入れると便利!iPhoneのおサイフケータイの使い方

LINEで送る
Pocket

1960ad37e4f3e41a067bdd3da5b2c799_s

スマートフォンでの「おサイフケータイ」といえば、つい数年前までAndroidでしか利用できる機種がなく、iPhoneユーザーは長い間Androidoを横目に見ながらひたすら耐える日々を送っていたものでした。

ところが、2014年10月20日にアップル社が本国アメリカで「Apple Pay(アップルペイ)」のサービスを開始、2016年10月25日にはiPhone 7/iPhone 7 PlusにFelicaが搭載され、ついにiPhoneユーザーも「おサイフケータイ」が使えるようになったのです。

これからは、あなたのSuicaやiD、QUICPayをiPhoneに登録して、電車やコンビニなどいろいろな場所での支払いに利用することができるので、とっても便利になります。でも、ちょっとまってください。

あなたはiPhoneの「Apple Pay」について、どれくらい知っているでしょうか?

おサイフケータイと聞いてまず思い浮かぶのは、電子マネーの「nanaco」、「WAON」、「楽天Edy」などですが、iPhoneでもこうした電子マネーのすべてが使えるわけではありません。

iPhoneでは「Suica」と「iD」、「Quicpay」の3つのみが使えるようになっています。さらに詳しく言うと、厳密には「おサイフケータイ」ではなく、Apple独自の「Apple Pay」という決済サービスになり、クレジットカードが必要となってきます。

そこで本記事では、まだiPhoneのおサイフケータイを使ったことのないiPhoneユーザーのために、この記事では、iPhoneを使ったおサイフケータイの基礎知識や利用方法、注意点についてしっかりと説明しちゃいます!

Apple Payとは?

Apple Payとは、iPhoneを製造・販売している米国Apple社の電子財布及び非接触型決済サービスです。使い方の基本としては、クレジットカード番号などをiPhoneに登録すると、クレジットカードを取り出さずに専用のリーダーにiPhoneをかざすだけで決済が完了するシステムです。

これまで、日本のように現金やSuicaやnanacoのような電子マネーがメインの国では普及しませんでしたが、iPhone 7から日本で使われている電子マネーが採用している「Felicaフェリカ」を搭載し、日本でもiPhoneで「Suica」と「iD」と「QUICPay」が使えるようになったのです。

今後、nanacoやWAONも使えるようになるかは今のところ未定ですが、「iD」がほとんどのコンビニやスーパー、ファーストフードなどで広く採用されているクレジットカードのブランドですので、まずはiDを使えるように設定してみましょう。

iPhoneでクレジットカードを使えるようにするには

34fc8580fc3c00fbc15c8ff7001ef57a_s

クレジットカードを使えるようにするために、iPhoneのオリジナルアプリである「Wallet(ウォレット)」にカードを登録します。手順は大きく分けて、「カード会社のカード確認」と「SMSによるカード認証」の2ステップになります。ゆっくりと正確に手順通り操作していきましょう。

ステップ1:Walletアプリの設定とカード会社によるカードの確認

1.Walletアプリを起動します。
iPhoneにもとからインストールされているアプリ「Wallet」を起動し、画面右上の「+」のアイコンをタップします。
2.Apple Payについての説明が表示されるので、右上の「次へ」をタップします。
3.「クレジット/プリペイドカード」をタップします。
4.カメラが起動するので、画面の枠内にクレジットカードが収まるように調整します。
5.クレジットカード番号と氏名(ローマ字)が即座に読み取られ、白文字で表示されます。
6.「名義」と「カード番号」を確認し、右上の「次へ」をタップします。
7.カードの有効期限を入力します。
8.続いて3桁の「セキュリティコード」を入力します。入力し終わったら、右上の「次へ」をタップします。
9.クレジットカード情報の確認中になるのでしばらく待ちます。
10.さきほど登録したクレジットカードの「Apple Pay特約」が表示されるので、目を通したら右下の「同意する」をタップします。
11.「カードを追加中」の画面になるのでしばらく待ちます。
12.1~2分ぐらいでカードが追加され、クレジットカードが使えるようになります。

ステップ2:SMSによる認証コードの受取りと入力

さて、ここまでの設定で、カード発行会社によるカードの確認が終わったら、カードの認証を受ける必要があります。あと一息ですので、がんばって操作していきましょう!
7.カード発行会社によるカードの確認が終わったら、「次へ」をタップします。
8.カードを認証する画面でSMSを選択すると、認証コードが送られてきます。
9.認証コードを入力したら、画面右上の「次へ」をタップします。
10.「アクティベート完了」という表示が出るので、「完了」をタップします。
10.これで、Apple Payへのクレジットカードの登録は完了です。

さあ、これでApplePayを使ってクレジットカードでのショッピングができるようになりました。

Apple Payの使い方

さて、ここまでの操作でクレジットカードの登録は完了しました。では、さっそくApple Payを使ってみましょう。要領としてはAndroidのスマホやカード型の電子マネーと同じで、とても簡単です。注意することは、電子マネーは非常に沢山の種類があり、コンビニの場合はどの電子マネーを使うか、店員がレジのボタンで決定するので、必ず使用する電子マネーの名前を言います。それでは手順を見ていきましょう。

1.店員が買い物の合計金額を言ってきたら、「〇〇カード(クレジットカードのブランド名)で」と告げます。
2.すると、iPhoneの画面が切り替わり、支払いをするカードと「Touch IDで支払う」の文字が表示されるので、ホームボタンに指を乗せて指紋認証をします。
3.iPhone画面に「リーダーにかざして支払う」と表示されたら、カードリーダーにiPhoneをかざして音が聞こえるまで(決済が完了するまで)待ちます。

まとめ

588621ba531e45353e90416755d2d0f5_s

今回は、「iPhone版おサイフケータイ」であるApple Payについて、その設定のしかたと使い方を説明しました。最初に思っていたほど難しい設定ではなかったのではないでしょうか。

これで、コンビニでのちょっとしたショッピングにもiPhoneでピピッとお買い物ができるようになったのわけですが、気をつけたほうがよいことがあります。数ある決済サービスの中でけっこう有名なものでも、ApplePayが未対応のものはまだまだあるのです。具体的に見てみると、次のようなものがあります。

  • Suica以外の電子マネー(楽天Edy、nanaco、WAONなど)
  • Suica以外の交通系の電子マネー
  • 決済以外のICカードとしての利用(入館証、社員証など)
  • Visaカードは利用制限ありしかし、Appleも日本のSuicaに対応した以上は、いずれはこうしたサービスにも対応してくると思われるので、今後に期待しましょう。今回お伝えしたスマートフォンテクニックで、あなたの生活がもっと便利で楽しいものになるといいですね!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です