Home / Apple / iPhone / 【iPhone】自動ロック時間の変更手順と強制ロックの仕組みを解説

【iPhone】自動ロック時間の変更手順と強制ロックの仕組みを解説

Pocket

パスコードを解除できない場合の対応方法

iPhoneのパスコードを完全に忘れてしまうと、初期化を行うことでしか問題を解決することはできません。

万が一バックアップを取っていない場合は、現在の端末内にあるデータについては全て消去されてしまいます。また、バックアップを取っていた場合でも、安全にデータを復元できる保証はございませんので大きなリスクがあります。

データが消失して困ることがないように、普段からパスコードの管理をしっかり行って行きたいですが、万が一初期化が必要になった場合には、下記の手順で行うことができます。

手順はiPhone側の設定「iPhoneを探す」がオンになっているかどうかで異なります。

「iPhoneを探す」がオフになっている場合の初期化と復元方法

上記の設定がされており、かつiPhoneのバックアップがiTunesに保存されているパソコンがある場合、下記の手順で初期化と復元を行うことができます。

  • iPhoneとパソコンをケーブルで接続する
  • iTunesを立ち上げる
  • iTunesの画面から接続したiPhoneの同期とバックアップを行う
  • 「iPhoneを復元」を選択する
  • iPhoneを初期化する
  • 先ほど取得したバックアップデータで復元する

上記の手順においてはiPhoneのパスコードを忘れてしまった場合でも、その状態からiTunesにバックアップを取得することができますので最新の状態のデータを復元することができます。

「iPhoneを探す」がオンになっている場合の初期化と復元方法

上記の設定になっている場合にはiTunesを使ったバックアップ、初期化、復元の手続きを行うことができません。そのため、この設定になっている場合にはiCloudの機能を使って、一度「iPhoneを探す」機能をオフにする必要があります。

手順は下記の通りです。

  • iCloud.comにアクセス
  • AppleIDとパスワードを入力してログイン
  • パスコードを消失した端末名を選択
  • 「iPhoneを探すをオフにする」を選択

上記で設定変更が完了しましたらiTunesに接続を行い、バックアップの取得と初期化、復元を行うことができます。

ただし、一度もiTunesとiPhoneを繋いだことのないパソコンではこれらの作業を行うことはできませんので注意が必要です。

パスコードロック画面を出さないようにする方法

パスコードを紛失してしまう可能性が高い人は、そもそもパスコードを画面に表示させない設定をすることも一案です。

セキュリティ的にはかなり不安の残る設定となるため、重要なデータや仕事関係の人の連絡先のデータ入っているiPhoneでは、これらの設定は避けることをおすすめします。

ただ、パスコードの画面を表示させないようにすると、スリープ状態から起動させるのが非常にスムーズになり、iPhoneの使い勝手はとても向上します。

現在の状況や優先順位に合わせて、設定のカスタマイズを行うと良いでしょう。具体的な作業手順は下記のようになります。

  • 「設定」アプリを開く
  • 「TouchIDとパスコード」を選択
  • パスコードを入力
  • 「パスコードをオフにする」を選択
  • 確認画面で「オフにする」を選択
  • 再度パスコードを入力

上記の手順を踏むことで、パスコードロックの画面を表示させないようにすることができます。これでスリープ状態から作業開始まで非常にスムーズに切り替わり、使い勝手が向上します。

ただし、下記2点についてはこの設定をすることでデメリットとして発生しますので、設定変更する場合には注意するようにしましょう。

  • アプリをインストールする際、AppleIDのパスワードが都度入力になる
  • ApplePayに登録した情報が削除される

これは万が一第三者がiPhoneを手にした際でも被害を拡大させないための予防措置となっています。

この点については若干使い勝手が悪くなってしまいますので、アプリをインストールすることが多かったり、ApplePayを使用している方は、パスコードロックの画面は表示させるようにしておいた方が良いでしょう。

まとめ

iPhoneでは一定時間放置すると自動でスリープ状態になり、再度起動させるためにはパスコードの入力が必要になります。

このスリープ状態になるまでの時間の変更や、そもそもスリープ状態にしないように設定変更をすることができますので、状況に合わせて使い分けるようにすると良いでしょう。

また、パスコードロック画面を表示しないようにしたり、パスコードを忘れてしまった場合にバックアップを取得して初期化、復元のプロセスを通じてiPhoneを再度操作できるようにすることも可能です。

パスコード関連でお悩みの方は、本記事を参考に問題を解決いただければと思います。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneXは今までとは格別!使い方から隠れた便利機能まで徹底解説

先日iPhoneXシリーズの最 …

Facebookでのご購読が便利です