Home / iPhone / iPhoneの連絡先をiCloudで他端末と同期する手順

iPhoneの連絡先をiCloudで他端末と同期する手順

Pocket

iPhoneとAndroidといえば、スマートフォン市場で未だ衰えぬ勢いで熱烈な首位争いを繰り広げていますね。そんなスマートフォン市場ですが、最近では優秀なAndroidも発売されており、長年iPhoneユーザーの方もAndroidに興味を持つ方も少なくはないのではないでしょうか?反対に、新しく発表されたiPhone7に興味を持ち、AndroidからiPhoneへと機種変更を考えている方もいるかと思います。

そんなときにネックとなってしまうのが、スマートフォンの中に入っているデータです。iPhoneとAndroid、OSが違う以上データ移行は難しいと考えていませんか?実はそんなこともなく、比較的簡単に機種間のデータ移行をすることが可能なのです。そこで、今回はiCloudを使った他端末との同期の方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

iPhoneのデータを他端末へと移す方法

iphone-6-plus-638374_1280

まず、連絡先を移行させるにあたって必要なものが三つほどあります。その三つとは「パソコン」「Googleアカウント」「iCloudアカウント」の三つです。iPhoneユーザーでも、iCloudのアカウント設定をしていない方も少なくはないかと思われます。そこで、まずはiCloudのアカウントの設定方法からご紹介したいと思います。

iCloudアカウントの初期設定

iCloudアカウントの、初期設定の方法からご紹介したいと思います。まずは、「Apple ID」の取得から始めましょう。iCloudの設定を行うには、「Apple ID」が必要になります。iPhoneを使う上で取得してない方はいないかと思いますが、もしまだ取得してない場合は「Apple ID」をiPhoneでもiPadでも構わないので取得をしてきてください。

今回は、iPhoneからiCloudの初期設定をする手順をご説明したいと思います。まずは「設定」アプリをタップします。幾つかある項目の中から、下にスクロールすると「iCloud」の項目があるのでそれをタップしましょう。ここで「Apple ID」とパスワードの入力を求められるので、自分のアカウントのIDとパスワードを入力しサインインをします。

初めてサインインする方は、iCloudの利用規約が表示されますので、利用規約を確認し「同意する」をタップします。もう一度確認画面が表示されますので、そこでも「同意する」をタップしてください。サインインしたiPhoneの「safari」のデータを「結合」するか「結合しない」と表示されますので、どちらか好きな方をタップしてください。表示されたメッセージを確認し、OKをタップします。

これで、iCloudの設定は完了です。アカウントが確認されれば、iCloudの空き容量が表示されているはずです。もし、アカウント未確認の画面が表示された場合、iCloudのアカウントとして登録したメールアドレスが必要になってきます。

iPhoneに入っている連絡先などの情報を同期する

iCloudの初期設定が完了したら、次はiPhoneに入っている連絡先などの情報をiCloudと同期させましょう。注意点があり、iCloudの容量は「無限」ではありません。無料で使用できるのは「5Gバイト」までですので、写真や動画などの大量のデータを保存したい場合は、iTunesでパソコンに保存するか、有料でiCloudの容量を増やさなくてはいけません。他にも、同期させたい項目によってはWi-Fi環境が必須になる場合があります。

連絡先などのデータをiCloudに保存する方法

まずは、iPhoneのホーム画面にある「設定」アプリをタップし、項目の中から「iCloud」を選択します。iCloudと同期させたい項目が「オフ」になっている場合は、それをタップして「オン」にします。「オン」になっているものが、iCloudと同期されます。「オフ」から「オン」に変更するときに、iCloudと結合するかどうかの確認が表示される場合があります。その場合、「結合」を選択すれば同期が開始されます。

反対に、「オン」から「オフ」へ変更した場合にも、同期していたデータをiPhoneに残すかどうか確認する画面が表示するときがあります。どちらの選択肢を選んだとしても、iCloud上のデータは削除されないので安心してください。これで、iCloudへの連絡先の保存は完了しました。

iCloudから他の端末へ連絡先の移行

computer-1231889_1280

それでは、先ほど結合した連絡先のデータを他端末へと移していきたいと思います。まずはパソコンから「iCloud.com」にアクセスをしiCloudに登録したAppleIDを入力してサインインしてください。iCloudに結合したデータが表示されますので、その中から連絡先をクリックして開いてください。表示された画面の、左下にある歯車のアイコンをクリックし「すべてを選択」をクリックしましょう。

右側に連絡先が表示されたのを確認し、左下の歯車のアイコンをクリックし「vCardを書き出す」をクリックしてください。クリックすると「iCloud vCards.vcf」というファイル名を保存しますので、デスクトップなど自分が分かりやすい場所に保存をしてください。次に、Android端末で普段から使用しているGoogleアカウントで「Gmail」を開き、「Gmail」「連絡先」の順番にクリックします。次に、「その他」「インポート」の順番にクリックをし、表示された画面の「参照」をクリックしましょう。

先ほどiCloudで保存をした「iCloud vCards.vcf」ファイルを選択し「インポート」をクリックします。最後に、「その他」から「重複する連絡先を検索して結合」をクリックします。最後にAndroid端末(データ移行先の端末)で、「設定」をタップします。「アカウント」の項目にある「Google」を選択しましょう。自分のGoogleアカウントをタップし、「連絡先」にチェックが付いてるのを確認したら右上にある設定を開き「今すぐ同期」をタップすればデータ移行は完了です。

たったのこれだけで、iPhoneの中の連絡先を新しい他の端末に移すことができてしまいます。読んでいるだけでは分かり難いかと思いますので、ぜひこれを見ながら実践してみてください。

連絡先以外のデータ移行

internet-1593358_1280

iPhoneとAndroidで、連絡先以外のデータ移行をすることが多いとしたら、次に多いのは画像データだと思います。画像データの場合はもっと簡単に移行することができます。Googleのサービスに「Google+フォト」というサービスがありますがこれがオススメです。長辺2048ピクセルを超える画像だけではなく、動画やムービーなど15GBまで無料で利用することができてしまいます。

嬉しいのはそれだけではなく、2048ピクセル以下の画像なら容量無制限で保存することができるので、撮影した写真などすべてGoogle+フォトにアップロードしておけば、端末のストレージ容量を気にしなくていいだけではなく、OSが違うスマートフォン同士でも気兼ねなく画像データのやり取りを行うことができます。

iPhoneには、AndroidのようなSDカードスロットなどはないので、直接Android端末へと移すことはできません。ですので、Google+フォトを使い画像データをクラウド経由で新しい端末に移していけばOKです。iPhoneからはAppStoreにある「Google+」というアプリをインストールして使用すればOKです。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

0e79d2f735c75500b69e7c29d8ec5f70_s

iPhoneの画面が録画できる!iOS11の便利な新機能「画面収録」をご紹介

iOS11から「画面収録」機能 …

Facebookでのご購読が便利です