Home / Apple / iPhone / iPhoneのロック画面のパスコードの設定方法とセキュリティレベルが高いパスの設定

iPhoneのロック画面のパスコードの設定方法とセキュリティレベルが高いパスの設定

Pocket

f616418f8aa8449b2ed0a93b355b48f2_s

今回は、「iPhoneのロック画面のパスコードの設定方法とセキュリティレベルが高いパスの設定」について紹介いたします。iPhoneにはさまざまな個人情報や他の人の情報が入っていますので、万が一のときのために、できるだけセキュリティを高めておく必要があります。パスコード設定は簡単に設定や変更することができ、設定しておくかどうかだけで、セキュリティレベルも大きく変わってきます。iPhoneを使い始めて間もない方は、ぜひ、ご覧になってください!

スポンサーリンク

スライドでロックを解除できる状態だとセキュリティ上 良くない!

iPhoneはパスコードやTouchIDを設定しなければ、ただスライドするだけでロック画面を解除することができ、iPhoneのすべてを操作することができるようになります。確かにパスコードの入力やTouchIDなど、毎回ロック解除するのは面倒に感じます。

しかし、スライドだけでロック画面を解除できるようにしておくと、万が一iPhoneを紛失した際に簡単に別の人に使われてしまう危険性があります。さまざまな個人情報が登録してあるので、これでは危険です。使用するのは自分だけですが、万が一のことを考えてパスコード設定やTouchID設定をしセキュリティを高めておくことが大切です。

iPhoneのパスコードの設定方法

iPhoneのパスコードを設定・変更したい場合は、設定アイコンを開き「TouchIDとパスコード」を選択します。既にパスコードを設定している場合は、パスコードを入力します。TouchIDとパスコードの画面が表示されたら「パスコードをオンにする」を選択します。既にパスコードを設定している方は「パスコードを変更」を選択すれば変更することができます。

「パスコードをオンにする」を選択した後に、設定したいパスコードを入力します。確認のため2度続けて入力する必要があります。設定したパスコードを解除して変更したい場合も、「パスコードを変更」を選択した後に、解除したいパスコードの入力と新しいパスコードを入力すれば変更することができます。これで、パスコードを自分の好きな内容へ設定することができます。

パスコードの要求設定も変更することができます。「TouchIDとパスコード」画面で、「パスコードを要求」項目を選択するとパスコードの要求時間を自由に変更することができます。「即時」〜「4時間後」まであり、選択した時間が次のパスコードを要求するまでの時間となってしまいますので、パスコードを毎回入力するのは面倒ですがセキュリティを高めるためには「即時」要求で、都度ロック画面を解除するためにパスコードを入力するようにした方が良いでしょう。

セキュリティレベルが高いパスコードの設定方法

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

キャリア別に教えます!SMSを拒否する設定方法と注意点2つ

迷惑なSMSや苦手な人からのS …

Facebookでのご購読が便利です