Home / iPhone / iPhoneのリマインダーを活用しよう

iPhoneのリマインダーを活用しよう

Pocket

c1d4553ebbfc062cb7d5b3d30d1bcc03_s

iPhoneのリマインダーアプリは活用していますか。使い方によっては非常に便利なアプリで、大切な用事などをすべて忘れないように管理することができます。時間指定での通知や場所指定での通知、Siriからの登録など、ただのToDoアプリではありません。

ここでは、非常に万能なiPhoneのリマインダーアプリの特徴や内容、使い方などについて紹介します。リマインダーアプリを使ったことがない方や、使っているToDoアプリをうまく活用できていない方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.リマインダーとは

650e418c8a9cb65ac15cb1b1bf7eea43_s

iPhoneにはさまざまなデフォルトアプリがインストールされています。なかには、デフォルトアプリをほとんど使ったことがないまま、他のアプリを使っている人も少なくないと思います。リマインダーアプリもそうで、あまり目立たないアプリですが、使ってみると非常に便利で使えることに気が付きます。まずは、リマインダーアプリの内容や特徴などについて見ていきましょう。

1.リマインダーとは

iPhoneのリマインダーとは、「スーパーで電球を買う」「◯◯に△時までにお金を振り込む」「□時になったら◯◯へ連絡する」など、やることを忘れないように管理できるToDoアプリです。メモ帳やカレンダーと違うのは、ただやることを入力できるだけでなく「◯時になったら知らせる」や「□の場所に近付いたら知らせる」など、指定時間や場所で通知をしてくれる機能が付いていることです。

2.リマインダーの効用

iPhoneのリマインダーを活用すれば、忙しい時でも大事な用事を忘れることなく対処できます。メモ帳であれば入力した内容を自主的に見ないといけないため、忙しい時は忘れることがあります。カレンダーであれば指定時間に通知してくれますが、1度きりですし通知されても忘れる場合があります。

リマインダーであれば、何度も通知ができますし、時間や場所の指定ができるため大事な用事を何重もの通知で忘れないようにできます。仕事やプライベートで大事な用事や買い物内容など、何でも管理ができます。

指定の時間に通知してくれる

リマインダーは時間指定の通知が可能です。各リストそれぞれ時間指定することが可能で、繰り返し設定もできます。時間指定できるため「◯時になったらゴミ出しの通知」「◯時に祖母に連絡する」「◯時にお店に予約の連絡をする」など、さまざまなことを通知設定できます。時間になるとiPhoneのホーム画面に表示されますので見落としません。

指定の場所で通知してくれる

上記のように時間指定で通知をしてくれるToDoアプリは他にもありますが、iPhoneのリマインダーの優れている点は、指定場所での通知設定ができることです。自宅や勤務先、近くの商業施設、駅、病院、コンビニ、レストランなど、特定の場所が近付くと通知してくれます。

「到着時」または「出発時」か通知のタイミングも選択できますので、非常に便利です。これにより、「電球を買う」というお知らせを近くの◯◯スーパーに着いたら通知させたり、「充電器を買う」を家電量販店に着いたら通知、職場を出たら「スーパーで玉ねぎと肉を買う」という通知をさせるなど、さまざまなシーンに応じて通知が可能になります。

他人と共有できる

リマインダーの優れている点は、通知時間や場所を指定できるだけではありません。作成したリストを他人と共有することもできます。これにより、自分の作成したリストを家族や恋人、会社の同僚などと共有することができ、お互いでToDoの管理ができるようになります。買い物リストを家族で共有したり、仕事のToDoをチームで管理したり、恋人との約束事を共有管理したりと、さまざまな使い方ができ非常に便利です。

2.リマインダーの使用方法

リマインダーは非常に便利なアプリであり、さまざまな使い方ができます。リストやタスクの追加や編集・削除など、何れの方法もシンプルで簡単なため、始めての人でもすぐに使いこなせます。基礎的な使い方について身に付けていきましょう。

1.使用方法

リマインダーには多くの機能が搭載されていますが、簡単な方法で使うことができます。メールや電話など、基本的なiPhoneの操作ができる人であれば使い始めたその日から効果的に使っていくことが可能です。

リスト追加方法

リマインダーに新しくリストを作成して追加する方法は非常に簡単です。リストを新しく追加すれば、いろんなタスクを登録し活用していけます。

  1. ①リマインダーを起動して画面右上にある「+」をタップします
  2. ②画面下に「リマインダー」「リスト」「戻る」と表示されますので「リスト」選択します
  3. ③「新規リスト」の部分にリストの名前を入力します。必要な場合は色分けも可能です
  4. ④「買い物」「仕事」「やること」など、自由にリスト名を入力して「完了」をタップすれば、新しいリストが追加されます

リストが作成できたら、その中にリストに関連あるさまざまなタスクを登録できます。

タスク登録方法(時間指定、場所指定まで網羅的に)

新しいリストが追加完了できたら、そのリストの中に関連するタスクを登録していきます。タスクの登録方法もリスト作成時同様、非常に簡単です。

  1. ①まずは作成したリストをタップします
  2. ②次にキーボードの改行をタップすれば、タスクが入力できます
  3. ③タスクが入力できたら画面右上の完了をタップします
  4. ④もし、リマインダーの詳細を設定したい場合は、タスクの右側に表示される「i」マークをタップします
  5. ⑤詳細画面が表示されますので、指定時間や指定場所での通知設定などが可能です

時間指定などの詳細は設定せずにタスクを追加していくこともできます。

リスト削除方法

使っていたリストが不要になり削除したい場合は、次の方法で削除が可能です。

  1. ①タスクの一覧画面で画面右上に表示されている「編集」をタップします
  2. ②画面下部に「リストを削除」と表示されますのでタップすればリスト自体を削除できます

また、「編集」をタップすることでリスト名の変更やタスクの削除も可能です。編集をタップ後にリスト名をタップすれば名前の変更ができ、各タスクの左側には「−」マークが表示されていますので、「−」をタップすればそのタスクを削除できます。

2.Siriによるリマインド方法

リマインダーはSiriから登録することも可能です。「電球を買うとリマインド」などSiriに伝えれば、すぐにリマインダーに登録してくれます。もしくは「〜と覚えて」と言えば登録してくれますので、声を出しても恥ずかしくない場所であればSiriの方が早い場合があります。

まとめ

bbcf6a0dd54c595de7aa0b0592681b9b_s
いかがでしたでしょうか。iPhoneのリマインダー機能を使えば、スーパーでの買い忘れやお店への連絡忘れ、お金の振り込み忘れなど、忙しい時でもビジネスやプライベートの大事な用事を忘れずに管理・対応していくことが可能です。他のカレンダーアプリやToDoアプリとは違い、通知の時間指定も場所指定もできます。

特に場所指定は便利で、「職場を出たら◯◯の通知をする」「駅に着いたら△△の通知をする」など、自分の行動スケジュールに合わせて大事な用事の通知設定が可能です。また、他人との共有もできるため、家族やチームで使えます。使い方も非常に簡単なため、興味がある方は早速使ってみましょう。他のToDoアプリよりもきっと便利に使えるはずです。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

000d4a98740df9a3d10895f73f73a1b7_s

iPhoneのアプリを削除する3つの方法と削除できない場合の対処方法

皆さん、不要になったアプリをそ …

Facebookでのご購読が便利です