知っておくだけで!iPhone文字入力のイライラを解消する小技紹介!

LINEで送る
Pocket

C778_iphonegamenmiru_TP_V

iPhoneユーザーの皆さん、iPhoneのキーボード文字入力が中々上手くいかずに、イライラした経験ありますよね?確かにiPhoneの文字入力機能に関しては、そのままの状態で利用していると、イライラするようなことが多いです。

例えば、長文の文字入力をした後に変換ミスや入力ミスが見つかった場合、Androidであれば一文字ずつ戻ることが出来ますが、iPhoneではそれが出来ません。こうした細かい点の積み重ねにより、iPhoneが使いにくいと感じている方も少なくはないはずです。

ところが、少しだけ工夫をするだけで、iPhoneの文字入力はとっても便利でスムーズなものに変貌を遂げます。ここでは、そんなiPhoneの文字入力に関するイライラを解消する小技の数々を、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

iPhone文字入力を簡単にする設定方法

01ebe733defb76947ccb6c9344433eb6_s

それではまず、iPhoneの文字入力をより便利で快適で簡単にする設定方法から、ご紹介していきます。この設定を行うだけでも、iPhoneの文字入力はよりはかどります。

①キーボード切り替えアイコンを表示

iPhoneの文字入力画面を開いた時、通常であれば、フリック入力画面の両端に音声入力をしたり、キーボードを切り替えるアイコンがあります。ここで不便なのが、キーボードを切り替えるアイコンが、一つしか無いという点です。

ですがこれを、日本語入力、英字入力、数字入力の3種類を表示することが出来るのです。

この設定を行うためには、まず「設定」を開き、その中にある「一般」を選択して下さい。そしてその中にある、「キーボード」を選択して下さい。すると、様々なスイッチが現れます。そこから、画面中央ほどに、「フリックのみ」という項目が存在します。

デフォルトではこれがオフの状態になっていますので、これをタップし緑色にして、「フリックのみ」をオンの状態にして下さい。これで、キーボード画面の左側は、「日本語入力」「英字入力」「数字入力」を選べるようになりました。

②ユーザー辞書登録の方法

続いてご紹介する設定は、ユーザー辞書の登録方法についてです。ユーザー辞書とは、特殊な読み仮名やよく使う漢字を、iPhoneに登録できる機能のことを言います。これを登録以降の文字入力からは、その煩わしい予測変換に惑わされること無く文字入力を行うことが出来ます。

設定方法は、まず「設定」を開き、先ほどと同じように、「キーボード」の選択まで進めます。すると、上から2番めに「ユーザ辞書」という項目があるので、これを選択して下さい。選択すると、画面右上に、「+」マークが表示されていますので、これをタップして下さい。

すると、パソコンで辞書登録をするときと同様に、単語とよみを設定することが出来るので、任意のものを入力して、画面右上にある「保存」をタップして下さい。これで、よく使う単語や特殊な読みをする漢字の辞書登録は完了です。

③音声入力とフリック入力を使いこなす

iPhoneの音声入力機能は、思ったよりもしっかりと機能してくれます。早口で音声入力をしたとしても、きちんと発音をしていれば、iPhoneはそれを文字に変換してくれます。

これは、iOS8から精度がかなり高くなったことで話題となりました。音声入力でも字を入力し、誤字脱字がある箇所に関しては部分的にフリック入力で訂正をすることで、iPhoneでの文字入力は断然スムーズになります。まだ音声入力を使ったことのない方は、是非一度試してみて下さい。

簡単入力・変換方法の小技紹介

yuki86_musimegane15141124_tp_v

では続いて、iPhoneで文字入力をする際の、便利で意外な小技について、いくつかご紹介していきます。この小技を習得しておくと、iPhoneでの文字入力は劇的にスピーディーになります。

①郵便番号を入力すると住所が予測変換される

まずは、郵便番号の入力から、住所を一気に入力する方法からご紹介します。住所を入力するとなると、当然文字入力のスピードは落ちます。その上、変換ミスや誤字脱字を生むリスクも高くなります。ですがiPhoneでは、文字入力画面で郵便番号を入力するだけで、予測変換に住所が出てくるのです。とても賢いOSです。

この機能を使うことで、住所の入力の手間を圧倒的に省くことができ、細かい番地や建物名を入力するだけでよくなります。とても便利な小技の一つです。

②スペースをダブルクリックでピリオド入力

iPhoneの文字入力でピリオドを入力する時、ピリオドをいちいち探したり、入力したと思ったら別の文字が入力されていたり等、中々イライラするポイントです。ですが、例えばメールアドレスやURLを入力する際、ピリオドの入力はほぼ必須になってきます。

そこで便利な小技が、スペースのダブルクリックです。英字キーボード画面でスペースをダブルクリックすると、そのままピリオドを入力することが出来ます。ですので、メールアドレスを入力している時にピリオドが出てきた際は、いちいちピリオドを探すのではなく、スペースをダブルクリックしてピリオドの入力をしましょう。

