お気に入りの顔文字をiPhoneのキーボードに登録する方法

LINEで送る
Pocket

テキストのメールでは、文字を使って正確な情報伝達はできるのですが、受け手の精神状態などによっては、送り手が想像もしていない感情表現を受け手が感じてしまう場合があります。感謝の気持ちを伝えようとしても悪意があると誤解されて伝わってしまう場合もあります。

テキストの文字だけではうまく伝えることができない送り手の感情を伝える手段として、かなり前から、記号や文字を使って顔文字を作成して上手にコミュニケーションを図ることが行われてきました。顔文字は、1980年代から存在しています。

顔文字も最初は、短い文字数で表現されていましたが、最近では文字数の多い顔文字も登場してきており、iOSでは、あらかじめ多くの顔文字が登録されています。自分で好きな顔文字を作成してメールで表現する、あるいは、秘密の暗号として顔文字でコミュニケーションを取ろうと思うこともあるでしょう。

本稿では、ご自身で作成された顔文字をiPhoneのキーボードから簡単に呼び出せるようにする秘訣を紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneにある顔文字呼び出しキー「^_^」

iPhoneのキーボード(日本語ーかな)には、画面の一番下、やや左側に「^_^」キーがあります。変換するための言葉を何も入力せずにこの「^_^」キーをおすと、顔文字の候補が表示されます。

この表示は学習効果が反映されており、直前に使った顔文字から順に表示されます。さらに、キーボード右側にある「^」キーを押すと、iOS10で登録されている全てが大量に表示されます。

001_img_0120

独自の「読み」で顔文字を登録する方法

自分専用に「読みがな」をふって顔文字をユーザー辞書に登録する方法は、通常の単語登録と同じ方法で登録することができます。登録方法は、iPhoneの「設定」アプリを使います。「設定」アプリを起動したら、[キーボード]ー[ユーザ辞書]と進み、登録されている辞書画面が表示されましたら、画面右上にある「+」ボタンをタップします。

002_img_0122

「+」ボタンをタップすると、次の登録画面が表示されますので、登録する「単語」と変換に利用する「よみ」を入力して「保存」ボタンをタップします。

003_img_0124

これでユーザ辞書に登録されますので、ユーザー辞書表示画面で登録内容を確認してください。

ユーザ辞書は、Macと同期させることもできます

Macをご利用のユーザであれば、iCloudを介して、iPhoneとMacの間でユーザ辞書を同期させることができます。一度登録すれば、他のデバイスでも登録したユーザ辞書の利用が可能となります。

iCloudは、iOSデバイスやMacを所有されている方は、一つのiCloudアカウントで5GBまで無料で利用可能です。もっと容量が欲しい方は、50GB以上で月額130円から増量プランを選ぶことができます。

MacでiPhoneのユーザ辞書を同期させる場合は、「システム環境設定」アプリの[iCloud]から「iCloud Drive」にチェックを入れます。MacでiCloudを無料で利用する場合は、利用容量に注意が必要です。

最新のmacOS Sierraでは、iCloud Driveのデフォルトは、「デスクトップ」や「書類」フォルダが同期されてしまいますので、ユーザ辞書だけを同期したい場合は、設定画面から「オプション」を選択し、画面の一番下にある「システム環境設定」のみチェックしておき、他のチェックを外しておきます。
(iCloud Driveの設定)

004_icloudpred01

(オプションの設定)

005_icloudpref02

なお、このユーザ辞書の同期では、macOS Sierraでクリーンインストールしてもうまく同期されなくなったというトラブルに遭遇する場合があるようです。このようなトラブルに遭遇した場合は、一度、MacとiPhoneともiCloudの同期を一旦解除した後、再度同期の設定を行ってみてください。

iPhoneの「^_^」キーに顔文字を登録する方法

先に紹介した方法では、読み方で登録することはできますが、全顔文字が表示される「^_^」キーでは表示されません。この「^_^」キーで好みの顔文字を登録する方法を次に紹介します。

iPhoneで自作の顔文字を「^_^」キーで表示させるには、顔文字の読み方を「☻」(黒い丸のニコニコマークです。これからは、仮に「ニコニコ文字」と表現させていただきます。)iPhoneでは「ニコニコ文字」を通常の日本語変換では呼び出すことはできません。

変換で呼び出すことができるようにする方法は、「^_^」キーで表示される顔文字の中に、「ニコニコ文字」を含む顔文字がありますので、その顔文字から「ニコニコ文字」だけを取り出して登録したいお好みの顔文字の読みとして登録します。言葉ではとても難しくわかりにくいので、画面で順を追って説明していきます。

