iPhoneで撮影したムービーをPCに保存する方法

LINEで送る
Pocket

スマートフォンを使うようになってから、写真や動画を撮る機会が増えた方も多いのではないでしょうか。最近は画質も格段にレベルアップし、日常のワンシーンを撮る分にはデジカメではなくスマートフォンで、と手軽に実践出来るのがとても便利ですよね。

ところで、そんなiPhoneで撮影した写真は動画はみなさんどのように保存されていますか?iTunesで定期的にバックアップを取ったり、iCloudに保存したり、方法は色々ありますね。今回はその中でも「iPhoneで撮ったムービーをパソコンに保存したい!」と言う方向けの方法、Mac版をご紹介します!因みに、これから紹介する方法は写真を保存する方法と同じなので是非試してみてください。

スポンサーリンク

iPhoneに保存している動画を取り込む方法

いくつか方法はありますが、今回はその中で比較的簡単に使える方法を2つご紹介しましょう。それが下の2つです。

・Mac標準アプリ「写真」を使う
・Mac標準アプリ「イメージキャプチャ」を使う

どちらも簡単に出来ますが、「写真」アプリに関しては少し制限がかかってしまいますのでまずはそちらに触れておきましょう。

1

「写真」アプリを使って動画を取り込むには、iOS8.3以降及びYosemite 10.10.3 以降から実装された「iCloudフォトライブラリ」を使う方法があります。この「iCloudフォトライブラリ」は、「写真」アプリと連係して写真やビデオをiCloudに保管し、同じApple IDを使用しているiPhone/iPad/iPod touch/Mac/iCloud.com 上で最新の状態に保つと言う大変便利な機能。

ですが、この機能は保存するための「iCloud」のストレージ(容量)に余裕がなければ全ての画像や動画を共有することが出来ません。無料のストレージ分として5GBは自由に使えますが、沢山写真や動画を撮っている場合は自由に使うには少し心許ない容量です。月額の使用料を払えばストレージの増量は可能ですが、iCloudの使い道が「iCloudフォトライブラリ」のみでしたら課金するのは少しもったいない気もしますね。

「イメージキャプチャ」を使ってMacに動画を取り込む

2

ではここで、もう1つの「イメージキャプチャ」を使った方法を試してみましょう。こちらの「イメージキャプチャ」アプリは「写真」アプリと同じくMacに標準搭載されているアプリとなります。間違えて消してしまった!なんてことにはならないので、まずはMacに入れているアプリの中から探し出してください。私は日常的によく使いますので、画像のような感じで分かりやすいようにアプリを配置しています。

3

まずはiPhoneとMacをLightningケーブルで接続します。するとiPhoneの画面に充電中のアイコンが表示されますので、表示を確認したら、Mac側で「イメージキャプチャ」を起動させてください。起動すると左上の「デバイス」に接続したiPhoneの名前が表示されますので、タップして選択します。すると画像のような一覧が表示されます。これが、iPhoneに保存されている写真と画像です。

4

さて、動画を読み込む前に「読み込み先」を指定しておきましょう。画面下に「読み込み先」の項目がありますね、ここはデフォルトでは「ピクチャ」になっていますので、お好みで「読み込み先」を変更出来ます。「読み込み先=保存先」と考えるとわかりやすいですかね?

5

それでは、Macに取り込みたい動画を選択して「読み込む」をクリックします。
すると画面に画像のような読み込み中の表示が出ますので、読み込みが完了するまで少しお待ちください。因みに画像一覧に「種類」の項目がありますが、「JPG」は画像ファイル、「MOV」は動画ファイルとなります。読み込みたい動画を探すのに活用してください。
6

読み込みが完了しますと、指定したフォルダに読み込んだ動画が表示されるようになります。これで、動画の読み込みは完了です!

動画・写真をMacに保存するには「イメージキャプチャ」を使うのが一番簡単・お手軽!

如何でしたか?色々と制限がかかってしまう「写真」アプリを使うよりも手軽に利用出来る「イメージキャプチャ」、是非お試しくださいね!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です