へ」を選択
  • SIMロック解除する端末にチェックを入れ「次へ」を選択
  • 解除理由を選択肢から選び、「この内容で申し込む」をクリックして完了

手順中に「simロック解除できない端末です」と出た場合は、対象外機種であるか、購入からの日数が足りない場合のどちらかになります。

softbank

softbankで契約したiPhoneのsimロック解除手続きは下記の流れとなります。

  • IMEI(製造番号)を確認する:「設定」→「一般」→「情報」
  • My Softbankに入り、「料金プラン/オプションの確認・変更」を選択
  • 「SIMロック解除対象機種の手続き」でIMEIを入力
  • 「解除手続き」を選択

simフリーiPhone

iPhoneの中にはSIMフリー版のiPhoneがあります。SIMフリー版のiPhoneとは、アップルストアなどで買ったiPhoneのことを指し、どこの通信会社とも契約していないiPhoneのことを指します。

SIMフリー版のiPhoneの場合は、SIMロックの手続きは不必要で、直接格安スマホの通信事業者との契約ができます。

②格安SIMカードを契約する

SIMロックが解除できたら、新しく利用する格安SIMカードと契約します。MVNOが提供している格安SIMカードを選ぶ際には、下記の基準に基づいて選ぶと良いでしょう。

  • 手持ちのiPhoneで利用可能
  • 回線の安定性
  • 回線の速度
  • 回線の速度制限と発生条件
  • 料金
  • 各種サービス

料金だけでなく、自分の利用用途に合わせて適切な格安SIMカードを契約することが大切です。また、MVNOと契約する際にはキャリアとの契約を終了させますが、2年縛りの最中に当たる場合には、違約金等の支払いが発生する場合もありますので、格安SImカードに移行した場合の料金シミュレーションを作成し、本当にお得になるのかも検討することが大切です。

③格安SIMカードをiPhoneに設定する

SIMカードを格安SIMカードに変更する手順は下記の通りです。 格安SIMカードをiPhoneに差し込むだけでなく、プロファイルの設定も必要となりますので忘れないようにしましょう。

  • simピンを使ってsimカードの入っているトレイを開ける
  • 既存のsimカードを取り出し、格安simをセットする
  • iPhoneの設定から「一般」→「プロファイル」と進む
  • 新しく使う格安スマホ事業者のHPに行き「プロファイル」をwi-fi環境でDLする。

まとめ

格安SIMカードに移行することで、iPhoneをよりお得に利用することができるようになる場合があります。MVNOやSIMと行った専門用語を聞くと、面倒くさく感じてしまいますが、実際に行う手順はとても簡単ですので、本記事を参考に一度検討してみて頂ければと思います。

自分に合うMVNO、SIMカードを見つけて、よりお得に便利にiPhoneを使っていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneで使えるおすすめSDカードリーダーと使い方

iPhone搭載のデジカメは以 …

Facebookでのご購読が便利です