iPhoneで使えるペンの選び方とおすすめの使い方

LINEで送る
Pocket

手帳

今回、iPhoneで使えるペンの選び方とおすすめの使い方について紹介いたします。iPhoneに様々なサービス、アプリなどが登場したこともあり、指だけでなくタッチペンを使って入力したり、文字を書いたり、絵を描いたりする機会が増えてきました。

今や、ホテルやショッピング時などにサインをする場合もタッチペンを使ったりします。そのタッチペンも多くのメーカーから、たくさんの種類のものが販売されています。通常のボールペンと同じで1種類ごとにデザインも違い、太さや書きやすさなども違います。

今回は、タッチペンの選び方として、下記についてご紹介していきます。

  • ペンの素材
  • ペンを使う目的
  • 自分の手に馴染むペンを選びましょう
  • 筆圧感知機能
  • 文字入力などの細かい作業で使う
  • スマホゲームで使う
  • Su-Pen mini
  • Adonit Jot Pro 2.0

これから仕事などでタッチペンを利用予定の方や、小さい子供用にタッチペンを購入予定の方、普段のプライベート使い用にタッチペンを検討されている方など、お時間ある際に、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneで使えるタッチペンの選び方

ペンの素材

タッチペンは通常のボールペンなどのペン先とは異なり、ゴムなどの素材が使われています。ゴム以外にも樹脂や繊維など様々な素材があり、書きやすさも人それぞれ異なります。素材によっては、画面の滑り方が変わったり、太い字や細い字を書くときの書きやすさが変わったりします。一般的にはディスク素材が書きやすかったり、樹脂素材のものは細い字向きだったりとしますが、実際のところ、使う人との相性の問題の方が大きいです。タッチペン販売コーナーでは、実際にタブレットやスマートフォンに書くことを試すことができますので、素材に関しては、実際に試してみて1番書きやすいものを選択するのが良いでしょう。

ペンを使う目的

iPhoneのタッチペンを使ってどんなことをしたいのか?がペン選びには非常に重要になります。長文を書きたい場合や、小さい文字などを書きたい場合は、ペン先が見えてペン先が細いものを選ぶようにしましょう。ペン先が見えることで、より鮮明に書いている文字がやラインが分かります。また極力細く、軽いものを選び書き疲れしないようにすることも大事です。

子供の絵かきなどに使う予定の場合は、iPhoneの画面にペンを当てた際に滑らかに動くものを選ぶようにしましょう。文字と違い絵かきの場合は同じ作業をなんども繰り返したり、様々な動き方にも対応し、ストレスなく円滑に画面上を動く必要がありますのでなるべく軽く、滑らかなものを選ぶことが必要です。またペンがパーツごとに分かれないものを選ぶことも大事です。

自分の手に馴染むペンを選びましょう

普通のボールペンなどを購入する際も、書きやすいペンを選ぶのに、タッチペンなどになると書きやすさなど考えることもなく購入する人がいますが、タッチペンこそ、自分の手に馴染むかどうかを確かめる必要があります。一般的に、筆圧が強い人は、ペン先とペン自体が太いものの方が馴染むことが多いです。これはペン先とペン自体が太いため、筆圧の強さをうまく分散してくれるためです。また、長時間タッチペンを使うような場合は、短いタッチペンは避けた方が良いでしょう。

通常使うボールペンなどと同サイズ程度のタッチペンを使うことにより、書き慣れたサイズのため、変な疲れを感じることがありません。長時間使うからこそ、従来のペンと同じような形状、サイズを選ぶことが大事です。いつも使っているボールペンとサイズが随分違うと、それだけで疲れてしまったり、ストレスになったりしてしまいます。タッチペンも多くの種類が存在し、通常のボールペンの似たデザインのものが多く販売されています。だからこそ、普段使っていて書きやすいボールペンと同じようなサイズや形状、デザインのものを選ぶことにより、負担をかけることなく、タッチペンで作業をすることができます。

筆圧感知機能

筆圧感知機能があるタッチペンだと、ペン先でとらえた筆圧をBluetoothでアプリに送信をしてくれます。筆圧に応じた動作を行ってくれるので、絵やイラストなどを描きたい人にオススメな機能です。アプリによって、適したタッチペンが異なります。より繊細に書きたい場合や、筆圧も考慮したうえでしっかりと書いていきたい方は筆圧感知機能があるタッチペンを選ようにしましょう。

iPhoneで使えるタッチペンのおすすめな使い方

文字入力などの細かい作業で使う

人によっては、iPhoneのキーボードの文字入力は、キー1つ1つが小さいため、指では入力しにくい場合があります。こんな時にタッチペンを利用して文字入力することもできます。フリックペン先で行うため、指で入力するより誤入力は少なく、馴れればかなり速い速度で入力することができます。また、タッチペンでの入力のため、指紋が画面につくこともありません。

また、手書き作業もできたり、ウェブサイトなどの小さい文字を選択する際も便利です。そして、写真加工の際も使うことができます。タッチペンでの手書き文字をそのまま写真加工に使えるため、プリクラで行う加工と同じ感覚でカスタム写真を作成することができます。

スマホゲームで使う

パズドラやツムツムなど、人気のスマホゲームをタッチペンで行うことができます。指でなくタッチペンを使うことで、より画面を見渡すことができ、素早く操作することができます。いざ、スマホゲームでタッチペン操作をしてみると、指よりもやりやすい場合が多いです。案外指よりもハイスコアが狙えるかもしれません。

iPhoneで使えるおすすめタッチペン

Su-Pen mini

特殊な導電性繊維と4重構造を持つペン先で、類まれな書き味を実現。ミニペン先専用に設計された、真鍮+メッキによる高品質なオリジナルペン軸となっています。ミニペン先のみの交換もできるため、長く経済的に使っていことができます。

Adonit Jot Pro 2.0

細かい線や文字、絵をボールペンのように精密に描くことができます。クリップ付きなため持ち運びにも困りません。ペン先にダンパー機能を搭載し、紙にペンで書いている自然な筆感を実現しています。画面接触時の衝撃も和らげるため、静かで流れるように使うことができるタッチペンです。

まとめ

今回、iPhoneで使えるペンの選び方とおすすめの使い方について紹介いたしました。仕事、プライベート、子供の遊びや教育など、様々な場面でタッチペンを利用することが多くなりました。iPhoneやパソコン以外は、ボールペンなどで手書きすることが普通なので、iPhoneでも手書きをしたいと思うことは当たり前のことかもしれません。

当然、メモや手帳などに実際に書く場合と、タッチペンを使ってiPhoneに書く場合は、感触や使い勝手は全然違います。タッチペンがあることにより、操作の幅や使えるソフト・アプリなども広がりますので、まだ使ったことがない方にはオススメです。また、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭は、タッチペンがあればiPhoneやiPadでお絵かきなどもできるようになり、描いた絵も保存して残すことができますので、タッチペンの活用は特にオススメです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です