iPhoneが圏外になる原因と対処方法

LINEで送る
Pocket

2
iPhoneを利用していると時々圏外になってしまい困ることがあります。普段は問題なく繋がるのに、時折iPhoneが圏外になってしまう原因はどのようなものなのでしょうか?

iPhoneの機器自体に問題がある場合は修理が必要ですが、多くの場合は通信関係の設定を見直すことで圏外から脱出することができます。

本記事ではiPhoneが圏外になる理由と対処方法についてご紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

iPhoneが圏外になる理由

iPhoneが圏外になる理由には下記の2点が考えられます。

・付近で基地局の容量を超えた通信がある
・iPhoneの通信に問題がある
・iPhoneの機器に問題がある

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

基地局の容量を超えた通信がある

年明けなどの通信が増える時間帯などでよく見受けられる現象で、iPhoneの通信局の通信容量を超えた通信があると、通信できる回線がなくなってしまい、電波が1本になってしまったり、圏外になってしまうことがあります。

付近で通信が大きい現象がある場合は、通信することが難しくなるため、携帯回線の利用はしばらく控えた方が無難かもしれません。

iPhoneの通信に問題がある

iPhoneの通信関係に問題がある場合、iPhoneと通信回線のアクセスが正常にいかず圏外と表示されてしまう場合があります。多くの場合こちらの原因でiPhoneが圏外となっているので、下記でご紹介する対策方法をとることで回復させることができます。

iPhoneが圏外になってしまった場合は、まずこちらの原因から探ってみましょう。

iPhoneの端末に問題がある

iPhoneの端末自体に問題があり通信ができない場合は、修理を行う必要があります。

上の二つの原因でも圏外の状態が回復されない場合には、Appleのサポートへ電話して機器に問題がないか点検してもらいましょう。

iPhoneが圏外になった時の対処方法

それでは、通信関係の問題に対する対処方法を中心に、iPhoneが圏外になってしまった時の対処方法を確認していきましょう。

機内モードの切り替え

iPhoneの「設定」から、機内モードの切り替えを行います。機内モードを一度オンにすると自動的に通信が遮断されます。そして、もう一度オフにすると、通信できる回線を探してくれるようになります。

通信状態に問題がある場合は、一度現在の通信状態をリセットして、新たに通信回線を探すことで正常に繋がる場合がほとんどです。時間もかからない対処方法になりますので、まずはこの方法から試してみてください。

iOSのアップデート

iOSのアップデートでも通信関係の問題を解決して圏外状態から脱することができる場合があります。OS関係に問題があり通信ができない場合には、現在用意されているiOSへアップデートすることが必要です。

IOSアップデートには既存のOSのバグを解消しているものもありますので、現在使用しているOSになんらかのバグがあり通信を妨げているのであれば、iOSアップデートを行うことでiPhonenの圏外状態を解決することができます。

再起動

機内モード、OSアップデートでも通信が解決しない場合には、再起動するというのもの一つの対策方法です。

再起動すると、端末のバックグラウンドで処理していたタスクがなくなるため、ここに原因があった場合には通信を回復し圏外状態を回復することができます。

iPhoneの復元

iTunesやiCloudからiPhoneを通信できていた状態に復元したり、もしくは初期化するなどによって通信が回復する場合があります。

この方法は手間も多くデータ紛失の問題がありますので、最後の手段にとっておくと良いでしょう。また上記の方法を試してみても一向に通信が回復しない場合は、基地局の通信容量の問題であったり、機器自体の問題になります。

基地局の通信に何か問題がないか調べるためには、各メーカーのサイトを調べてみると良いでしょう。ここを見てみてもiPhoneが圏外状態のままの場合には、Appleに機器を点検してもらうことが必要になります。

Appleサポートへ連絡

iPhoneの機器自体に問題があるのではないかと疑われる場合には、Appleのサポート(0120-277-535)へ電話すると解決する場合があります。

機器自体の修理点検の前に、行ってきた対策方法を話し助言を求めると良いでしょう。機器の修理となる場合には、新たに修理点検代金がかかる場合があるので、新規購入する場合と比べどちらが良いのか考えることも大切です。

まとめ

iPhoneが圏外になった場合にはまず通信関係の問題を疑い対処することが大切です。自分で対処をして問題が解決できない場合にはAppleや各通信会社に問い合わせてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です