iPhoneのメール受信方法の「プッシュ」と「フェッチ」の違い

LINEで送る
Pocket

iPhone

今回は、iPhoneのメール受信方法の「プッシュ」と「フェッチ」の違いについてです。LINEやメッセンジャーなどSNS以外にも、キャリアメールなどを使っている方も多いはずです。今回は、iPhoneのメールの受信設定についてですが、2通りの受信設定がありそれぞれメリット・デメリットがあります。この機会に受信方法を自分に合った設定に切り替えましょう。

各項目ごとに「iPhoneのメール受信方法の違い」「メール送受信の仕組み」「サーバとは」「iPhoneのメール受信方法①:プッシュ」「iPhoneのメール受信方法②:フェッチ」「プッシュとフェッチのメリット、デメリット」「各iPhoneのバッテリー性能」についてご紹介します。受信設定だけで、多少バッテリーの持ちに変化があったりもしますので、ご興味がある方は、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

メール受信方法の「プッシュ」と「フェッチ」の違い

iPhoneのメール受信方法の違い

iPhoneでキャリア以外にメールアドレスを使っている人は多いと思います。SNSなど以外のメールは受信方法が2通りあり、好きな方を設定できるようになっています。1つが「プッシュ」、もう1つが「フェッチ」です。これらの受信方法は何が違うのか、紹介していきます。

メール送受信の仕組み

例えば、iPhone同士でメールを送受信する場合、iPhoneの端末同士でメールをやり取りしている訳ではありません。

まず、iPhoneからメールを送信すると、そのメールデータは、送信サーバというところに預けられます。

次に、送信サーバから、受信側のiPhoneの受信サーバに預けられます。そして、その受信サーバから、メールを受信するiPhoneにメールデータが届けられます。

【メールを送信したiPhone】→【メールそ送信したiPhoneの送信サーバ】→【メールを受信するiPhoneの受信サーバ】→【メールを受信するiPhone】という流れになります。ですので、決して、iPhoneの端末同士でメールのやり取りをしているわではなく、端末同士の間にサーバが入ります。

サーバとは

サーバとは、インターネットなどのネットワーク上で、他のパソコンに様々な機能やサービスを提供するコンピュータです。

サーバはコンピュータとコンピュータの真ん中にあり、色々なリクエストに対応します。メールの送受信や、ウェブページの閲覧も全て、各コンピュータやスマートフォンなどのリクエストにサーバが応え機能しています。通常、24時間365日稼働しています。

iPhoneのメール受信方法①:プッシュ

ほぼ新着メールをリアルタイムに受信できる方法です。新着メールを受信したサーバ側がメールの受信をiPhoneへ通知してくれ、iPhoneがメールをダウンロードします。サーバ側の判断で通知が来ますので、リアルタイムにメール受信することができます。

ただし、リアルタイムなこともあり、バッテリー消費が激しいです。また、新着メールを受信したサーバなどに異常が発生するとiPhoneでのメール受信の時間が遅れたり、iPhoneでの通知が正しく機能しないことが起こります。

プッシュの設定方法は、iPhoneのホーム画面から【設定】アイコンを開きます。次に、【メール/連絡先/カレンダー】を選択します。次の画面で、【データの取得情報】を選択します。次の【データの取得方法】の画面の1番上の項目に【プッシュ】とありますので、そこをONにすることでメール受信方法がプッシュに設定されます。

iPhoneのメール受信方法②:フェッチ

フェッチは、受信サーバからメールを取って来るメール受信方法です。プッシュとの違いは、サーバから新着メール受信の通知がきませんので、iPhoneでリアルタイムにメール受信をすることが難しいです。

その代わり、プッシュほどバッテリーの消費が激しくないので、バッテリーの持ちを長くすることができます。一定時間ごとにiPhoneからサーバに新着メールが来ていないか確認します。確認した結果、サーバに新着のメールがあれば、そのまま受信する流れです。

