iPhoneの機内モードとおやすみモードの違い、小技集

LINEで送る
Pocket

iPhone

今回は、iPhoneの機内モードとおやすみモードの違い、小技集について紹介いたします。機内モードもおやすみモードも似ているようで、使う用途や機能が異なります。

機内モードはまだ認知度がありますが、おやすみモードは知らない人すらいる機能でもあります。

これらの機能の特徴や設定方法、使い方、違いなどについてしっかりと記していますので、初めて聞く方も、使っている方も、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

iPhoneの機内モードとは?

機内モードとは、iPhoneの通信機能を全て切り、飛行機内でも使えるようにした状態のことです。携帯電話の音声とデータのネットワーク、Wi-Fiネットワーク、Bluetooth、GPS、位置情報サービスなどがオフになります。

機内モードの設定の仕方は、ホーム画面で下から上へスワイプしコントロールセンターを表示します。そして、飛行機マークの機内モードをタップすれば、機内モードがオンとなります。

機内モード小技集①:充電が早くできる

機内モードで充電すると、通常モードで充電するよりも倍近い速さで充電することができます。これは、iPhoneは常に電話をキャッチする動作をしているため、充電中のこの動きがとられます。

電波をキャッチする動きをすることにより、バッテリーの減りも発生するため、機内モードにし、電波キャッチさせないようにすることでバッテリーの減りもなくなり、通常より速く充電することが可能になります。

急いで充電したいときは、機内モードにして充電するようにしましょう。通常モードと機内モードの充電速度を比べると体感ベースでもかなり違います。

機内モード小技集②:バッテリー節約ができる

電波のないところでもiPhoneは電波を探すために作動しそのたびにバッテリーが減っていきます。電波の入らないところでは、あえて機内モードにすることにより、バッテリーの減少を抑えることができ、節約することができます。

圏外やネットワークが悪いところでは、機内モードを入れる習慣をつけると、iPhoneを使える時間が全然変わります。

機内モード小技集③:電話は受けずともLINEなどは受けれる

機内モードにしたとしても、LINEやメールなどをキャッチすることはできます。方法は簡単で、機内モードをオンにし、さらに横にあるWi-Fiもオンにします。

これで、電話などを受けることはできませんが、Wi-Fiネットワークにより、LINEやメールなどは受信することができます。どうしても、電話を受けたくないときなどは、機内モードオン、Wi-Fiネットワークオンにし、メールだけ受け取れるようにしておきましょう。

どちらも受け取りたくない人は、機内モードオン、Wi-Fiネットワークはオフで大丈夫です。

機内モード小技集④:ネットワークの調子が悪い時

普段iPhoneを使っていると、ネットが急に遅くなったりすることがあります。この時に、コントロールセンターを開き、機内モードをオンにし、時間を待って、再度オフにすることでネットワークの調子が戻ることがあります。

ネットワークの調子が悪い時は、何度か機内モードのオン・オフを繰り返してみましょう。

iPhoneのおやすみモードとは?

おやすみモードを設定することにより、寝ている間の電話やメールなどの着信・受信通知がされなくなります。電話の着信があった場合は、着信通知はされませんので、サウンドもバイブもなりません。

不在着信だけはしっかりと残ります。メールやメッセージの受信があった場合もサウンドやバイブはなりません。画面表示だけがされます。

また、特定の人からの電話の着信だけを通常通り受け取るように設定することもできます。電話アプリのよく使う項目にある連絡先の人が該当します。これらに関しても、設定で変更することができます。

おやすみモードの設定の仕方は、ホーム画面にて下から上へスワイプし、コントロールセンターを表示します。そして右から2つ目にある三日月マークをタップします。タップすることで、おやすみモードがオンになります。

また、コントロールセンターではなく、設定から切り替える場合は、ホーム画面で設定アプリを開き、おやすみモードを選択します。そして、今すぐオン/オフをオンに切り替えることで設定されます。

おやすみモード小技集①:特定の時間におやすみモードを設定したい場合

事前に寝る時間などを予想し、自動でおやすみモードになるよう設定しておくことができます。設定の仕方は、ホーム画面で設定アプリを開きます。

おやすみモードを選択し、次の画面で、時間指定をオンにします。そして、開始/終了をタップし、開始時間と終了時間を選択するば、事前設定完了です。

これでおやすみモードの設定し忘れを防ぎ、着信やメール音で起こされる心配はありません。

おやすみモード小技集②:特定の連絡先からの着信だけを通常通り受けたい場合

これにより、おやすみモードの場合でも特定の人からの着信に関しては、通常通り受けることができます。設定の方法は、ホーム画面で設定アプリを開き、おやすみモードを選択します。

そして、着信を許可をタップします。次の画面で、【すべての人】【だれも許可しない】【よく使う項目】などジャンルが表示されますので、通常通り連絡を受けたいジャンルを選択します。

グループ設定をしている人は、各グループ名も表示されますので、その中で通常通り連絡受けをしても良いグループを同じように選択します。これにより、特定の人からの連絡を通常通り受けることができるようになります。

おやすみモード小技集③:連続で連絡があった時に受けるようにする場合

同じ人から連続して連絡があった時のみ、通常通り受けることができるようにすることもできます。設定方法は、ホーム画面で設定アプリを開き、おやすみモードを選択します。

そして、繰り返しの着信をオンにすることで、3分以内に同じ人から連続して連絡があった場合のみ、通常通り受けることができるようになります。

おやすみモード小技集④:ロック時以外で通知無しにしたい場合

ロック時以外の時も通知無しにしたい場合は、次の方法で設定します。ホーム画面で設定アプリを開き、おやすみモードを選択します。

次に、通知なし欄を【常にする】をタップします。これにより、ロック状態の時でも電話やメールなどの通知がされなくなります。画面通知すらしたくないタイミングの時に簡単に設定することができます。

おやすみモード小技集⑤:機内モードとおやすみモードの違い

iPhoneの機内モードとおやすみモードは、それぞれ似ているようですが、使いタイミングが全く異なります。機内モードは、飛行機などに乗る時や、iPhoneのネットワークに異常を感じた時などに使います。

LINEの既読つけない読み方や、電話を受けたくない気分の時に使うこともできます。おやすみモードは、いろいろな使い方ができますが、やはり寝る時に使うのが1番良い使い方でしょう。

電話を受けたくない時や見たくない時などにあえて使うこともできますが、正当な使い方が1番便利です。

まとめ

今回、iPhoneの機内モードとおやすみモードの違い、小技集について紹介いたしました。どちらのモードも知れば知るほど使い勝手が良く多くの場面で使うことができます。

どちらのモードもいつでも使えるようにし、より便利にしていけるようにしましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です