Home / Apple / iPhone / iPhoneの音質を向上させるポイント

iPhoneの音質を向上させるポイント

音楽が好きな方はきっとイコライザをいじったり、アプリケーションをダウンロードしたりして音質を高めようと思っている方も多くいらっしゃると思います。しかしiPhoneの音質を向上させるには、他の方法もあるので確認してみましょう。

楽曲のハイレゾ化

まずご紹介するのが楽曲のハイレゾ化です。近年配信サイトではハイレゾ音源を配信するようになってきていますが、まだハイレゾ配信がされていない楽曲も多数あります。そんな時は、自ら楽曲をハイレゾ化することで音質の向上になります。

どうやって楽曲をハイレゾ化するのか?それはCDをdBpoweramp Ripperでリッピングし、DSDに変換することでハイレゾ化します。

しかしitunesにはハイレゾ音源を入れることができません。ですので、上記で説明した再生アプリにハイレゾ音源の楽曲を読み込ませます。それによってハイレゾ化された楽曲がiPhoneで聞くことができるのです。

イヤホン

みなさんは普段どんなイヤホンを使用していますか?安いイヤホンを使っている方もBluetooth対応のイヤホンを使っている方も、ハイレゾ化された楽曲はハイレゾに対応していなかったら、聞くことができません。

ハイレゾ化された楽曲を本来の音質で聞くにはハイレゾ対応イヤホンを使わないと聞けません。ハイレゾ対応のイヤホンなんて、かなり高いんじゃないの?と思う方もいらっしゃると思います。確かに10万円を超えるイヤホンもありますが、それだけではありません。

安いものは3,000円前後から購入することができます。なのでハイレゾ化された楽曲を聞くなら、イヤホンにもこだわりましょう。

 

DAC(D/Aコンバーター)

アプリで音質を向上してもiPhone自体にはハイレゾ音源の出力がありません。そのためiPhoneだけではハイレゾ音源本来の音質までは向上することができないのです。そんな時にハイレゾ対応DAC搭載ヘッドホンアンプを使えばハイレゾ化した音源は最高の音質のまま聞くことが可能になります。

iPhoneに差し込むだけでハイレゾ対応プレイヤーに早変わりできるポータルタイプは今大注目の商品です。DACの価格は2万円を超えるものが多く、多少手が出しにくいものですが、これがあるのとないのでは全く聞こえてくる音楽が違います。是非購入を検討してみてください!

まとめ


iPhoneはあらゆる機能があるけど、音質の向上は期待できないと考えた方も多くいらっしゃったと思います。しかし工夫次第でiPhoneの音質はかなり向上することがわかりました。

今までイコライザって何?と感じていた方も、是非自分好みのプリセットに合わせて聞いてみてください。慣れてきたら、自分オリジナルの音質を考えても楽しいと思います。再生アプリもハイレゾ音源対応のものが多くなりました。そのため、どのアプリケーションが自分に合っているか見極めて使っていきましょう!

音質を向上させるためには、イヤホンやDACの購入も検討しましょう。お金はかかってしまいますが、良いものを揃えれば買って後悔はしません。是非音質向上に力を入れてみませんか?音楽の世界が広がりますよ!

 

1 2 3 4

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneのボイスレコーダー機能の使い方

今では多くの人が手にしているi …

Facebookでのご購読が便利です。