iPhoneのリカバリーモードからの復元方法

LINEで送る
Pocket

c2e5bdb9e85da858e10ab4febd444c72_s

今回は、iPhoneのリカバリーモードからの復元方法について紹介いたします。急にiPhoneがリカバリーモードになってしまうことがあります。リカバリーモードになってしまったら、復元をしないといけません。

ここでは、リカバリーモードになった際の復元方法や気を付けつけるべき点について解説いたします。リカバリーモードになったことがある人は多くはないかもしれませんが、万が一のときのために、復元方法は把握しておくようにしましょう!

スポンサーリンク

iPhoneのリカバリーモードからの復元方法

リカバリーモードとは

iPhoneのリカバリーモードとは、iPhoneを復元(初期化)する必要がある状態のことです。iPhoneを起動する際やOSのアップデートなどをおこなっている際に、途中で中断されたりすると、iPhoneがリカバリーモードになる場合があります。

リカバリーモードになるとiPhoneの画面に、iTunesのアイコンマークとiPhoneのケーブルが表示されます。リカバリーモードになった場合はiPhoneを復元することで、通常通り使えるようになります。

リカバリーモードからの復元方法

iPhoneをリカバリーモードから復元する操作をおこなう前に、使用するパソコンのOSバージョンが最新バージョンになっているか、iTunesも最新バージョンにアップデートされているかを確認する必要があります。iPhoneをリカバリーモードから復元をおこなうと、すべての端末内のデータが削除されますので、事前に必要なデータに関してはバックアップを取っておくようにしましょう。

リカバリーモードから復元する方法は次の通りです。
・パソコンでiTunesを起動します。
・iTunesの自動同期がオン設定になっていると、iPhoneを接続した際に同期され、データが意図せず消去されたり、重複したデータができたりする可能性があります。
・iTunesの自動同期をオフ設定にします。

自動同期のオフ設定への変更方法は、
・iTunesの画面の左上にある「編集」をクリックします。
・編集をクリックするとメニューが表示されますので「設定」をクリックします。
・設定画面が表示されたら画面上部にある「デバイス」をクリックします。
・デバイス設定画面で、画面中央にある「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックをし、OKをクリックします。

これでiTunesの自動同期がオフ設定となりますので、iPhoneのリカバリーモードからの復元操作へ進めます。

リカバリーモードから復元する操作手順は次の方法でおこないます。
・iPhoneのスリープボタンを長押しして、電源を切ります。
・電源を落としたら、iPhoneのホームボタンを押したままUSBケーブルを使いiPhoneとパソコンを接続します。
・iPhoneをパソコンへ接続してもホームボタンは押したままにします。
・iPhoneの画面にiTunesのアイコンマークが表示されたらホームボタンから手を離します。

もし、iPhoneの画面にiTunesのアイコンマークが表示されない場合は、
・ホームボタンとスリープボタンを両方長押しします。
・画面にAppleマークが表示されたらスリープボタンからは手を離し、ホームボタンはそのまま押したままにしておきます。
・すると、画面にiTunesのアイコンマークが表示されますので、確認したらホームボタンから手を離します。
・iTunesの画面にメッセージが表示されますので、内容を確認して「復元」をクリックします。
・再度、メッセージ画面が表示されますので、「復元と更新」をクリックします。
・パソコンの方に「このコンピュータがこのiPhone上の情報にアクセスするのを許可しますか?」とメッセージが表示されますので、「続ける」をクリックします。
・iPhoneの画面にも「このコンピュータを信頼しますか?」とメッセージが表示されますので、「信頼」をタップします。
・復元が完了するとiPhoneが自動的に再起動します。
・iTunesの方で「iPhoneをアクティベートします」という画面が表示されますので、AppleIDとパスワードを入力して進めます。
・設定の更新が完了したら「新しいiPhoneへようこそ」という画面が表示されます。これでiPhoneのリカバリーモードからの復元が完了します。

iTunes、iCloudにバックアップしたデータを復元する方法

iPhoneの初期設定画面の際に次の操作をおこなうことで、iTunesやiCloudにバックアップしていたデータを復元することができます。
・iTunesにバックアップしていたデータを復元する場合は、iPhoneの初期設定の言語設定、キーボード設定を完了し、「Wi-Fiネットワークを選択」の画面で「iTunesに接続」を選択します。
・「Wi-Fiなしで続けますか?」とメッセージが表示されますので「続ける」を選択し、iTunesに接続します。
・もしくは、「Wi-Fiネットワークを選択」画面にて使用しているWi-Fiネットワークのパスワードを入力して接続をおこないます。
・位置情報サービスやTouchID、パスコードなど設定します。
・「Appとデータ」画面で「iTunesバックアップから復元」を選択し、iTunesに接続します。
・iTunesの画面に「このバックアップから復元」とありますので、クリックし進めます。
・復元の進捗状況画面が表示され、同期が始まります。
・同期が完了すると、iPhoneの画面でパスコード入力、もしくは、スライド画面になりますので、いずれかの方法で進めます。
・iPhoneの画面にAppleマークが表示され、「アップデートが完了しました」と表示されますので、「続ける」をタップします。
・「Wi-Fiネットワークを選択」画面になりますので、画面右上の「次へ」を選択します。
・利用規約の確認画面になりますので、利用規約内容を確認したうえで問題ないようであれば「同意する」をタップします。
・後は、iCloud設定やiPhoneを探す設定、iCloudキーチェーン、Siri、App解析などの設定を済ませれば完了です。

もし、iCloudからのバックアップデータを復元したい場合は、「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」を選択します。AppleIDとパスワードを入力し利用規約を確認します。AppleIDの設定画面が終わったら、「バックアップを選択」画面になりますので、復元したいバックアップのデータを選びます。

選んだ後に、再度AppleIDとパスワード入力画面になりますので入力をします。「iCloudから復元」という画面になり、後はiTunesから復元の際と同じようにiPhoneの初期設定が続きますので、各設定をおこなっていきます。

まとめ

今回、iPhoneのリカバリーモードからの復元方法について紹介いたしました。iPhoneを復元する場合は、難しくない操作でそこまで時間もかからずに復元することができますので、時間がある際に、復元方法を把握しておきましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です