「iPhoneを探す」機能で実際にiPhoneを探す手順

LINEで送る
Pocket

iPhoneの紛失、盗難に備えましょう。iPhoneには、デバイスの追跡、現在地を確認するための「iPhoneを探す」というセキュリティのための機能が備わっています。この機能を使うことにより、iPhoneを紛失したり、どこかにおき忘れてしまった時にどこにあるか探したり、また、不幸にもiPhoneを盗難されてしまった場合は、現在地を確認するだけでなく、iPhoneをロックしたり、記録されているデータを全て消去することができます。

今回は、この「iPhoneを探す」機能のポイントと注意点を紹介していきます。

スポンサーリンク

事前の準備、セット手順

まず、iPhoneやiPadのデバイス側の設定から始めます。最初にデバイス側で「位置情報サービス」の設定をオンにします。設定する場所は、「設定」ー「プライバシー」にあります。

01_iPhonePref00

次にデバイス側で「iPhoneを探す」の設定をオンにします。設定する場所は、「設定」ー「iCloud」にあります。

02_iPhonePref02

そして、「iPhoneを探す」を機能を使う場合には、デバイス側が、3G、4G、LTE、または、Wi-Fiに接続されている必要があります。デバイス側で「モバイルデータ通信」や「Wi-Fi」が接続されていない場合は、接続された段階で「iPhoneを探す」の機能が動作します。

iPhoneを探す方法

iCloud.comのサイトに「iPhoneを探す」機能があります。Macだけでなく、WindowsPCでもiCloud.comにアクセスし、デバイスに設定されていたAppleIDでログインすると「iPhoneを探す」機能を利用することができます。

「iPhoneを探す」のもう一つの方法は、AppStoreで無償で提供されているアプリ「iPhoneを探す」を使うことです。このアプリを使うと、自分のAppleIDでログインするだけでなく、「ファミリー共有」に参加しているメンバーのデバイスを探すことができます。「iPhoneを探す」アプリの機能は、ブラウザを使ったiCloud版と同じです。

iCloud.comからiPhone、iPadを探す手順

MacやWindowsパソコンのブラウザでiCloud.comにデバイスで設定されていたAppleIDでログインすると「iPhoneを探す」機能を利用することができます。

03_iCloud

iCloud.comの「iPhoneを探す」アイコンをクリックすると、ブラウザに地図が表示され、ご利用のAppleIDが設定されている全てのデバイス(iOSデバイスだけでなく、macOSデバイスも含めて)の位置が表示されます。

04_SearchDeviceAll

次に画面中央上部の「すべてのデバイス」をクリックして、探しているデバイスを選択します。

05_All_Device

ここでデバイス左側のグリーンの●印は、オンラインであることを意味します。デバイスがオフライン(電源が入っていない)の場合は、●印は、グレー表示です。デバイスが見つかりましたら、次の操作を行いましょう。もし、デバイスの電源がオフになっている場合、または、ネットに接続されていない場合は、次の操作は保留され、ネットに繋がった段階で「サウンドの再生」や「紛失モード」の機能が適用されます。

サウンドを再生する

「iPhoneを探す」画面から、サウンドを鳴らそうとするデバイスを選択し、「サウンド再生」アイコンをクリックします。デバイスから「ピピピピーン」と大きなアラート音が発せられます。例えば、家の中でどこにしまったか見つからない場合は、このサウンドを鳴らすことでどこにあるかすぐに見つかります。

06_iPhoneSound

また、デバイスが電源オフの場合は、操作が保留されたままになっていますので、電源が投入されネットに繋がった段階でアラート音が発せられます。サウンドが再生された段階で、ご利用のAppleIDのメールアドレス宛に「サウンドが再生されました」とメールが到着します。

紛失モードにする

先ほどの画面で「紛失モード」アイコンをクリックします。デバイスを遠隔操作でパスコードロックすることができます。

紛失モードにすると、最初に電話番号を登録します。iPhone等を収得していただいた相手に、連絡先を伝えることができます。この電話番号の登録はオプションです。合わせて、デバイス側に表示させるメッセージを登録しておくことができます。

連絡先電話番号の入力

07_PassCodeRock01

デバイスに表示させるメッセージの入力

08_PassCodeRock02

遠隔でデータを全て消去する

これは、デバイスが見つからない時の最後の手段です。先ほどの画面の一番右にある「iPhoneを消去」アイコンをクリックします。これでデバイス上の全ての情報が削除されますので、個人情報が漏洩することはありません。しかし、「iPhoneを消去」した段階で、デバイスの追跡もできなくなります。

全てのデータは消去されるとともに、アクティベーションロックもなされるので、収得者に不正利用されることはありません。

「iPhoneを探す」を解除する

「iPhoneを探す」はとても便利な機能なのですが、設定内容を忘れていると時に”悪さ”をすることがありますので注意してください。

それは、デバイスを修理に出したり、譲渡または売却する、あるいは、完全に初期化して工場出荷状態にする時です。この時、デバイス側の「iPhoneを探す」設定を解除(オフ)しておくことが必要となります。「iPhoneを探す」をオフにするときは、AppleIDのパスワードを入力する必要があります。(AppleIDのパスワードを忘れないようにしてください。)

「iPhoneを探す」からデバイスを削除する

「iPhoneを探す」設定をオフにしてもiCloud.comの「iPhoneを探す」に設定されているデバイスは残ったままになっています。「iPhoneを探す」で探す必要のないデバイスは、iCloud.comでの登録を削除しておきましょう。

iCloud.comの「iPhone を探す」機能ですべてのデバイスを表示し登録を削除したいデバイスを選択し、「アカウントから削除」をクリックしてそのデバイスを削除します。

ここで削除したデバイスを復活させたい場合は、そのデバイスの「iPhoneを探す」機能をオンにするだけで復活します。

「iPhoneを探す」をオフにしてあるデバイスを紛失した場合

「iPhoneを探す」をオフにしてあるデバイスを紛失した場合、現在地を追跡したり、遠隔操作でロックすることもできません。最悪、そのデバイスに登録されているAppleIDからiCloudのデータにアクセスされてしまう危険性があります。

この時の対処策は一つしかありません。速やかに、AppleIDのパスワードを変更することです。これにより紛失したデバイスを利用されることが防げます。お持ちになっているApple製品のシリアル番号とIMEIの値は、他の人の目の触れることがない場所に必ずメモを残しておきましょう。Apple社のサポートを受けるときにも必要となります。

これらの情報は、iPhoneであれば、「設定」ー「一般」ー「情報」セクションの中で参照することができます。また、AppleIDを利用しているデバイスであれば、AppleIDのサイト

09_AppleID_Site

AppleID管理サイト
からAppleIDでログインしてシリアル番号やIMIE値を参照することもできます。

10_GetIDfromAppleID

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です