iPhoneのMMSの設定方法と使い方

LINEで送る
Pocket

iPhone2

今回は、iPhoneのMMSの設定方法と使い方についてご紹介します。SMSやiMessage、LINE、メッセンジャーなど、様々なメッセージ方法がありますが、昔から根強く人気なのが、MMSです。

今回、「iPhoneのMMSについて」「iPhoneのMMSの設定方法と使い方」の大きく2つについて記しています。これからiPhoneを利用予定の方は、特にご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneのMMSについて

MMSとは

マルチメディア・メッセージング・サービスの略で、各携帯キャリアから割りあたられたメールアドレス(@docomo.ne.jp、@softbank.jp、@ezweb.ne.jp)で送受信する、メールのことです。

アドレスを使用して、文字や絵文字、写真、動画などを送ることができます。いわゆる携帯メールになりますが、各携帯キャリアによって使うアイコンが異なります。ドコモはメールアイコン、ソフトバンクはメッセージアイコン、auはメールアイコンとメッセージアイコンのどちらからでも使えます。

SMSとMMSの見分け方

SMSとMMSの見分け方は難しく、メッセージ送受信画面では同じ緑色の吹き出しのため、判別がつきません。

この場合、ホーム画面の設定→メッセージを開き、【件名欄を表示】【文字数】をオンにします。すると、メッセージの入力画面で件名横に文字数が表示された場合はSMS(文字数制限があるため)、文字数がでない場合はMMSと判別がつくようになります。

SMSとMMSの選び方

誰かにメッセージを送る際に、SMSとMMSを選ぶ場合や、メッセージのやり取りの中で、SMSとMMSを切り替えたい場合は、新規メッセージを作る際の宛先設定場面で、SMSを希望する場合は電話番号、MMSを希望する場合はメールアドレスを選択してメッセージを作成することで、SMSとMMSを選択することができます。

iPhoneのMMSの設定方法と使い方

auの場合の設定方法

【Safari】をタップし開きます。ブックマークを選択し、【auお客さまサポート】をタップします。

次に【iPhone設定ガイド】を選択し、【STEP1:メール初期設定】をタップします。

次の画面でも【メール初期設定へ】をタップし、【メール初期設定】画面になりますので、iPhoneの電話番号を入力し、【次へ】をタップします。

そして、【メールアドレスを変更する】をタップし、次の【Eメール設定暗証番号入力】画面で、契約時に設定された4桁の暗証番号を入力し、【送信】をタップします。注意事項を確認し、問題ないようであれば【承諾する】をタップし、希望のEメールアドレスを入力し、【送信】をタップします。

新しいメールアドレスの確認画面になりますので、問題なければ【OK】をタップします。【メール初期設定】画面になりますので、プロファイルのインストールを行い、【次へ】をタップします。

次の画面で【インストール】をタップすると、【パスコードを入力】画面になりますので、パスコードを入力します。そして、2度【インストール】をタップし、【インストール完了】画面で【完了】をタップします。これで設定完了です。

ドコモの場合の設定方法

ホーム画面で【Safari】を開き、【ブックマーク】をタップします。

次に【ドコモお客様サポート】を選択し、【プロファイル設定】をタップし、【iPhone初期設定】をタップします。

次に【dアカウント新規発行】をタップし、【ネットワーク暗証番号】を入力し、dアカウント規約を確認します。確認し、問題ないようであれば、【規約に同意して進む】をタップします。【ドコモメールのアドレスを変更する】をタップし、【spモードパスワード】を入力し、【認証する】をタップします。

【自分で希望するアドレスに変更する】を選択し、【希望アドレス】を入力、その後【確認する】をタップし、次に内容を確認し【設定を確定する】をタップします。メールアドレスの変更が完了です。

【dアカウント発行ページへ】をタップし、メールアドレスを選択し【登録するパスワード】を入力し、【内容を確認する】をタップし、入力内容を確認します。【上記の内容で発行する】をタップし、dアカウントの発行が完了します。

【戻る】をタップし、すべての注意事項を確認し、問題がないようであれば、【上記の注意事項を確認して、全ての内容に同意する】にチェックを入れ【次へ】をタップします。そして、【設定する】を選択し、【次へ】をタップします。次の画面で【インストール】をタップし、【フルネームの入力】画面で、メールアカウントのフルネームを入力します。

次の【インストール完了】画面で、【完了】をタップし、設定完了です。

ソフトバンクの場合の設定方法

My SoftBankへアクセスし、メール設定を選択します。【メール設定(SMS/MMS)】の【設定する】を押します。

次に、【メールアドレスの変更(送信時の設定)】の【変更する】を選択し、【変更する】にチェックを入れ、希望のメールアドレスを入力し、【次へ】を押します。

入力内容が正しいことを確認し、【設定する】を選択し、メールアドレスの変更は完了です。その後、ホーム画面に戻り【設定】を押します。次に、【メッセージ】を開き、【MMSメッセージ】がオンになっているかを確認し、【MMSメールアドレス】欄に変更後のメールアドレスを入力します。

MMSの使い方

iPhoneのMMSの画面は、自分の送信内容が右側に緑色の吹出し表示。相手から送られてくるメッセージが画面左側に緑色の吹出しにて表示されます。

画面上部には、メッセージ相手の名前が表示されます。メッセージを送信する場合は、画面下部の件名もしくは本文欄をタップすればメッセージ入力画面になります。縦画面でも横画面でも対応でき、文字以外にも絵文字や画像なども送受信可能です。

送りたい内容が準備できたら、入力画面右にある送信ボタンをタップすれば、送信することができます。受信したMMSはiPhoneに保存されますが、100件を超えると古いものから削除されていきます。また、削除したいメッセージがあれば、メッセージ画面で左にスワイプすると削除ボタンが表示されますので、タップすれば削除完了となります。

迷惑なSMSやMMSを受取拒否したい場合

どうしても事情があって、特定のSMS、MMSを受取拒否したい場合の方法は、拒否したい相手とのメッセージ送受信画面を開き、右上の詳細をタップします。

次に【i】をタップし、その後、下部の【この発信者を着信拒否】をタップします。【着信拒否設定リストに登録した人からの電話、メッセージ、FaceTimeは着信しません】と表示されますので、【連絡先を着信拒否】を選択します。

まとめ

今回、iPhoneのMMSの設定方法と使い方について紹介しましたが、LINEやメッセンジャー、iMessage、SMSなどがある中でも、MMSは会社や目上の人に対するメールやりとりで使う機会などが多くあります。

特に、最近iPhoneを使い始めた方やこれからiPhoneを使いはじめる予定の方は、いつどんな場面でMMSを使うかわかりませんので、必要な時に焦らないでいいように、いつでも使えるように設定・使い方をマスターしておきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です