Home / Apple / iPhone / iPhoneを強制的に再起動させる方法

iPhoneを強制的に再起動させる方法

Pocket

iPhoneはパソコンに比べるとフリーズなどめったに起こさず頑丈です。パソコンはアプリのインストール後直後など、再起動を要求される場面も多いの対し、iPhoneで再起動をせねばならない場面は非常に少ないと言えます。

とはいえ、画面が固まってしまったり、そこまではいかなくてもなんだか動きが悪い、といったことは起こり得ます。状況にもよりますが、そんな時は強制再起動が有効です。

ここでは、iPhoneを強制的に再起動させる方法についてご紹介します。操作自体は簡単で、これだけで状況が改善されることもよくあるのですが、注意点もいくつかありますので併せてご紹介いたします。

スポンサーリンク

強制再起動(リセット)と通常の再起動の違い

以外と盲点ですが、iPhoneの再起動には「強制再起動」と、(通常の)再起動の二通りがあります。ここでは、強制再起動を中心に述べたいと思います。

強制再起動

iPhoneがどんな状態でも、有無を言わさず再起動させる方法です。物理的に壊れていない限り、iPhoneがどんな状況でも必ず実行できます。

強制再起動する場面

こんな時は、強制再起動すると状況が改善されることがあります。

  • アプリの立ち上げ過ぎなどでフリーズし、一切の操作を受け付けなくなった
  • 電波が入らず、ずっと圏外のまま
  • 電波は入っている(アイコン表示されている)のに、ネットやWi-Fiに繋がらない
  • 充電できているはずなのに起動しない
  • iOSのアップデート後、なにやら動きが悪い(やたらと遅い)
  • 他、設定通りに動いていない

要するに、なにをやっても思うように操作ができない、設定が有効になっていないといった時です。電波状況の改善については、機内モードをオン・オフしてみる、SIMを抜き差ししてみる等の対応方法もありますが、SIMの抜き差しはちょっと面倒なので、再起動の方が作業的には楽です。

強制再起動の方法

強制再起動は、下記操作でできます。7/7Plusと、それ以前の機種では方法が若干異なりますので注意しましょう。

iPhone6s/6sPlusまで

  • スリープボタン+ホームボタン長押し

iPhone7/7Plus

iPhone7/7Plusはホームボタンがセンサとなり押せなくなったので、方法が少し違います。

  • スリープボタン+音量を下げるボタン

となります。機種変更直後など、間違えないように注意しましょう。スリープボタンの位置も、以前の機種とはかなり異なっています。

強制再起動時の注意点

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

故障なのか心配!iPhoneに検索中の表示がある場合の原因と対処法7つ

iPhoneに「検索中」と表示 …

Facebookでのご購読が便利です