Home / iPhone / iPhoneの「連絡先」をより便利に利用できるコツと裏技

iPhoneの「連絡先」をより便利に利用できるコツと裏技

Pocket

iPhoneには、「連絡先」というアプリがありますが、みなさんどのように使われているでしょうか。私はというと、電話をかけるか、メールを出すかくらいにしか使っていませんでした。管理も適当になりがちで、正直なところ訳が分からなくなってきていました。

連絡手段がLINEなどのSNS中心になってきたこともあり、私のようなケースも多いかと思います。今回調べてみて、「連絡先」アプリは登録情報を整理して見やすくしたり、他アプリと連携させたりと、便利な使い方が色々とあることがわかりました。

ここでは、iPhoneの「連絡先」をより便利に利用できるコツとその設定方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

「連絡先」アプリの便利な機能

連絡先アプリを便利に使う方法について、いくつかご紹介します。

グループ分け

連絡先は、五十音/アルファベット順にソートされますが、連絡先の登録数が増えてくると、スクロールして探すのも大変です。
また、仕事関係とプライベートの友人でたまたま同性同名がいたり、よく似た名前だったりすると、うっかり間違うこともあるかもしれません。
そんな時はグループ分けしておくと便利です。
残念ながら、この編集はiPhone上からはできず、iCloud上からの設定となります。

まずはiPhone側で連絡先の同期を確認

iPhoneとiCloudの連絡先が同期していないかもしれませんので、念のため確認しておきます。
確か、デフォルトでは同期設定になっていないはずです。
(余談ですが、私はiPhone初回導入時、連絡先をiCloudに長らく同期させていなかったためiCloudの住所録が空っぽで、機種変の際とんでもない目に遭いました…必ず同期させておきましょう)
【方法】
1.iPhoneの「設定」をタップします。
2.「iCloud」をタップします。
3.各アプリの同期状態が見れます。「連絡先」がオンになっているかどうか確認しましょう。なっていない場合は、オンにします。

icloud01

iCloudでグループの作成

適当なグループがない場合は、作成します。
1.パソコンから、iCloudにログインします。
2.「連絡先」をクリックします。
3.グループを作成します。左下の「+」をクリックしてください。
4.「新規連絡先」「新規グループ」から、「新規グループ」を選択します。
5.グループ名を入力します。

iclouda

iCloudでグループ分け

作成したグループに、メンバーの追加や編集をします。
1.「全ての連絡先」を選択します。
2.目的のメンバーを、目的のグループ内へドラッグ&ドロップします。これでグループへ編入されました。

icloudb

プロフィール追加・編集

プロフィール追加・編集は一から入力するだけでなく、様々な方法があります。

着信履歴/発信履歴から追加

1.電話アプリを起動し、「履歴」をタップします。
2.目的の電話番号の右にある(i)をタップします。
3.新規の場合は「新規連絡先」を、既存の連絡先に追加する場合は「既存の連絡先に追加」をタップします。

tela

※「既存の連絡先に追加」は例えば、既に連絡先に登録している相手が、違う電話番号から掛けてきた時などが該当します。

4.「新規連絡先」の場合はプロフィール編集画面になりますので編集し、右上の「完了」をタップします。
5.「既存の連絡先」の場合は、連絡先一覧が表示されますのでここから該当する連絡先を選びます。
「電話」に先ほどの番号が追加されますので、属性(自宅/会社)など、該当するものへ変更します。(「電話」のままでももちろんOKです)完了したら、右上の「アップデート」をタップします。

telb

着信メールから追加

着信メールからのプロフィール追加・編集も可能です。

メールアプリから

1.着信メールを開きます。
2.最上部の「差出人」をタップします。
3.「新規連絡先」または「既存の連絡先に追加」をタップします。

mail

4.「新規連絡先」の場合はプロフィール編集画面になりますので編集し、右上の「完了」をタップします。
5.「既存の連絡先」の場合は、連絡先一覧が表示されますのでここから該当する連絡先を選ぶと、その連絡先にメールアドレスが追加されます。「アップデート」で完了です。