顔文字登録の手順

「ニコニコ文字」の入力方法

iPhoneを使って「ニコニコ文字」を簡単に取り出すには、「メモ」アプリを使います。(アプリによっては、正しく取り出せないアプリが多く存在します。)

「メモ」アプリを開き、iPhoneキーボードから「^_^」キーをタップし、「 (*☻-☻*) 」の顔文字を探し入力してください。

006_img_0127

入力した「 (*☻-☻*) 」の文字から不要となる部分を削除し「☻」の文字だけにします。

「☻」の文字だけにする操作は、iPhoneの画面の上で指で範囲と位置指定を行いますが、微妙な操作でうまくできない場合は、一旦「メモ」アプリを終了させiCloudで同期しているMacの「メモ」アプリでも編集作業を行うと簡単に「☻」の文字だけに編集することができます。

今後、「☻」の文字を簡単に呼び出せるよう、「ユーザ辞書」に読み仮名を登録しましょう。次の画面では、読みを「にこにこまーく」として登録したものです。

003_img_0124

お好みの顔文字をユーザ辞書へ登録する方法

お好みの顔文字は、「メモ」アプリ等で別途作成しておいてください。

ユーザ辞書への登録は、「設定」アプリを使用します。[設定]アプリを起動し、[キーボード]ー[ユーザー辞書]と画面を進めます。
次のような画面が表示されますので、

002_img_0122

画面右上にある「+」ボタンをタップすると、次の新規登録を行う画面が表示されます。

003_img_0124

最初に、「ユーザ辞書」登録画面の「単語」欄に作成されたお好みの顔文字を入力します。別途「メモ」アプリに作成しておいた顔文字部分を長押しして、コピーを行い。この「ユーザ辞書」登録画面に戻り、「単
語」欄にペーストします。

「よみ」欄には、先ほどユーザー辞書に登録した「☻」の文字を「にこにこまーく」とキータイプすると変換入力することができます。

008_img_0131

最後に「保存」ボタンをタップするとユーザ辞書に登録されます。これで、iPhoneキーボードの「^_^」キーから好きな顔文字を呼び出せるようになりますので、「メモ」アプリ等の入力画面でiPhoneキーボードを表示し「^_^」キーをタップして、登録内容を確認してください。

ユーザー辞書が消えてしまう「きららざか問題」とは、

「きららざか問題」とは、iOS10にアップデートした際、それまでに登録しておいたユーザ辞書が消えてしまい、登録した覚えのない「雲母坂(きららざか)」だけがユーザ辞書に残ってしまうトラブルです。もし、ユーザ辞書の登録内容を開けてみたときに、この状況に気がつかれましたら、次の方法で、消えてしまった「ユーザ辞書」を復活する場合があるようです。

復活させる方法は、[設定]アプリを起動し、[一般]ー[リセット]と進み、次の画面で「すべての設定をリセット」を選んで実行してみてください。

009-img_0128

ただし、このリセット操作では、「ユーザ辞書」を復活させることができますが、次の設定もリセットされますので、再度設定を行う必要があります。事前に設定内容を確認しておきましょう。
・Wi-Fi設定
・通知設定
・コントロールセンター設定
・おやすみモード設定
・画面表示と明るさ
・壁紙&サウンド設定
・TouchIDとパスコード設定
・位置情報サービス
・キーボード設定
・機能制限の各種設定
・Spotlight検索の設定
・Siri
・アクセシビリティの各種設定
・アラーム設定
・iTunes/AppStore自動ダウンロード設定
・Appのバックグラウンド設定
ID情報、メールアカウントの設定、iCloudとの同期等の設定情報は残っています。ただし、一つ下のボタン「すべてのコンテンツと設定を消去」を間違って選んでしまうと、iPhoneが工場出荷状態まで初期化されてしまいますのでご注意ください。

まとめ

いかがでしょうか。これで、iPhoneキーボードの「^_^」キーから自分で作成した好きな顔文字を呼び出せるようになります。
そして、Macもご利用のユーザの方は、作成した顔文字を独自の読みでユーザ辞書に登録し iCloudで同期を行えば、Macでも同じ顔文字を変換できるようになります。また、先ほど登録した「☻」の文字は、MacのWordでも「にこにこまーく」で変換入力することができます。(ただし、アプリによっては「☻」を受付けず代替の顔文字に変換されてしまう場合もあります)

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です