iPhoneのモバイルデータ通信量を少なくする方法

LINEで送る
Pocket

f86ba1ba86c36740fcf8ef6b49d80389_s

今回は、iPhoneのモバイルデータ通信量を少なくする方法について紹介いたします。契約している通信量にもよりますが、モバイルデータ通信を使って動画を視聴したり、ゲームをしたりしていると、すぐに契約通信量に達してしまい速度制限がかかってしまいます。

速度制限がかかってしまうと、あまりの遅さにiPhoneが使いものにならなくなってしまいます。ここでは、日頃からできるモバイルデータ通信量を少なくする方法について紹介しています。特にiPhoneを使い始めて間もない方は、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

モバイルデータ通信量を少なくする方法

特定のアプリのモバイルデータ通信をオフ設定にする

アプリのモバイルデータ通信設定をオフにするだけで、iPhoneのモバイルデータ通信量を少なくすることができます。アプリのモバイルデータ通信をオフにするためには、設定アプリより、モバイルデータ通信を選択します。

モバイルデータ通信の画面の「モバイルデータ通信を使用」欄に各アプリが表示されています。アプリ名の下にはデータ消費量が表示されていますので、消費量が多いものや不要なものは設定をオフに変更しましょう。オフ設定にするとwi-fiネットワークに接続している状況でしかアプリを使用することができなくなります。

wi-fiアシスト機能をオフ設定にする

iOS9からwi-fiアシスト機能が搭載されています。wi-fiアシスト機能とは、wi-fiネットワークの接続状況がよくないときに、自動的にモバイルデータ通信に切り替える機能のことです。オン設定になっていることで、wi-fiネットワーク接続が良くない場合でも、モバイルデータ通信でスムーズにインターネットを使用することができます。

しかし、オン設定になっていることで、その分モバイルデータ通信量を多く使ってしまいますので、オフ設定にしましょう。設定アプリから、モバイルデータ通信を開き、一番下までスクロールすると「wi-fiアシスト」がありますのでオフ設定にします。

アプリのバックグラウンド更新をオフ設定にする

各アプリは使用していないときでもアプリ内の更新を自動でおこなっており、データ通信を使用しています。アプリのバックグラウンド更新をオフ設定にすることで、モバイルデータ通信量を少なくすることができます。バックグラウンド更新の設定変更方法は、設定アプリから一般を開き、「Appのバックグラウンド更新」を選択します。

各アプリごとにオン/オフの設定変更もできますし、全体をオフ設定にすることもできます。バックグラウンド更新をおこなわなくても困らないアプリに関しては、極力オフ設定にしてモバイルデータ通信量を少なくしましょう。

iTunes&AppStoreのモバイルデータ通信をオフ設定にする

iTunesとAppStoreの自動ダウンロードにモバイルデータ通信を使ってしまうと多くの通信量を使用してしまいます。モバイルデータ通信の使用をオフ設定にすることで、使用通信量を少なくすることができます。設定の変更方法は、設定アプリから「iTunesStoreとAppStore」を開き、「モバイルデータ通信」をオフ設定にします。

iCloudDriveのモバイルデータ通信をオフ設定にする

iCloudDriveでも多くのモバイルデータ通信が使用されていますので、オフ設定にすることで、通信量を少なくすることができます。デフォルトの状態では、wi-fiネットワークに接続していないときに、自動でモバイルデータ通信に切り替えデータ等を転送する設定になっています。設定の変更方法は、設定アプリから「iCloud」を開き、「iCloudDrive」を選択します。画面下の「モバイルデータ通信を使用」をオフ設定にすることで通信量を少なくすることができます。

位置情報サービスで不要なアプリはオフ設定にする

位置情報サービスがオン設定になっていることで、モバイルデータ通信量が多くなってしまいます。位置情報を利用しないと使えないアプリなどもありますので、位置情報サービスがオフでも使用に影響のないアプリに関しては、設定をオフに切り替え、モバイルデータ通信量を少なくするようにしましょう。

設定変更の方法は、設定アプリから「プライバシー」を開き、「位置情報サービス」を選択します。各アプリごとに位置情報の設定が表示されていますので、位置情報を利用しなくても問題ないアプリに関しては、「許可しない」か「使用中のみ」に変更をしましょう。

メールの取得方法を変更する

キャリアメールの取得方法を変更することで、モバイルデータ通信量を少なくすることもできます。自動でサーバーに問合せをしリアルタイムでメールを受信する「プッシュ」と、15分ごと、30分ごと、1時間ごと、手動のいずれかのタイミングでサーバーの問合せをしメールを受信する「フェッチ」とあります。

リアルタイムに受信できる「プッシュ」の方がモバイルデータ通信量は多くなります。多くをLINEなどのメッセンジャーアプリを使用している場合は、「フェッチ」に変更をしてモバイルデータ通信量を節約しましょう。

メールの自動画像読み込みをオフ設定にする

デフォルトの状態では、メールに添付された画像を自動で読み込むように設定されています。不要な画像でも都度自動読み込みしますので、モバイルデータ通信量を消費してしまいます。設定変更方法は、設定アプリから「メール」を開き、「画像を読み込む」をオフ設定に変更します。オフ設定にすると、読み込みたい画像があればタップをすることで読み込むことができます。

システムサービスをオフ設定にする

位置情報サービスを利用してiPhoneに反映させる機能を設定する各システムサービスをオフ設定に変更することで、モバイルデータ通信量を少なくすることができます。設定アプリからプライバシーを選択し、位置情報サービスを開きます。画面下に「システムサービス」があり開くと一覧が表示されていますので、不要なものをオフ設定にします。

無料wi-fiネットワークを利用する

iPhoneの設定変更というわけではありませんが、極力、外出しているときは、施設や建物などの無料wi-fiを使うようにしましょう。商業ビルやカフェなど、多くの施設で無料wi-fiが提供されています。外出中に無料wi-fiを使用することで、モバイルデータ通信量を大きく抑えることができます。

どうしても無料wi-fiを使える場所が少ない場合や不安な場合は、モバイルwi-fiを持ち歩くようにすると良いでしょう。外出先でも使用できますし、自宅にいる際もwi-fiを使うことができ、状況によっては通信料の削減にも繋がります。

まとめ

今回、iPhoneのモバイルデータ通信量を少なくする方法について紹介いたしました。設定を少し変更するだけで、日々のモバイルデータ通信量を少なくすることができます。iPhoneの操作や使用に支障が出ない範囲で、設定変更をして使うようにしていきましょう。

モバイルデータ通信量を節約することで、その分、好きな動画やゲームなどを長くできるようになります。また、設定変更だけでなく、外出中は極力無料wi-fiなどを利用するようにしましょう。カフェ、商業ビル、駅、コンビニなど、街の至る所で無料wi-fiが提供されています。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です