Home / Apple / iPhone / iPhoneでQRコードを読み込む方法

iPhoneでQRコードを読み込む方法

Pocket

iPhoneでQRコードを読み込むにはどうしたらいいのだろう?と疑問に思った事ありませんか。

ガラケーでは殆どの機種で初期装備されており、カメラを起動したときに「QRコードを読み込む」といったボタンで設定が可能でした。しかし、iPhoneではカメラの設定を探してみても、そんなものは一切見当たりません。

そうです。初期装備として備えられていないのです。初めて知ったとき、筆者も驚きました。世界中にユーザーがいるiPhone。メールやブラウザなどの世界標準機能のみが初期装備されており、「その他必要なアプリケーションは各自ダウンロードして、オリジナルカスタマイズしてください」というスタンスなのです。

とはいえ、日本ではさまざまなシーンでQRコードは利用されています。では、もうQRコードは読み込めないのでしょうか?いいえ。がっかりしないでください。そんなことはありません。QRコードを読み込むアプリケーションをダウンロードすればいいのです。

iPhoneでQRコードを読み込むアプリケーションはさまざまなものが揃っています。本記事ではユーザーのニーズに合わせて2種類の無料アプリケーションをご紹介します。(無料は記事作成当時です。ダウンロード時は各自ご確認ください)

スポンサーリンク

QRコードリーダー for iPhone

qrCodeReaderForiPhone

QRコードリーダー for iPhoneはまさにSimple is best!QRコードの読み込みに特化したアプリケーションです。容量も小さいのでダウンロード時間がかかりませんし、メモリーも節約できます。ダウンロードした後、面倒な初期設定は不要で、すぐに使用できます。

使い方

    1. アプリケーションを起動します

アプリケーションを選択すると、カメラが自動的に起動します。
※初めて起動するときのみ「アプリケーションがカメラへのアクセスを求めています」とメッセージが表示されます。
「OK」を選択してください。

    1. QRコードを読み込みます

画面にQRコードを合わせると、読み込みを開始します。
読み込みが終わると結果が表示されます。

QRコードの解析時間もスピーディで、とても使いやすいです。「とにかく、QRコードを読み込む機能が欲しい」という方にオススメです。

Qrafter – QRコードとバーコードの読み取りと作成アプリ

Qrafter
Qrafter – QRコードとバーコードの読み取りと作成アプリはQRコード、バーコードの読み込みはもちろん、QRコードの作成もできます。

また、読み込んだQRコードを電子メールで送ったり、FacebookやTwitterで共有することも可能です。履歴が残せたり、設定で自分用にカスタマイズもできます。

使い方

  • アプリケーションを起動します
  • スキャンを行います
  • 左下の「スキャン」を選択します。
    初期設定では選択済みになっています(画像のように濃い紺色が選択状態です)。

    procedure2_1
  • カメラを起動します
  • 中央の「カメラでスキャン」を選択します。
    ※初めて使用するときのみ「アプリケーションがカメラへのアクセスを求めています」とメッセージが表示されます。
    「OK」を選択してください。

    procedure2_2
  • カメラをQRコードに合わせます
  • QRコードにあわせると、自動で読み込みを開始します。
    読み込みが終わると結果が表示されます。

 

お父さんQR – 白戸家のお父さんがQRコードを読み取ってくれるアプリ

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

キャリア別に教えます!SMSを拒否する設定方法と注意点2つ

迷惑なSMSや苦手な人からのS …

Facebookでのご購読が便利です