Home / Apple / iPhone / iPhoneが壊れてしまった時の対処方法

iPhoneが壊れてしまった時の対処方法

Pocket

iPhone2

今回、iPhoneが壊れてしまった時の対処方法について紹介します。iPhoneに限らずスマートフォンを使っていると、不意に落としてしまって画面が割れたり、電源ボタンが陥没したり、画面が表示されなかったり、雨に濡れて動かなくなったり、ジュースをこぼしたり、など、様々なアクシデントに見舞われます。

どんなに最新機種のiPhoneでも電子機器なので、落としたり、水がかかることで故障の原因になります。様々な故障がありますが、今回、「iPhoneの画面が割れた場合」「iPhoneが水没した場合」「iPhoneの電源ボタンが壊れた場合」について紹介しています。

多くの人がiPhoneを使っていて落としてしまったり、水がかかったりしたアクシデントに遭遇したことがあると思います。

それぞれの故障の仕方に対し、対処方法を知っておくことで、素早く使えるようになったり、余計な費用がかかなくて済んだりしますので、もう壊したくない人も、まだ壊れたことがない人も、故障のケーススタディに関して、しっかりと把握しておきましょう。iPhoneユーザーの方は、ぜひ、お時間ある際にご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneが壊れてしまった時の対処方法

壊れ方によっての対処方法を説明していきます。

iPhoneの画面が割れた場合

①アップルに修理を依頼

iPhoneの画面が何らかの事情で割れてしまった場合、Appleサポートへ連絡をして、修理してもらうことができます。

Appleサポート(0120−27753−5)へ連絡し、画面が割れた旨を伝えます。その後、お近くのAppleストアへ持って行き修理してもらえます。画面割れに関しては、アップルケアなどの保証の対象外になりますので、通常通りの修理代金が発生します。

②iPhone専門の修理屋に持っていく

iPhone専門の修理屋がありますので、そちらへ持って行きます。iPhoneの画面が割れた場合の画面交換は、機種によっても異なりますが、1万〜1万5千円程度になります。

修理屋にもよりますが、即日で修理してくれるところもあれば、数日かかる場合もあります。ただ、Appleストアより、安く、早く対応してくれることが多いです。

③機種変更をする

ちょうど契約期間が満了の場合や、機種変更を検討していた場合は、機種変更して新しいiPhoneなどを手に入れることで、画面割れを解消できます。この場合は、余分な費用が発生しません。

しかし、iPhoneの下取りなどもしてくれますので、画面が割れていると、下取りの受付すらできませんので、結果的に損する可能性が高いです。(修理代金より下取り費用の方が多かった場合など)

④そのまま使い続ける

画面の割れ方にもよりますが、マスキングテープなどを使って、それ以上画面が割れないようにし、そのまま使い続けるという方法もあります。修理代金がかかりませんので、経済的には1番得なのですが、画面が見にくかったり、怪我するリスクもありますので、あまりオススメはできません。

Appleストアに持っていき修理してもらうか、iPhone専門の修理屋に持っていき修理をしてもらうか、機種変更などするか、何れかの方法でキレイな状態のiPhoneを使うようにしましょう。

iPhoneが水没した場合

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

キャリア別に教えます!SMSを拒否する設定方法と注意点2つ

迷惑なSMSや苦手な人からのS …

Facebookでのご購読が便利です