Home / iPhone / iPhoneへCDの音楽を取り込む方法

iPhoneへCDの音楽を取り込む方法

Pocket

iPhone2

今回、iPhoneへCDの音楽を取り込む方法について紹介します。ストリーミングの音楽配信サービスや、無料音楽アプリ、iPhoneからのiTunesを通して音楽の購入・ダウンロードなど、音楽を聴く方法も様々ありますが、原点とも言えるCD音源をiPhoneで聴く方法についてになります。CDからの音楽を取り込む人は少なくなっているかとは思いますが、CDへの愛着が強い人もたくさんいて、良き文化の1つでもありますので、好きなCDがあってiTunesストアやアプリでは曲がなく困っている方、どうしてもCDから音楽を取り入れたい方に関しては、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneへCDの音楽を取り込む方法

「iTunesにCDの音楽を取り込む方法」「CDから取り込んだ音楽をiPhoneへ同期する方法」「iTunesでiPhoneが認識されない場合」「最新バージョンのiTunesを入手する方法」「iTunesで曲を別のファイル形式に変換する方法」について紹介していきます。

iTunesにCDの音楽を取り込む方法

iPhoneにCDの曲を取り込むには、iTunesソフトが必要です。まず、iTunesをAppleのサイトからダウンロードをします。iTunesをインストールすることができたら、iTunesを起動し、希望の音楽CDをドライブに挿入します。CDの楽曲データが表示され、取り込み用のダイアログがポップアップし表示されます。パソコンがインターネットに接続されていれば、自動的にアルバム名やアーティスト名、曲名などの情報が表示されます。内容を確認し、問題ないようであれば、次に進めます。ポップアップの表示がされない場合は、画面右上の読み込みをタップします。

曲の紹介が別トラックで収録されているCDなどは、トラックを結合し、シャッフル再生時も一緒に再生することができるようにまとめることができます。結合方法は、ポップアップ表示が出たらキャンセルし、Shiftキーを押しながら、希望の曲を選択します。次にオプションをタップし、CDトラック結合を選択、読み込みを選択します。読み込みたくない曲などがある場合は、曲の先頭のチェックマークを外すことで読み込みを行わないようにすることができます。読み込みを選択すると、音質の設定画面になります。変更したい場合はこの画面時に変更をします。OKを選択すると、音楽CDの取り込みを開始します。取り込みが完了すると、曲の先頭にチェックマークが付きます。全ての曲にチェックマークが付いたら、取り込み完了です。取り込んだ音楽に関しては、マイミュージック内で確認することができます。

CDから取り込んだ音楽をiPhoneへ同期する方法

iPhoneをiTunesと同期して、iTunesに取り込んだ音楽をiPhoneへ移します。専用のUSBケーブルでパソコンとiPhoneを接続します。パソコンの画面上にiPhoneのアイコンが表示されますので、選択し、ミュージックを選択すると同期設定画面の表示になります。音楽を同期にチェックを入れて、適用を選択します。これにより、iTunesからiPhoneへ音楽が転送されます。

iTunesでiPhoneが認識されない場合

パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続しても、iTunesでiPhoneを認識されない場合は、次の手順で対応します。 ●使っているパソコンが対応している最新バージョンのiTunesを使っているか確認します。 ●MacまたはWindowsパソコンのソフトウェアが最新かどうかを確認します。 ●iPhoneの電源が入っているかを確認します。 ●「このコンピュータを信頼しますか?」という警告が表示された場合は、iPhoneのロックを解除して「信頼」をタップします。警告が引き続き表示される場合は、Lockdownフォルダをリセットしなければならないことがあります。 ●使っているiPhone以外のUSBアクセサリをすべてコンピュータから取り外します。USBポートを1つずつ試して、正常に動作するか確認します。そのうえで、別のAppleUSBケーブルを試します。 ●コンピュータとiPhoneを再起動します。 ●iPhoneの修理が必要か確認するため、別のコンピュータで試してみます。それでも同じ問題が起きる場合は、Appleサポートに問い合わせます。

最新バージョンのiTunesを入手する方法

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

ワンタッチで完了!iPhoneで指紋認証設定する際のコツ6つ

iPhoneの指紋認証(Tou …

Facebookでのご購読が便利です