iPhoneで文字入力が楽になるキーボード設定と操作方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneはタッチ対応ディスプレイを搭載し、それまでの携帯電話ではありえなかった画期的な文字入力方式を生み出しました。デフォルトでも便利な入力方式を持つiPhoneですが、詳細な設定項目や操作方法を熟知しておくことで、さらに効率よく文字入力が可能になります。

本稿ではiPhoneで文字入力が楽になるキーボード設定と操作方法について説明します。

スポンサーリンク

キーボード設定画面を表示する

次節以降で説明する設定項目は、キーボード設定画面から行います。キーボード設定画面を表示するには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. 「設定」アプリケーションを起動してください。
2. 「一般」をタップしてください。

01-tap-general

3. 「キーボード」をタップしてください。

02-tap-keyboard

4. キーボード設定画面が表示されます。

03-keyboard-settings

日本語キーボード設定

フリック入力のみにする

日本語かな入力キーボードは、デフォルトではフリック入力以外にも、スマートフォン以前のフィーチャーフォン(ガラケー)式の文字入力方法が有効になっています。

フィーチャーフォン式入力が有効になっていると、たとえば「はは」と入力する時は「は」「→」「は」と3タップ必要になり、フリック入力に慣れた頃にはストレスを感じるようになります。

キーボード設定画面で「フリックのみ」をオンにすることで、フィーチャーフォン式入力を無効にし、「はは」を「は」「は」と2タップで入力できるようになります。

04-flick-only

ユーザ辞書

よく使う単語をユーザ辞書に登録することで、日本語入力の変換効率を上げられます。ユーザ辞書に単語を登録するには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. キーボード設定画面で「ユーザ辞書」をタップしてください。

05-user-dictionary

2. ツールバーの「+」をタップしてください。

06-user-dictionary-list

3. 「単語」と「よみ」を入力して「保存」をタップしてください。

07-user-dictionary-register

また、単語だけでなく、よく使う定型文を短い「よみ」で登録することも省略化に役立ちます。

英語キーボード設定

Caps Lockの使用

Caps Lock設定を有効にすると、Shiftキーのダブルタップで大文字入力に固定できるようになります。もう一度Shiftキーをタップすれば元に戻ります。

キーボード設定画面で「Caps Lockの使用」をオンにすることで、Caps Lock設定を有効にできます。

08-caps-lock

ピリオドの簡易入力

英文を入力するときに便利なのが、ピリオドの簡易入力設定です。

キーボード設定画面で「ピリオドの簡易入力」をオンにすることで、スペースキーをダブルタップしたときにピリオドとスペースを入力できるようになります。

09-period

ドメインの長押し入力

「.com」や「.co.jp」と言ったURLのドメインをかんたんに入力する方法があります。

キーボードがURLやメールアドレスを入力するモードになっているとき(スペースキーの横に「@」や「.」あるとき)、「.」キーを長押ししてください。数種類のドメイン名がリストされたポップオーバーが表示されるので、指を離さずに目的のドメイン名まで滑らせることで入力を行えます。

10-domain-input

この動画中、最初に「.」をタップしてから最後に「.com」を選択するまで指は一度も離していません。

数字/記号のスライド入力

数字/記号モードへの切り替えキーをタップしたら、その指を離さずに目的のキーまでスライドさせてください。指を離さずにスライドさせている間だけキーボードが数字/記号モードになり、入力した後は元に戻ります。

この入力方法は、入力したい数字や記号が1文字だけの時に役立ちます。

11-slide-input

この動画中、最初と最後のカッコを入力するとき、「123」キーをタップしてその指を離さずに目的のカッコまでスライドさせています。

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではiPhoneで文字入力が楽になるキーボード設定と操作方法について説明しました。文字入力を効率よくこなしたいときは、本稿を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です