サーバに確認する時間に関しては、自身で設定することができ、15分ごと/30分ごと/1時間ごと/手動から選択することができます。

また、メールアプリを開いた時にもサーバへ確認をしてくれます。フェッチの設定方法は、iPhoneのホーム画面から【設定】アイコンを開きます。次に、【メール/連絡先/カレンダー】を選択します。次の画面で、【データの取得情報】を選択します。

次の【データの取得方法】の画面の1番上の項目に【プッシュ】とありますので、OFFにします。OFFに設定したら、その下に、iCloudや、キャリアメール、Gメールやカレンダーなどの各項目の受信設定一覧があります。

それぞれをフェッチか手動か選択します。その後、1番下に、フェッチの時間設定欄がありますので、15分ごと/30分ごと/1時間ごと/手動から希望の時間にチェックを入れれば設定完了です。時間に関しては、感覚が長い方がバッテリーの消費を抑えることができます。

プッシュとフェッチのメリット、デメリット

先述したように、プッシュのメリットは新着メールをほぼリアルタイムに受信することができることです。

しかし、リアルタイムで受信できるようにするために、常にサーバとのやり取りが行われており、バッテリーの消耗がその分早くなります。一方、フェッチの方は、リアルタイムではなく、15分〜1時間ごとにサーバに新着メールがないか確認する方法になり、一定時間ごとにサーバとやり取りを行います。

そのため、リアルタイムで新着メールを受取ることは難しいですが、サーバとのやり取りが少ない分、バッテリー消費はプッシュほど、激しくなく、バッテリーが長持ちします。日頃、メール受信が多い人はリアルタイムに受信できるプッシュ設定の方が良いでしょう。

逆に日頃、そこまでメール受信が多くない方は、バッテリーを長持ちさせるフェッチ設定の方がiPhoneのパフォーマンスを上げることになるでしょう。

各iPhoneのバッテリー性能

最新のiPhoneSEのバッテリーは、今までのiPhoneよりも大幅に長持ちするようになっています。iPhoneSEと、以前のiPhone5sのバッテリー時間の比較を紹介します。

「iPhoneSE」
通話時間:最大14時間(3G)、連続待受時間:最大10日間、インターネット利用:最大12時間(3G)、インターネット利用:最大13時間/13時間(LTE/Wi-Fi)

「iPhone5s」
通話時間:最大10時間(3G9、連続待受時間:最大250時間、インターネット利用:最大8時間(3G)、インターネット利用:最大10時間(LTE/Wi-Fi)
最新機種になっていくほど、バッテリー持ちは良くなっています。

メールの受信ができないとき

①受信ができない原因

iPhoneのメールが受信できない場合の原因は何なのでしょうか。この場合、いくつかの原因が考えられます。1つ目が「インターネットに接続できていない」ことです。あたりまえですが、iPhoneがインターネットに接続できていないと、サーバーに届いたメールをiPhoneに受信することはできません。

特に電波の入りにくい場所にいる時は、インターネットへの接続が原因でメールが届いていないのかもしれません。2つ目に「iPhoneで該当のメールが有効になっていない」ことが考えられます。iPhoneではiCloud以外にも、GmailやYahoo!Mailなどをアカウント設定することができます。

しかし、これらのアカウントが「有効」ではなく「無効」になっている場合はメールの送受信ができません。3つ目に「iPhone以外の端末からも同じメールにアクセスしている」ことが考えられます。他の端末からも同じメールにアクセスすると「メールが取得できません」と表示されてしまいます。他にも、メールの容量がいっぱい、SMTP設定がオフなどの理由も考えられますが、上記3つの何れかが多いのではないでしょうか。

②その時の対処方法

上記のようなことが原因でiPhoneにメールが届かないのかもしれません。1つ目の「インターネットに接続できていない」場合は、随時接続状況を確認するしかありません。Wi-fiや4G(3G)に接続できているか確認しましょう。その際、受信設定がフェッチの場合は手動でも更新をしましょう。

