Home / iPhone / iPhoneで撮影したムービーをPCに保存する方法

iPhoneで撮影したムービーをPCに保存する方法

Pocket

スマートフォンを使うようになってから、写真や動画を撮る機会が増えた方も多いのではないでしょうか。最近は画質も格段にレベルアップし、日常のワンシーンを撮る分にはデジカメではなくスマートフォンで、と手軽に実践出来るのがとても便利ですよね。

ところで、そんなiPhoneで撮影した写真は動画はみなさんどのように保存されていますか?iTunesで定期的にバックアップを取ったり、iCloudに保存したり、方法は色々ありますね。今回はその中でも「iPhoneで撮ったムービーをパソコンに保存したい!」と言う方向けの方法、Mac版をご紹介します!因みに、これから紹介する方法は写真を保存する方法と同じなので是非試してみてください。

スポンサーリンク

iPhoneに保存している動画を取り込む方法

いくつか方法はありますが、今回はその中で比較的簡単に使える方法を2つご紹介しましょう。それが下の2つです。

・Mac標準アプリ「写真」を使う
・Mac標準アプリ「イメージキャプチャ」を使う

どちらも簡単に出来ますが、「写真」アプリに関しては少し制限がかかってしまいますのでまずはそちらに触れておきましょう。

1

「写真」アプリを使って動画を取り込むには、iOS8.3以降及びYosemite 10.10.3 以降から実装された「iCloudフォトライブラリ」を使う方法があります。この「iCloudフォトライブラリ」は、「写真」アプリと連係して写真やビデオをiCloudに保管し、同じApple IDを使用しているiPhone/iPad/iPod touch/Mac/iCloud.com 上で最新の状態に保つと言う大変便利な機能。

ですが、この機能は保存するための「iCloud」のストレージ(容量)に余裕がなければ全ての画像や動画を共有することが出来ません。無料のストレージ分として5GBは自由に使えますが、沢山写真や動画を撮っている場合は自由に使うには少し心許ない容量です。月額の使用料を払えばストレージの増量は可能ですが、iCloudの使い道が「iCloudフォトライブラリ」のみでしたら課金するのは少しもったいない気もしますね。

「イメージキャプチャ」を使ってMacに動画を取り込む

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iphone_earphone

iPhoneを安く使う!購入の際の3つのポイントと3つの注意点

「iPhoneを買いたいけれど …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です