誤字脱字を回避することが出来る上、入力スピードが速くなります。

③各種記号の簡単入力方法

iPhoneの予測変換は、実は中々の優れものなのです。例えばよく使う記号と言ったら三点リーダーやかぎ括弧、句読点やカンマが該当しますが、これは日本語入力キーボードの状態から、簡単に呼び出すことが出来ます。

例えばかぎ括弧の場合、「や」を長押しすることで、左右にかぎ括弧の記号が現れます。そのため、フリック入力でかぎ括弧を入力することが可能になります。また三点リーダーの場合、キーボード右下にある句点を入力することで、予測変換に三点リーダーが現れます。

中点やカンマを入力したい場合には、読点を入力することで、予測変換に中点とカンマが表示されるので、いちいち記号選択画面に移る必要がなく、とてもスムーズによく使う記号を入力することが出来ます。是非、使ってみて下さい。

④「きのう」「きょう」「あした」で日付に変更

文字入力を行っていると、日付を入力する場面も多々訪れます。ですがそのまま日付の入力を行おうとすると、数字を入力と記号の入力を繰り返すため、これも中々にイライラとします。ですがここでも、iPhoneの予測変換が役に立ってくれます。

例えば今日の日付を入力した場合、「きょう」と入力するのみで、予測変換に日付が現れます。そしてその数も多彩で、月と日をスラッシュで区切っているパターンや、それに加え西暦を表示するパターンもあります。

さらに、これがスラッシュではなく、日本語での入力が行えるパターンや、平成○年という風に元号で表示してくれるパターンもあり、多種多様な日付の入力に対応してくれています。

そしてこれは、「きょう」だけでなく、「きのう」や「あした」でも使うことが出来るので、近日3日間の日付を瞬時に入力することが出来ます。この機能のお陰で、煩わしい日付の入力に悩まされることが無くなります。

他社製キーボードを設定・追加する方法とおすすめキーボードの機能紹介

iPhone

では最後に、他社製のキーボードを設定・追加する方法について説明していきます。デフォルトのキーボードもかなり優秀で便利ですが、他社製のキーボードを追加することで、かゆいところに手が届くようになります。それでは、見ていきましょう。

キーボード設定の手順

まずは、他社製のキーボードを設定・追加する手順について、ご紹介します。はじめに行う作業は、他社製のキーボードのインストールです。有料のものや無料のもの、様々ありますが、自分に合っていると思ったものを選び、キーボードのインストールを行いましょう。

無事インストールが完了したら、上記でご案内した方法と同様に、「設定」を開き、「キーボード」の項目まで移動します。すると、画面の一番上にさらに「キーボード」という項目があるので、これを選択して下さい。するとその中に、「新しいキーボードを追加」という項目があるので、これを選択して下さい。

すると、推奨キーボードの下に他社製キーボードという項目があり、先程インストールしたキーボードが表示されていますので、それを選択して下さい。すると、キーボードの中に他社製のキーボードが追加されます。

フルアクセスを許可する際の注意点

他社製のキーボードをインストールした場合、フルアクセスの許可を求められます。これは、他社製のキーボードがアップデートをした際に、スムーズにアップデート内容が反映されるようにという理由や、入力されている確率の高い単語情報を収集して、予測変換に表示させる機能持たせるためです。

ですがこのフルアクセスを許可するということは、iPhone側の注意文にもありますが、その他社製のキーボードを使用して入力した情報がアプリ制作者に収集されることになります。当然、クレジットカード情報や個人情報を含む内容についても含まれる可能性があります。

そのため、フルアクセスを許可すると、とても便利に使えるようになる反面、個人情報を危険に晒すことにも繋がります。ですので、例えばATOKのような有料の他社製キーボードであれば信頼性が高いため、フルアクセスを許可する場合にはこういった信頼度の高い他社製キーボードを使用することをオススメします。

キーボードの並び替え方法

最後に、キーボードの並び替え方法についてです。これは、ここまでの作業を負えられている方であればとても簡単です。上記でもご紹介した、「設定」から「キーボード」に進み、さらに「キーボード」を選択します。すると、現在利用中のキーボード一覧が表示されています。

そこで、画面右上の「編集」をタップして下さい。すると少しだけ画面が変わります。キーボードを切り替えること無く他社製のキーボードを一番に使いたいのであれば、キーボード名の右端に横長の3本線が表示されていますので、それを押したまま一番上にスライドさせて下さい。すると、一番初めにそのキーボードを使えるようになります。

一番上でなくても良い場合は、任意の好きな位置に移動することが出来るので、是非自分好みにカスタマイズして便利に活用して下さい。

まとめ

29844bf1e3161bd9aa77731ee4d71515_s

いかがでしたでしょうか。iPhoneの文字入力は一時、不便であると騒がれている時期がありましたが、予測変換や設定がここまで変わり、かなり便利に活用できるキーボードに変貌を遂げました。

まだiPhoneの文字入力に不便を感じている方は、是非、今回ご紹介した方法を試してみて下さい。きっと、あなたのiPhone文字入力は、便利で快適なものに変化することでしょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です