2つ目の「iPhoneで該当のメールが有効になっていない」については、「設定」アイコンから「メール/連絡先/カレンダー」を選択し、「有効」にしたいメールアカウントを選択します。「メール」がオン(有効)になっているか確認し、オフであればオンに変更しましょう。

3つ目の「iPhone以外の端末からも同じメールにアクセスしている」については、タブレットやパソコンなどの、iPhone以外のデバイスからアクセスしていないかを確認しましょう。また、メールの容量がいっぱいの場合は不要なメールを削除し、ゴミ箱からも完全に消して空き量量を作りましょう。

そして、SMTP設定がオフ設定となっている状態のときは、「送信メールサーバー」の「SMTP」からオンにしましょう。原因に合わせてこれらの対処方法を行うことで、メールが受信できるようになる可能性があります。

③iPhoneで複数のアドレスのメールを受信する方法

iPhoneにはキャリアメールだけでなく、GmailやYahoo!Mailなど、さまざまなメールアカウントを追加することが可能です。メールアカウントの追加方法は下記の通りです。

  1. 設定アイコンを開き「メール/連絡先/カレンダー」を選択します
  2. 次の画面で「アカウントを追加」を選択します
  3. iCloud、Exchange、Google、Yahoo!、Aol.、Outlook.com、その他の項目がありますので、追加したいメールアカウントの項目を選択します
  4. メールアドレスやパスワードを入力設定すれば完了です

④iPhoneで通知設定する

通知設定がオフになっている場合は、実際にはメールを受信していても通知がないため気付けないことがあります。メールの通知設定をオンにしたい場合は下記の方法で行います。

  1. 設定アイコンを開き「通知」を選択する
  2. アプリ一覧が表示されるため「メール」を選択する
  3. 「通知を許可」をオンにして通知設定したいアカウントを選択する
  4. 通知の詳細を設定すれば通知設定完了です

⑤知っておくと便利なメールの活用方法

ここでは、知っておくと便利なメールの活用方法や小技について、確認していきましょう。

■メールを使ってToDo管理
多くのカレンダーアプリやToDoアプリなどがありますが、メールを使ってToDo管理することができます。やることを自分宛に送りやることが完了したら受信メールから削除するだけ、というシンプルなものです。

しかし、メールは多くの人が見るツールなため、人によってはカレンダーアプリやToDoアプリで管理するよりも、確実に見ます。また、スマホの他にタブレットやパソコンなど、さまざまなデバイスからも見れるため非常に便利です。

■重要な人はVIPリストに追加
iPhoneのメールは特定の人をVIPリストに追加することができます。VIPリストに追加した人からメールを受信すると、そのメールは「VIP」フォルダに自動的に入ります。特にたくさんの人とメールのやり取りをしている場合はVIP設定を使うことで、効率的にメールの送受信ができるようになります。

■未開封のメールを一気に開封する
特にお店などのメルマガにたくさん登録している人は、毎日多くのメールが受信しています。開封しないメールもある場合は、メールアプリに未開封の数字が表示され、気になってしまうものです。そんな時は未開封メールを一気に開封しましょう。

受信ボックスを開いて「編集」ボタンをタップすると、画面左下に「すべてマーク」が表示されるためタップします。その上で「開封する」を選択すると、一気に開封でき未開封メールが0になります。

まとめ

今回、iPhoneのメール受信方法の「プッシュ」と「フェッチ」の違いについて紹介しましたが、普段メッセンジャーアプリなどのやり取りが多く、メール受信が少ない人も、多い人も、設定1つでバッテリーの持ちなども多少は変わってきます。

1度設定を確認・見直せば、しばらくは変える必要もありませんので、確認したことがない場合や、設定などした記憶がない場合は、この機会に設定を確認し、バッテリーの無駄がないように見直しましょう。スマートフォンを使っている人にとっては、バッテリーの持ちは重要な要素ですので、ぜひ、受信設定について確認してみましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です