Gmail

格安SIMの利用が増えた現在、主メールをGmailにしている方も多いと思います。
残念ながら、Gmailの着信メールから連絡先へのダイレクトな登録はできませんが、「連絡先」の「アカウント」にGmailを追加しておけば、Gmailからのメールをメールアプリで見ることができます。つまり、ここから「連絡先」へ追加できるようになります。
【方法】
1.「設定」をタップします。
2.「連絡先」をタップして開き、「アカウントを追加」をタップします。
3.メールサービス候補一覧が表示されますので、「Google」を選択します。

gmail01

4.Gmailのメールアドレスおよびパスワードを入力し、「次へ」をタップします。
5.「連絡先」をオンにすれば、Gmailで登録した連絡先がGmailのグループとして、連絡先へ取り込まれます。
6.「メール」もオンした後メールアプリを開くと、iCloudとGmailのメールボックスがあるのが確認できます。

gmail02

ここからだと、Gmailで受信したメールの差出人を、上記「メールアプリから」と同じ方法で連絡先へ登録できます。
また、この方法はYahoo!メールやOutlook等のメールサービスも同じように追加できます。

プロフィールの細かい設定

プロフィールの登録内容は氏名、電話番号、メールアドレスが主なものですが、他にもいろいろ登録できます。登録しておくと何かと便利です。

URLを追加

webアドレスを追加できます。取引先のホームページなどを登録しておくと便利かもしれません。

住所を追加

住所を追加できます。種類に応じて自宅、勤務先等々複数登録可能です。
住所を登録しておくと、Siriに話しかけると経路案内をしてくれます。
また、GooleMap上でプロフィールの名前で検索すると、その場所を教えてくれます。

誕生日を追加

誕生日を登録しておくと、カレンダー上に誕生日が表示されます。

日付を追加

その人との記念日などを登録しておくと、カレンダー上に表示されます。

関係と名前を追加

「母」「父」「親」「兄弟」「姉妹」「子供」「友人」等々、登録済プロフィールと自分との関係を紐づけできます。
これをしておくと、Siriに「母に電話」などど問いかけると、その連絡先へ電話をかけてくれます。

ソーシャルプロフィールを追加

そのプロフィールに関連したSNSアカウントを紐づけることができます。
【対応SNS】
LINE/Twitter/Facebook/Ficker/Linkedln/Myspace/Sina Weibo
入力する値は、そのSNSのアカウント名となります。登録しておくと、ここからその人のSNSホームへジャンプできます。
連絡先から素早くアクセスする際便利かもしれません。
ただし、LINEは年齢認証可能(IDが使える)ことが前提となりますので、未成年や格安SIMを使っている場合は使用できません。

インスタンスメッセージを追加

そのプロフィールに関連したメッセンジャー系のアカウントを紐づけることができます。
【対応サービス】
LINE/Skype/MSNメッセンジャー/Yahooメッセンジャー/Facebookメッセンジャー等
こちらも、入力値はその人のアカウント名です。登録しておくと、連絡先から素早くメッセージを送ることができます。
LINEについては上記のソーシャルプロフィール同様、年齢認証ができなければ使えません。

フィールドを追加

「敬称」「役職」「部署」等を設定でき、設定した文字がプロフィールに「・・・様」、「・・・部長」といった形で表示されます。
【ニックネーム】
フィールドを追加の中に「ニックネーム」という項目があります。これを設定した上で、「設定」の「連絡先」→「略称」で、「ニックネームを優先」をオンしておくと、メッセージやメールの送り主がニックネームで表示されます。

連絡先をリンク

同一の連絡先が重複した場合に、それらを1つに統合することができます。プロフィールの最下段にある「リンク済連絡先」をタップすると、統合前のプロフィールを見ることができます。

まとめ

iPhoneの連絡先をより便利に利用する方法についてご紹介しました。今回わかったのは、連絡先アプリは電話番号やメールアドレスだけでなく、様々な情報を設定することでいろんなアプリと連動して使え、意外と便利だということです。

また、最近はGmailを併用するようになり、iPhoneの連絡先とごちゃごちゃになっていたのですが、連絡先にGmailアカウントを追加することで、統合利用できることもわかりました。「連絡先」アプリ、利用価値ありです。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

000d4a98740df9a3d10895f73f73a1b7_s

iPhoneのアプリを削除する3つの方法と削除できない場合の対処方法

皆さん、不要になったアプリをそ …

Facebookでのご購読が便利です