iPhoneにPDFファイルを保存する手順

LINEで送る
Pocket

PDFはウェッブ上では良く見かける電子化された文書の形式の一つです。Word やExcel などのファイルや、それぞれのアプリがないと開けませんが、PDF ファイルはそれを見るためリーダーが無料配布されている上、写真やイラストなども表示が崩れず読みやすい状態になって提供されている事が多いので、カタログや取扱説明書をはじめ、さまざまな種類のものに利用され、インターネット上で提供されています。

PDF 形式のファイルは、iPhone などのスマートフォンでも閲覧アプリが無料提供されていて、必要な時にいつでも読めるようにしておくといいと思います。また、簡単にiPhone に保存しておけますので、例えばフライトモードにして通信環境がない場合などでもPDF ファイルを読むことが出来ますので、便利に使うことが出来ます。

スポンサーリンク

無料のリーダーアプリを入れよう

PDFは、先に書いたように無料のリーダーが提供されていて、今では数種類見つかります。ここでは、もともとの開発元であるアドビシステムズが提供する “Adobe Acrobat Reader” を利用します。”App Store” から ”PDF” などのキーワードで検索すると出てきますので、それをインストールして下さい。

ウェブサイトにあるPDF を開いて見ましょう

さまざまなウェブサイトにPDF ファイルは置かれています。どこか見かけたら該当のファイルをタップして開いてみましょう。
CW_151107_001

この画面は、Adobe のサポートページ。PDF のマニュアルが置かれているのがわかります。画面ショットは、Adobe のサポートページで、そこにPDF 版のヘルプ資料もあるので、それをクリックしてみます。デフォルトはiBook で開くようになっていますが、ここでは [次の方法で開く] というメニューをタップして下さい。

CW_151107_002

そうすると、次の画面のようなメニューが表示されます。標準のiBook もありますが、ここでは、インストールしたAdobe Acrobat を選択しましょう。
CW_151107_003

次に画面のようにPDF が表示されます。このマニュアルは701ページもある巨大なものですが、開くのには時間はかかりません。

CW_151107_004

また、このファイルは開いた時点でiPhone のローカルに保存されています。従って、この時点でフライトモードなどにしても、全文を読むことが出来ます。次の画面は、フライトモードにして、同じPDFファイルの最後のページを開いたものです。ネットワークにつながっていなくてもこのPDF ファイルが読めることがわかります。

CW_151107_005

いつでもどこででも

読みたい資料が PDF になっている場合は、この方法で iPhone に保存しておきましょう。いつでも、どこででも、ネットワークにつながっていなくてもその資料を読むことができるようになります。ネット上には沢山の PDF が存在しますので、使いでがあると思います。

ちなみに、標準の iBook で開いてもそのままローカルに保存することが出来ますので、それでご利用いただいても問題ありません。ただ、今回利用したような大きなサイズのファイルの場合、うまく保存できない場合もありますので、注意して下さい。その点は、Acrobat Reader を利用すれば間違い点です。また、メールに添付されているPDF を読むだけであれば、何もしなくても表示することが出来ます。メールがローカルに保存されていればそのPDF はいつでも見ることが出来ますのが非常に簡単です。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です