Home / iPhone / 「iPhoneを探す」機能で実際にiPhoneを探す手順

「iPhoneを探す」機能で実際にiPhoneを探す手順

Pocket

iPhoneの紛失、盗難に備えましょう。iPhoneには、デバイスの追跡、現在地を確認するための「iPhoneを探す」というセキュリティのための機能が備わっています。この機能を使うことにより、iPhoneを紛失したり、どこかにおき忘れてしまった時にどこにあるか探したり、また、不幸にもiPhoneを盗難されてしまった場合は、現在地を確認するだけでなく、iPhoneをロックしたり、記録されているデータを全て消去することができます。

今回は、この「iPhoneを探す」機能のポイントと注意点を紹介していきます。

スポンサーリンク

事前の準備、セット手順

まず、iPhoneやiPadのデバイス側の設定から始めます。最初にデバイス側で「位置情報サービス」の設定をオンにします。設定する場所は、「設定」ー「プライバシー」にあります。

01_iPhonePref00

次にデバイス側で「iPhoneを探す」の設定をオンにします。設定する場所は、「設定」ー「iCloud」にあります。

02_iPhonePref02

そして、「iPhoneを探す」を機能を使う場合には、デバイス側が、3G、4G、LTE、または、Wi-Fiに接続されている必要があります。デバイス側で「モバイルデータ通信」や「Wi-Fi」が接続されていない場合は、接続された段階で「iPhoneを探す」の機能が動作します。

iPhoneを探す方法

iCloud.comのサイトに「iPhoneを探す」機能があります。Macだけでなく、WindowsPCでもiCloud.comにアクセスし、デバイスに設定されていたAppleIDでログインすると「iPhoneを探す」機能を利用することができます。

「iPhoneを探す」のもう一つの方法は、AppStoreで無償で提供されているアプリ「iPhoneを探す」を使うことです。このアプリを使うと、自分のAppleIDでログインするだけでなく、「ファミリー共有」に参加しているメンバーのデバイスを探すことができます。「iPhoneを探す」アプリの機能は、ブラウザを使ったiCloud版と同じです。

iCloud.comからiPhone、iPadを探す手順

MacやWindowsパソコンのブラウザでiCloud.comにデバイスで設定されていたAppleIDでログインすると「iPhoneを探す」機能を利用することができます。

03_iCloud

iCloud.comの「iPhoneを探す」アイコンをクリックすると、ブラウザに地図が表示され、ご利用のAppleIDが設定されている全てのデバイス(iOSデバイスだけでなく、macOSデバイスも含めて)の位置が表示されます。

04_SearchDeviceAll

次に画面中央上部の「すべてのデバイス」をクリックして、探しているデバイスを選択します。

05_All_Device

ここでデバイス左側のグリーンの●印は、オンラインであることを意味します。デバイスがオフライン(電源が入っていない)の場合は、●印は、グレー表示です。デバイスが見つかりましたら、次の操作を行いましょう。もし、デバイスの電源がオフになっている場合、または、ネットに接続されていない場合は、次の操作は保留され、ネットに繋がった段階で「サウンドの再生」や「紛失モード」の機能が適用されます。

サウンドを再生する

「iPhoneを探す」画面から、サウンドを鳴らそうとするデバイスを選択し、「サウンド再生」アイコンをクリックします。デバイスから「ピピピピーン」と大きなアラート音が発せられます。例えば、家の中でどこにしまったか見つからない場合は、このサウンドを鳴らすことでどこにあるかすぐに見つかります。

06_iPhoneSound

また、デバイスが電源オフの場合は、操作が保留されたままになっていますので、電源が投入されネットに繋がった段階でアラート音が発せられます。サウンドが再生された段階で、ご利用のAppleIDのメールアドレス宛に「サウンドが再生されました」とメールが到着します。

紛失モードにする

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

表示されない!iPhoneバッテリーの設定方法と問題対処法3つ

iPhoneを使ったことがない …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です