iPhoneでスケジュール管理を行う方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneは常に持ち歩くので、スケジュール管理を行うのにぴったりなデバイスです。

iPhoneでスケジュール管理を行うならば、やはり標準のカレンダーアプリケーションを用いるのが定番です。カレンダーアプリケーションに予定を登録しておけば、開始時刻前に通知が出せるので、予定をすっぽかすことがなくなります。また、カレンダーに登録された予定はiCloudで同期されるので、他のデバイスからも参照可能になります。

本稿ではiPhoneでスケジュール管理を行う方法として標準カレンダーアプリケーションの使い方を説明します。

スポンサーリンク

予定を登録する

カレンダーアプリケーションに予定を登録するには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. 「カレンダー」アプリケーションを起動してください。

01-launch-calendar

2. ツールバーの「+」ボタンをタップしてください。

02-tap-plus-button

3. 予定の詳細を入力してツールバーの「追加」をタップしてください。

03-create-new-event

予定の詳細入力で重要なのは「タイトル」「開始」「通知」の3つです。

04-new-event

「タイトル」は予定のタイトル、「開始」で予定の日時を設定します。「通知」をタップすることで、いつ通知を出すのかを設定します。

05-notification

予定を確認する

カレンダーの日付下にある小さい灰色の丸は、その日に予定があることを示します。日付を囲む円は現在選択している日付で、その日の予定がカレンダー下に表示されます。

06-calendar-portrait-mode

また、iPhone本体を横向きにすることで、数日分の予定を一覧することも可能です。

07-calendar-landscape-mode

予定を編集/削除する

登録済みの予定を編集/削除するには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. 「カレンダー」アプリケーションを起動してください。
2. 編集/削除したい予定をタップしてください。

08-tap-event

3. 予定の詳細画面が表示されます。編集したい場合は「編集」を、削除したい場合は「イベントを削除」をタップしてください。

09-event-detail

メールアプリケーションから予定を登録する

なんらかのイベントの日時をメールで知らされることはよくあります。そんなとき、受信したメールからカレンダーの予定を登録できます。

たとえば、以下の画像のようなメールを受信した場合、青色と下線で表示されている部分は、メールアプリケーションが日時を自動的に判別してくれた結果です。

10-received-mail

自動判別された日時部分をタップすると、以下のように操作を選択するダイアログが表示されます。

11-create-event-from-mail

「イベントを作成」をタップすると、メールアプリケーションの中で予定を登録する画面が表示されます。

12-new-event-from-mail

日時を自動判別しているので、最初から予定の開始日時と終了時刻が入力された状態になっています。あとは残りの必要な箇所を入力してください。

このように、メールで知らされたイベントの予定をかんたんに登録できます。

複数のカレンダーを使い分ける

プライベート用と仕事用など、複数のカレンダーを使い分けることも可能です。新しいカレンダーを追加するには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. カレンダーアプリケーション下部の「カレンダー」をタップしてください。

13-tap-calendar

2. 登録されているカレンダーの一覧が表示されます。チェックが付いているのが予定が表示されるカレンダーです。
3. ツールバーの「編集」をタップしてください。

14-tap-edit

4. 「カレンダーを追加…」をタップしてください。

15-tap-add-calendar

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではiPhoneでスケジュール管理を行う方法として標準カレンダーアプリケーションの使い方を説明しました。

カレンダーアプリケーションの使い方をしっかりと把握して、予定をすっぽかすことがないようにしましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です