iPhoneのパスワード設定方法と忘れてしまった時の対応

LINEで送る
Pocket

124eec226b380567d1269512bc795928_s

iPhoneにパスワード設定はしていますか。パスワード設定をしておかないと、万が一紛失した場合など悪用される恐れがあります。iPhoneにはパスコード・TouchIDがあり、設定しておけば他人に悪用される心配もありません。

何れも設定方法は簡単ですし、ロック解除にも時間はかかりません。非常に便利でセキュリティも安心ですので、まだ設定していない方やこれからiPhoneを使う予定の方は必ず設定しましょう。今後はFaceIDなども登場しますので、しっかりと時代の流れについていきましょう。

スポンサーリンク

1.iPhoneでパスワードを設定する方法

305838a4b59c0b04900fbf2dbc538aa7_s

iPhoneはセキュリティのためにロックをかけることができ、パスコード、TouchIDなどにより解除が可能です。そして、iPhoneXではFaceIDでも解除できるようになるなどロック解除方法も進化を続けています。ここでは、パスコードやTouchID、FaceIDの設定方法などについて見ていきましょう。

1.パスコードの設定方法

iPhoneのパスコードを設定したい場合は、下記方法で簡単に行えます。

  1. ①ホーム画面で設定アイコンを開きます
  2. ②メニュー一覧から「TouchIDとパスコード」を選択します
  3. ③「パスコードをオンにする」を選択します
  4. ④パスコードに設定したい任意の6桁の数字を入力します
  5. ⑤確認のため再度設定パスコードを入力します
  6. ⑥設定が完了すると「TouchIDとパスコード」画面に戻ります

これにより、設定したパスコードによりロック画面を解除できるようになります。また、パスコードを変更したい場合は下記方法で変更します。

  1. ①「パスコードと指紋認証」画面にて「パスコードを変更」を選択します
  2. ②「古いパスコードを入力」画面が表示されますので現在のパスコードを入力します
  3. ③次に「新しいパスコードを入力」画面が表示されますので変更したい新しいパスコードを2回入力すれば変更完了です

2.複雑なパスコード設定方法

iPhoneのパスコードは6桁の数字が基本となりますが、英数字をを使った複雑なパスコードを設定することもできます。設定方法は下記の通りです。

  1. ①ホーム画面で設定アイコンを開きます
  2. ②メニュー一覧から「TouchIDとパスコード」を選択します
  3. ③「パスコードと指紋認証」画面で「簡単なパスコード」をオフにして「パスコードをオンにする」を選択します
  4. ④任意の英数字を使った複雑なパスコードの設定ができます
  5. ⑤パスコードを入力し、再度確認用のパスコードを入力すれば設定完了です

これにより、6桁数字よりも複雑なパスコードの設定が可能です。ただし、複雑になるため忘れないようにしなければなりません。

3.指紋認証設定方法

iPhoneではパスコード以外にもTouchID(指紋認証)でロック解除することもできます。TouchIDを設定する方法は下記の通りです。

  1. ①ホーム画面で設定アイコンを開きます
  2. ②メニュー一覧から「TouchIDとパスコード」」選択します
  3. ③「TouchIDとパスコード」画面で「iPhoneのロックを解除」をオンにすると指紋登録画面が表示されます
  4. ④指紋登録したい指でホームボタンをタッチします(ホームボタンボタンを押してはいけません)
  5. ⑤同じ指で何度かホームボタンに当てて離す作業を繰り返すことで指紋が読み込まれていきます
  6. ⑥指のスキャンが完了すると「グリップ調整」を行い、指紋登録が完了したら「続ける」をタップし設定完了です

これにより、パスコードだけでなくTouchID(指紋認証)でロック解除ができます。指紋は1つだけでなく複数の指の指紋登録が可能です。

4.顔認証設定方法

先日発表されたiPhoneX(10月27日〜予約、11月3日発売)にはTouchIDの代わりにiPhoneで初のFaceID(顔認証)機能が搭載されています。発表前にFaceIDに関しての情報が一部出回りましたが、設定方法などまだすべての情報は公式には発表されていません(2017年9月現在)。

現在わかっている情報としては、FaceIDはTrueDepthカメラによって機能し、30000以上の目に見えないドットを投射・解析することで認証します。FaceIDはロック解除だけでなく、ApplePayでも利用できます。また、外見の身体的変化にも機械学習により適応するようになっています。

2.パスコードを忘れてしまったら

パスコードを忘れてしまった場合はどう対処すればいいのでしょうか。TouchIDを設定していても認証に失敗してパスコード入力でないとロックが解除できない場合もあります。実はパスコードを忘れてしまった場合は「初期化する」か「パスコードを何とか思い出す」の2通りの方法しかありません。初期化する際は下記のようにバックアップを取るなどして進めていきましょう。

1.iTunesで全てのバックアップデータを取る

初期化するとiPhone上に保存しているデータが失くなり、出荷時の状況に戻ります。そのため、初期化前にバックアップを行うようにしましょう。日頃からバックアップをしている場合はいいですが、そうでない方は必ずバックアップを取りましょう。iPhoneと同期したことがあるiTunesがあればロック解除できなくてもバックアップが取れます。

  1. ①iPhoneをLightningケーブルなどでパソコンと接続しiTunesを起動します
  2. ②iTunes立ち上がり自動同期がオンの場合は自動的にバックアップが作成されます(自動でない場合は手動でバックアップを作成します)

これにより、最新のバックアップを取ることができます。もし、iPhoneを接続してパスコード入力画面が表示される場合は同期してある別のパソコンで試しましょう。

2.iTunesで復元する

同期したこのあるiTunes・パソコンがある場合はiTunesで復元ができます。

  1. ①iPhoneをパソコンに接続しiTunesを起動します
  2. ②同期・バックアップを行い、終わったら「iPhoneを復元」をクリックします
  3. ③復元中に設定画面が表示された場合は「iTunesバックアップから復元」を選択します

3.リカバリーモードで復元する

iTunesと同期したことがない場合などはリカバリーモードを使いましょう。

  1. ①iPhoneをパソコンに接続してiTunesを起動します
  2. ②iPhoneの電源ボタンとホームボタンを同時に押し続けます
  3. ③画面にiTunesのロゴが表示されたら指を離します
  4. ④パソコン画面に「アップデートまたは復元を必要としている〜」と表示されますので「復元」を選択します

他にも、iCloud(iPhoneを探す)を使って復元する方法などがあります。

まとめ

パスコードもTouchIDも簡単な方法で設定ができ、ロック解除にも時間はかかりません。FaceIDに関しては、今後より詳細な情報が除々にわかってくるはずです。パスコードやTouchIDを設定していない場合は、セキュリティのためにも設定することをお勧めします。

ただし、パスコードは忘れてしまうと復元などが必要になり手間もかかりますので、忘れた時のために別のデバイスやメモなどに記録しておきましょう。そして、できる限り頻繁にバックアップを取るようにもしましょう。FaceIDの登場など、どんどんセキュリティが向上し便利になるのは良いことですね!しっかりと使いこなしていきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です