Home / Apple / iPhone / 盗難・紛失!iPhoneをなくした時の対処法と事前対策

盗難・紛失!iPhoneをなくした時の対処法と事前対策

Pocket

iPhoneには個人情報が沢山入っています。なくしたiPhoneが他人に拾われて悪用されたら…と考えると恐ろしいものです。

そういった事態を防ぐためにも、iPhoneを紛失した場合には適切な対処をする必要があります。

iPhoneには 「iPhoneを探す」 と呼ばれる機能があります。セキュリティ機能の一つであり 紛失したiPhoneを探す また iPhoneのデータを悪用されるのを防ぐ 働きをしてくれます。

本記事では iPhoneを探す機能を使ったiPhoneの探し方 そして 紛失に備えた事前対策 について解説していきます。

「失くし物なんて滅多にしないから大丈夫」 と思っていても不意なことで紛失してしまうこともありえます。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

「iPhoneを探す」をオンにしている場合


iPhoneを探す をオンにしている場合にとれる対処法について解説していきます。

端末の場所を探す

iCloud もしくは iPhoneを探すアプリ にサインインすることで端末の場所を調べることができます。

パソコンからiCloudで探す

  1. iCloud にサインインする
  2. iPhoneを探す をクリック
  3. すべてのデバイス をクリック
  4. 探したいiPhone、iPad をクリック

別のiPhoneから「iPhoneを探す」アプリで探す

  1. iPhoneを探す をダウンロード
  2. iPhoneを探す を起動してサインイン
  3. 探したいiPhone、iPad をタップ

なくしたiPhoneが地図上に表示されて、端末の場所が把握できます。近場で移動している気配がなければすぐに回収にいけそうです。

Apple IDにサインインする必要があるので、IDとパスワードは事前にチェックしておきましょう。

※端末の場所を把握するためには、位置情報サービスをオンにしている必要があります。

拾い主宛にメッセージを発信する

端末の場所を特定できそうにない場合は 紛失モード をオンにします。拾い主に向けて 連絡用の電話番号メッセージ をiPhoneに表示させます。

拾い手は、拾ったiPhoneに表示されるメッセージや電話を取ることで、持ち主と直接連絡を取ることができます。

(海外等で、の機能を使うと、悪い条件を突き出されたり、番号を悪用される恐れもあるので注意が必要です)

紛失モードをオンにする

  1. iCloud もしくは iPhoneを探すアプリ にサインインする
  2. 探したいiPhone、iPad を選択
  3. 紛失モードをオンにする… を選択
  4. パスコード を設定
  5. 連絡用の電話番号 を入力
  6. メッセージ を入力

サウンドを再生する

iPhoneを紛失してから間もなく、近場にあることがわかっている場合 サウンドを再生 させるのも有効な方法となります。

iPhoneをサイレントモードにしている場合でも大音量のサウンドが鳴るようになっています。

サウンドを再生する

  1. iCloud もしくは iPhoneを探すアプリ にサインインする
  2. 探したいiPhone、iPad を選択
  3. サウンドを再生 を選択

遺失届を出す

自分で出来る限りのことをしたら警察へ遺失届を出しておきましょう。近場の警察署、もしくは交番に連絡してみてください。

その際、シリアル番号を併せて提出しておくことが望ましいです。シリアル番号は端末ごとに振り分けられている固有の番号です。

シリアル番号は、製品パッケージやレシートで確認してください。

iPhoneを消去する

最終手段です。どうしても端末の回収が難しい場合、保存してある情報を全て消去します。

この手段をとると、情報の漏洩の心配はなくなりますが、データー消去以降は端末の追跡は不可能になります。よくよく考えてから実行してください。

iPhoneを消去する

  1. iCloud もしくは iPhoneを探すアプリ にサインインする
  2. 探したいiPhone、iPad を選択
  3. iPhoneを消去 を選択

「iPhoneを探す」をオンにしていない場合

iPhoneを探す がオフの場合にとれる対処法を解説します。自力での発見は難しいため、被害を抑えるための対策法がメインとなっています。

各種サービスのパスワードを変更する

端末にロックをかけていない場合、拾い主に悪用される可能性があります。

また、端末にロックをかけていたとしてもロック解除され悪用されてしまうケースもあるので油断は禁物です。

代表的な物

  • Apple ID
  • 各種SNS
  • 各種ウェブサービス
  • 銀行

その他にも使っているサービスがないか確認して冷静に一つ一つ変更していってください。

遺失届を出す

自分で出来る限りのことをしたら警察へ遺失届を出しておきましょう。近場の警察署、もしくは交番に連絡してみてください。

その際、シリアル番号を併せて提出しておくことが望ましいです。シリアル番号は端末ごとに振り分けられている固有の番号です。

シリアル番号は、製品パッケージやレシートで確認し、控えておくことが大切です。

次ページ:盗難・紛失に備えた事前対策

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneの節電に必須!スリープモードの設定と解除

iPhoneから少し目を離して …

Facebookでのご購読が便利です