Home / iPhone / iPhoneのロックを解除せずに着信履歴を見る方法

iPhoneのロックを解除せずに着信履歴を見る方法

Pocket

iPhoneにはロック画面を解除せずに着信履歴を確認できる便利な機能があります。「iPhone Cellular Calls」という機能です。これはiPhoneにかかってきた着信を他のiOSデバイスのFaceTimeで受信できるiCloudのサービスの事です。

同じアカウントで同じWi-Fi環境にサインインすればこの機能を利用することができます。また、このサービスは、MacとiPhoneを連携させる便利な機能でもあります。iPhoneに掛かってきた着信をMacで受信することができるのです。

例えば、あなたがMacを使って取り込み作業中であったとしましょう。この時、iPhoneが着信音を発してもとても出れる状態ではない、そんな時にMacのFaceTimeを使えば、ビデオ通話でなくてもiPhoneに掛かってきた電話をMacで受信することができます。

そして、この機能を利用するとFaceTimeの画面上にiPhoneでの通話履歴を表示させることができるのです。もちろん、Macでなくても他のiOSデバイスであれば、iPadやiPodであってもFaceTimeを使えば、同じように電話を受信、着信履歴を参照することができます。

スポンサーリンク

1.FaceTimeを使って着信履歴を調べる方法

「iPhone Cellular Calls」を利用するためには、以下に説明する条件を満たし、必要な設定がなされている必要があります。

1.MacでFaceTimeを使って通話する設定

Macを使ってFaceTmeで通話を行うためには、次の条件を満たしておく必要があります。
(1) iPhoneはiOS 8以降がインストールされていること

(2) Macは、Mac OS X 10.9.2(Marvericks)以降がインストールされていること
このように、MacとiPhoneが比較的最新のOSにアップデートされていれば、利用可能です。

(3) iPhoneとMacが同一のAppleIDを使って「FaceTime」にサインインされていること
同一のAppleID、同一のパスワードでのサインインが必要になります。

(4) 「FaceTime」の設定で「Wi-Fi通話がオン」になっていること
後で説明する「環境設定」画面で「オン」にしておきます。

(5) iPhoneとMacは、同一Wi-Fiネットワークに接続されていること
一般的な家庭内の無線LANであれば、同一Wi-Fiネットワーク環境になるはずです。

この条件が、MacでFaceTimeを使って通話する(受発信履歴を見る)ための条件となります。両方共iPhoneであっても同じです。上記の条件でMacの部分を参照するのiPhoneに置き換えるだけです。

重要なことは、同一のAppleIDでFaceTimeにサインインすることと、同一のWi-Fi環境内でインターネットに接続されていることです。つまり、参照したいiPhoneが離れた場所にある場合は、受信(通話履歴の参照)を行うことはできません。

2.Mac側の「FaceTime」の設定

Macで「FaceTime」を起動します。

001_FaceTimeVersion

「FaceTime」の初期画面から、AppleID及びパスワード(参照したいiPhoneと同一のAppleIDとパスワード)を設定します。

002_FaceTime00

既に登録済みの場合は、「FaceTime」の画面から、メニューの「環境設定」を選び、次の画面のように詳細設定を変更していきます。

003_FaceTimePref00

環境設定で重要なことは、AppleIDを設定すること、そして、上記画面の赤丸印のように「iPhoneから通話」にチェックを入れておくことの2つです。

004_FaceTimePref

また、iPhoneに受信があった場合に「通知」を表示させるようにするためには、「システム環境設定」の「通知」で「FaceTime」の通知方法を設定しておきましょう。

005_MacTuchi

もう一つ重要なこととして知っておいて欲しいことは、「FaceTime」を使ってAppleIDにサインインしたとしても、所有者に対してはメールを含め何も通知はされないということです。

3.FaceTimeでの通話履歴参照

iPhoneに受発信があれば、このFaceTimeには、その履歴が削除されない限り受発信履歴として表示されます。通話が終了しても履歴は表示されています。

006_FaceTimeDisp

それぞれの履歴の「i」アイコンをクリックすればiCloudで同期されている連絡帳の記録内容の詳細を参照することができます。

007_FaceTimeRireki

次は、iPhoneのデータ復元アプリを使う方法を紹介しましょう。

2.復元のためのアプリを使って着信履歴を調べる方法

最近では、iPhoneのデータを復活させるアプリで、連絡帳や着信履歴、その他のデータを復元させる機能を有しているものがあります。iPhoneでは、iTunesやiCloudに頻繁にデーtのバックアップを行っている場合は、簡単に復元することができますが、バックアップを行っていなかった場合でも、復元アプリを使えば消してしまった通話記録さえ回復することができます。

ここでは、2つのアプリを紹介します。一つ目は、FonePaw社の「iPhoneデータ復元」とApowersoft社(APOWERSOFT株式会社)の、名前もそのまま「iPhoneデータ復元ソフト」というものがあります。両社とも香港にある会社です。また、この両者のアプリを見てみると画面レイアウト、機能等を考慮すると、共に「Wondershare社」が提供しているソフトをアレンジしてあるようです。

アプリの動作環境は、Windows版とMac版が提供されており、Windows Xp以降、Mac OS 10.7(Lion)以降の標準的な構成仕様で動作します。共に無料でお試し利用することができます。

FonePaw社の製品紹介サイト
Apowersoft社の製品紹介サイト

一つ目のアプリ「iPhoneデータ復元」で実際に着信履歴の参照(復元しなくても通話履歴は参照することができます)を試みてみました。

008a_iPhoneScan06

1.データ復元(参照)までの操作の流れ

デバイス保存データの復元までの手順は、簡潔に示すと以下のようになります。
(1) アプリのインストール(上記サイトからダウンロードします)
(2) デバイスの接続
(3) スキャン
(4) プレビュー(通話履歴はこの段階で参照できます)
(5) 復元

008b_iPhoneScan05

操作はとても簡単です。
アプリを起動した後に、デバイスとの接続が要求されます。

009_iPhoneScan01

デバイスとPC(またはMac)をUSBケーブルで接続します。

010_iPhoneScan02

準備ができると「スキャン開始」ボタンが押せるようになります。

011_iPhoneScan03

スキャンが終了すると、復元可能なデータの個数がそれぞれの項目ごとに表示されます。
ここでは、上記画面の赤枠部分の「通話履歴」のみチェックを入れて、通話履歴のみ表示させます。

012_iPhoneScan04

このように、iPhoneに表示されている通話履歴が、削除された履歴も含めてすべて表示されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか、iPhoneを操作することなく受発信の履歴は参照することができるのです。最初の方法は、iCloudの便利な機能を利用します。

二つ目の方法は、デバイスから直接読み込みます。二つ目の方法は、本来、PC、MacまたはiCloudへのバックアップから効率的に復元するため、若しくは、バックアップを取られていない方に対するデバイス本体からの復元のために用意されているアプリです。

例え悪用しなくても、このような方法で着信履歴が参照できてしまうということは、知っておく必要があります。そして、決して悪用することなくご利用するよう心がけてください。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

file_0071

iPhoneのおやすみモードって?4つの便利な機能とその設定方法

iPhoneシリーズを使ってい …

Facebookでのご購読が便利です