iPhoneのロック画面のパスコードの設定方法とセキュリティレベルが高いパスの設定

LINEで送る
Pocket

f616418f8aa8449b2ed0a93b355b48f2_s

今回は、「iPhoneのロック画面のパスコードの設定方法とセキュリティレベルが高いパスの設定」について紹介いたします。iPhoneにはさまざまな個人情報や他の人の情報が入っていますので、万が一のときのために、できるだけセキュリティを高めておく必要があります。パスコード設定は簡単に設定や変更することができ、設定しておくかどうかだけで、セキュリティレベルも大きく変わってきます。iPhoneを使い始めて間もない方は、ぜひ、ご覧になってください!

スポンサーリンク

スライドでロックを解除できる状態だとセキュリティ上 良くない!

iPhoneはパスコードやTouchIDを設定しなければ、ただスライドするだけでロック画面を解除することができ、iPhoneのすべてを操作することができるようになります。確かにパスコードの入力やTouchIDなど、毎回ロック解除するのは面倒に感じます。

しかし、スライドだけでロック画面を解除できるようにしておくと、万が一iPhoneを紛失した際に簡単に別の人に使われてしまう危険性があります。さまざまな個人情報が登録してあるので、これでは危険です。使用するのは自分だけですが、万が一のことを考えてパスコード設定やTouchID設定をしセキュリティを高めておくことが大切です。

iPhoneのパスコードの設定方法

iPhoneのパスコードを設定・変更したい場合は、設定アイコンを開き「TouchIDとパスコード」を選択します。既にパスコードを設定している場合は、パスコードを入力します。TouchIDとパスコードの画面が表示されたら「パスコードをオンにする」を選択します。既にパスコードを設定している方は「パスコードを変更」を選択すれば変更することができます。

「パスコードをオンにする」を選択した後に、設定したいパスコードを入力します。確認のため2度続けて入力する必要があります。設定したパスコードを解除して変更したい場合も、「パスコードを変更」を選択した後に、解除したいパスコードの入力と新しいパスコードを入力すれば変更することができます。これで、パスコードを自分の好きな内容へ設定することができます。

パスコードの要求設定も変更することができます。「TouchIDとパスコード」画面で、「パスコードを要求」項目を選択するとパスコードの要求時間を自由に変更することができます。「即時」〜「4時間後」まであり、選択した時間が次のパスコードを要求するまでの時間となってしまいますので、パスコードを毎回入力するのは面倒ですがセキュリティを高めるためには「即時」要求で、都度ロック画面を解除するためにパスコードを入力するようにした方が良いでしょう。

セキュリティレベルが高いパスコードの設定方法

ここでは、少しでもセキュリティレベルの高いパスコードを設定するためにはどうしたら良いのか解説いたします。

パスコードを4桁以上にする

4桁以上のパスコードにするだけで通常よりもセキュリティレベルを高くすることができます。パスコードを4桁以上にする方法は、「TouchIDとパスコード」の画面で、「簡単なパスコード」をオフ設定にします。これでパスコードを4桁以上に変更することができます。4桁だとどんなに複雑にしようとも限界があり、また予測もされやすいので、4桁以上にするようにしましょう。

4桁以上にすることで数字以外の英語なども含めたより複雑なパスコード設定をすることができます。4桁以上のパスコードにしたうえで、数字以外に英語も含めたパスコードにするようにしましょう。そうすることで、他の人では解除することが難しくなるためセキュリティレベルが上がります。

名前や誕生日など分かりやすいパスコードにはしない

自分の苗字や名前などをローマ字読みしただけのパスコードや、誕生日や電話番号、1111など同じ数字の数列など、分かりやすいパスコードにしないようにしましょう。できれば、自分とはまったく関係のない数字や英語の羅列したパスコードが良いです。

万が一の際に、誕生日や同じ数字、名前などではすぐに分かってしまいます。極力、自分の情報からは想像することもできない、複雑なパスコードにすることが理想です。複雑なパスコードを設定する場合は、忘れないようにパスコードを管理するようにもしましょう。その際、iPhone内で管理してもあまり意味はありませんので、iPhone以外で管理するようにしましょう。複雑すぎて自分が忘れてしまっては元も子もありません。

パスコード設定以外にやっておくセキュリティ対策

パスコード以外の簡単に設定できるセキュリティ対策設定を紹介します。

TouchID(指紋認証)でのロック解除設定をする

TouchIDを使用することでセキュリティを高めることができます。登録した指紋でしか認証されなくなりロックを解除できなくなりますので、自分以外の人ではロック解除することができません。TouchIDだけの設定もできますし、TouchIDとパスコードの両方を設定することもできます。TouchIDとパスコードの両方のロック設定の場合は、どちらかを解除すればiPhoneを操作できるようになります。

TouchIDを設定する場合は、設定の「TouchIDとパスコード」を選択し、「TouchIDとパスコード」画面で、「iPhoneのロックを解除」「iTunes&AppStore」と項目がありますので、TouchIDを両方使用する場合は、両方をオン設定にします。あとは、「指紋を追加」を選択して指紋を登録すれば、登録した指紋でロックが解除できるようになります。

パスコード入力を失敗したら消去するようにしておく

万が一のときのために、パスコードの入力ミスが続いたらiPhoneのデータが消去されるようにしておくとセキュリティを考えると安心です。設定方法は、「TouchIDとパスコード」画面で「データを消去」をオン設定にします。

確認ために「パスコードの入力に10回失敗すると、このiPhone上のすべてのデータが消去されます」というメッセージが表示されますので、設定して問題なければ「使用」を選択します。これで、万が一パスコードの入力を10回失敗するとiPhoneのデータが消去されるようになります。

パスコードの入力ミスが続くとパスコードの入力にチャレンジすることができるまでの時間の間隔がどんどん開いていきます。自分自身でパスコードを忘れてしまっては諸刃の剣となってしまいますが、忘れないように覚えている方は、失敗したときの設定をしておくことで、万が一紛失した際も安心です。

まとめ

今回、「iPhoneのロック画面のパスコードの設定方法とセキュリティレベルが高いパスの設定」について紹介いたしました。パスコード設定は簡単にできますし、慣れてしまえば毎回の入力も面倒に感じなくなります。

iPhoneはパソコンみたいなものなので、最低限パスコード設定をしたうえで使うようにしましょう。また、TouchIDやデータ消去設定などと一緒に使うことでさらに安心に使うことができるようになります。くれぐれも簡単なパスコードは使わないようにしてください。特に他でも使っているパスコード内容などにしてしまうとセキュリティ上良くはありませんので、十分に気を付けるようにしましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です