iPhoneでメールが文字化けする原因と対処方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneでメールをしていて文字化けに遭遇したことはありませんか?受信したメールが文字化けを起こしていたり、こちらが送信したメールが相手方には文字化けして表示されたりといったことは、iPhoneユーザーの中でよく起こる問題と認識されています。

メールの文字化けは、歴史的な経緯や機種間の互換性の問題など、複雑な原因によって発生します。本稿ではiPhoneでメールが文字化けする原因と対処方法について説明します。iPhoneのメールが文字化けしてしまい困っている方は、本記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

文字化けの原因

インターネットのメールサーバーは、元々は英語のみを処理するように設計されているため、日本語を情報として送信する際には、特定の文字に変換して送信を行っています。RFCによって文字変換の標準規格が制定されており、日本語などの文字を特定文字として送信し、その特定文字を再度受け取った側で日本語に変換しなおしています。

その際、コンピュータ内部では文字は文字としてではなく、それらを指す番号で表現されており、これを一般に「文字コード」などと呼びます。

文字コードは複数存在し、テキストの制作側と閲覧側の間で文字コードの齟齬があった場合に文字化けが起こります。たとえば制作側はとある「A」という文字コードでテキストを作ったのに対し、閲覧側がそれを「B」という別の文字コードで作られたテキストだと解釈してしまうと、テキスト全文が化けることになります。

ウェブページの閲覧やメール受信の際に見られる文字化けが、身近で発生するよくある例でしょう。たいていの場合はアプリケーションが自動的に文字コードを判別して適切な解釈を行いますが、まれに判別を誤り文字化けが発生します。

また、テキスト全文が化ける文字化けの他にも、絵文字等の特定の文字だけが化ける、あるいは消える場合があります。これは文字コードは正しく解釈されていますが、閲覧側にその文字を表示するフォントが存在しないなどの理由で起こります。

さらに、携帯電話キャリアのメールアカウントの場合、メールの受信/送信サーバが文字コードを変換したり、特定の絵文字を別の記号に変換したりしている場合もあります。

原因1:日本で主に使用されている文字コード

文字化けが起こるのは、送信と受信の間に何らかの文字コードの違いが生じているからというものでした。日本で使用されている文字コードには主に4種類ほどあり、それぞれどの場面で使用されることが多いのかを理解しておくことで、文字化けが生じた時に原因の理解が早まります。

UTF-8

文字コードは下記で紹介するように言語ごとに文字コードがあり、非常に複雑になっていた背景があり、世界中の文字を全て含んだ新しい文字コードを作ることを目的に、Unicodeと呼ばれる文字コードが作成されました。

このうちの一つがUTF-8であり、現在は文字コードをUTF-8に設定しておくことで、大体の問題を解決することができます。

JISコード

日本語をメールで送信する際の事実上の標準の文字コードとして広まり、UTF-8などと並んでよく使用される文字コードです。多くの場合はこの文字コードを使用していることでの文字化けは起こることは少ないと考えられます。

シフトJISコード

Microsoftによって提唱された、日本語の漢字の判定に特徴を持つ文字コードです。メールを送信する際にはシフトJISコードからJISコードに変換をする必要があり、これは通常メールアプリケーションで自動変換されます。しかし、場合によっては何かの影響で変換されない場合があり、これが一つの文字化けの原因となることもあります。

EUC

EUCはExtendedUnixCodeの略であり、主にUNIX環境の下に使用されることの多い文字コードです。UNIX環境下で、アジア地域の文字を表示するための文字コードであり、Unicodeが普及するまでは主流の文字コードになっていました。メインのウェブブラウザもEUCに対応しており、また、日本語だけでなく、中国語や韓国語にも対応しています。

原因2:機種依存文字を使用する

特定の機種にしか表示することのできない絵文字など、他機種で表示することのできない文字を送信すると文字化けが生じます。同じメーカーの製品を使用している相手にメールを送る場合は絵文字を使用しても良いかもしれませんが、異なる会社の端末への絵文字送信は避けた方が良いかもしれません。

送信時の文字コードをUTF-8に固定する

多くの環境で問題が発生しないと言われているのが「UTF-8」と呼ばれる文字コードです。iPhoneからメール送信する際にUTF-8を用いるようにすれば、こちらから送信するメールが文字化けする可能性を軽減できます。

ところが、標準メールアプリケーションは送信に用いる文字コードを任意に設定できず、入力された文字によって使用する文字コードが自動的に選択されるようになっています。

送信時に用いる文字コードをUTF-8に固定するには、UTF-8が自動選択される特定の文字を入力しなければなりません。

そこで用いるのが「署名」機能です。署名は自分の名前や所属等のあらかじめ設定しておいた文字列を、メール本文の末尾に自動的に付加してくれる機能です。この署名にUTF-8が自動選択される文字を入力しておけば良いのです。

iPhoneの標準メールアプリケーションで送信時の文字コードをUTF-8に固定するには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. 「設定」アプリケーションを起動してください。

01-launch-settings-app

2. 「メール/連絡先/カレンダー」をタップしてください。

02-tap-mail

3. 「署名」をタップしてください。

03-tap-signature

4. 署名欄に「⌘」(「こまんど」で変換)、「◉」(「「まる」で変換)、「♡」(「はーと」で変換)等のUTF-8で送信される文字を入力してください。

04-input-signature

受信メールを別の環境で閲覧する

パソコン用のメールアプリケーションには、文字コードの自動判別に失敗した場合に備えて、文字コードを任意に選択し判別を正せる機能が搭載されています。

ところがiPhoneの標準メールアプリケーションには同種の機能は搭載されておらず、文字コードの判別に失敗した場合にそれを正す手段がありません。

その場合、文字化けを起こしたメールを別のiPhone用メールアプリケーションやパソコンのメールアプリケーションで閲覧してみてください。標準メールアプリケーションで文字コード判定に失敗していても、別の環境では正常に表示できる可能性があります。

また、GmailやOutlook.comメール等のウェブメールであれば、iPhone単体でSafariからメールを閲覧することも可能です。

携帯電話キャリアのメールアドレスを使用しない

携帯電話キャリアのメール受信/送信サーバは、スマートフォン以前のフィーチャーフォン(ガラケー)との絡みの関係で、メールの文字コードを別のものに変換したり、特定の絵文字を別の絵文字や記号に置き換えたりといった変換処理が行われます。

変換処理が多く挟まれば挟まるほど文字化けの可能性は増していきます。少なくとも自分の側では携帯電話キャリアのサーバを経由しない(携帯電話キャリアのメールアドレスを使用しない)ようにすれば、文字化けの発生を抑えられるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではiPhoneでメールが文字化けする原因と対処方法について説明しました。

iPhoneのメールで文字化けに遭遇したときは、本稿を参考にして解決を図ってみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です