海外でiPhoneを使う時に高額請求を回避する通信の設定方法

LINEで送る
Pocket

3

今回は、海外でiPhoneを使う時に高額請求を回避する通信の設定方法について紹介いたします。海外旅行から帰ってきたら高額な通信料請求が送られてきた、ということが起きています。

海外で特にネットを多用していなくても、使い方によっては、高額なパケット通信代がかかってしまいます。今回は、海外へ渡航する前に高額通信料を防ぐために設定しておく方法をいくつか紹介していますので、旅行も含めて海外へ行く予定の方は、事前に確認したうえで行くようにしましょう。

スポンサーリンク

高額請求を回避する通信の設定方法

データローミングをオフにする

海外でiPhoneを使う際は、データローミングをオフにしておきましょう。

データローミングとは、使っている各携帯キャリアの電波がないときに、各携帯キャリアが提携している現地の携帯会社の電波を受信し使うことを可能にする設定です。

Docomoやau、ソフトバンクなど各キャリアの電波がない場所でも提携通信会社の通信を利用できるので非常に便利ではあるのですが、現地の会社の電話を使うことにより膨大な通信料が発生してしまいます。

各携帯キャリアの海外パケット通信使い放題のようなサービスに申し込んでいても、場所によっては地元の会社の電波を使うことになり、通信料金がかかります。データローミングをオフにしておくことで、これらの通信料金の発生を防ぐことができます。

データローミングをオフにする場合は、iPhoneの設定を開き、モバイルデータ通信を選択し、オフにします。

オンになっていると知らない間に通信料が発生してしまう場合がありますので、海外に行く前にオフ設定に変更をしておきましょう。

機内モードをオンにする

海外でiPhoneを使う場合には、機内モードをオンにしておきましょう。機内モードをオンする方法は次の通りです。ホーム画面で下から上へスワイプをします。すると画面にコントロールセンターが表示されますので、飛行機マークをタップし機内モードをオン設定にします。

こうしておけば、通信が使えなくなりますので、メールを受けたり、ネットを見たりする場合に、国内携帯キャリア以外の通信を使うことを防ぐことができます。

海外ではSMS1通のやり取りでも100円近くかかりますので、データローミングをオフにしたうえで、機内モードもオン設定にしておきましょう。そうすることで、無駄な高額パケット通信を防ぐことができます。

ホテルなどの無料Wi-Fiや海外用のポケットWi-Fiを使う場合は、この状態でWi-Fi設定をオンにしましょう。そうすることで、ネット通信は全てWi-Fi経由でおこなうことができます。

機内モードがオフ設定のままであれば、知らない内に通信を使っており、通信料が発生してしまいます。海外に出発する際は、飛行機に搭乗する前からオン設定にしておきましょう。

VoLTEをオフ設定にする

変更方法は、iPhoneのホーム画面から設定を開きます。設定の中のモバイルデータ通信を選択します。次の画面で、「4Gをオンにする」を開き、オフにするか、データ通信のみに変更しましょう。

こうすることで、LTEの国際ローミングが繋がらない地域でも、問題ありませんし、少なくともローミングが繋がらないという状況を回避することができます。

アプリのバックグラウンド更新をオフにする

普段iPhoneを使っている中で、各アプリはバックグラウンドで様々な通信をおこなっています。

バックグラウンド通信でも海外でおこなった場合は、多くの通信料がかかる可能性がありますので、渡航前にバックグラウンド通信をオフにして、余計な負担リスクを減らしておきましょう。

アプリのバックグラウンド更新をオフにする方法は、ホーム画面の設定アイコンを開き、一般を選択し、Appのバックグラウンド更新をオフに切り替えます。これで各アプリがバックグラウンドで自動更新をしなくなります。

iCloud設定をオフにする

iCloud設定がオンになっていると、知らない間にバックアップのためにネットワーク通信がおこなわれてしまい、通信料が発生してしまいます。そのため、iCloudをオフにしておきましょう。

設定方法は、ホーム画面から設定を開き、iCloudを選択します。iCloudDriveや写真、カレンダー、リマインダーなど項目がありますので、すべてオフに切り替えておきましょう。

どうしても海外でiCloudにバックアップしたい場合は、Wi-Fiネットワークを使っておこなうようにしましょう。

iTunes&AppStoreの自動ダウンロードをオフにする

iTunes&AppStoreの自動ダウンロードもオン設定になっておくと、使っているアプリの自動アップデートによって通信料が発生してしまいます。

これらも渡航前にオフに切り替えておくことにより、高額な通信料を防ぐことができます。切り替え方法はiPhoneのホーム画面から設定を開き、iTunes&AppStoreを選択します。

iTunes&AppStore画面で、自動ダウンロード項目にある、ミュージック・App・ブック・アップデート、全てをオフにしておきましょう。

これにより、自動でのアップデートなどがされなくなります。どうしてもアプリ等をアップデートしたい場合は、Wi-Fiを使っておこなうようにしましょう。

海外では、アプリのアップデート1つとっても状況によっては通信料がかかってしまいます。

携帯キャリアの海外プランを確認しておく

これは、設定方法とは異なりますが、Docomoやau、ソフトバンクの海外プランに加入している場合は、渡航前に詳しい内容を店舗で確認するようにしましょう。

どこまでが費用がかからず、どこからが費用が発生してしまうのかを確認し、事前にシミュレーションしておくことは非常に大切です。

キャリアごとに多少内容が異なりますので、グループで海外に行く場合などは人によって条件が異なることがあります。

周りに合わせていたがために高額な通信料となってはいけませんので、必ず確認をしておきましょう。

海外用Wi-Fiルーターを使用する

海外でネットを使う場合は、海外用Wi-Fiルーターを使うのが1番安心です。使い放題で定額制になっており、1日あたり1000円前後でレンタルすることができます。

Wi-Fiルーターに関しては、申込みをして、郵送で受け取る方法や、渡航前の空港で受け取る方法や、現地で受け取る方法などがあります。

ほとんどの主要の海外地域に対応していますので、海外に渡航する場合は、海外用Wi-Fiルーターを持って行くと良いでしょう。

また、その際は、データローミングや機内モードはオフにしたまま、Wi-Fiネットワークだけオン設定にしておきましょう。

Wi-Fi設定をオンにし、ルーターのパスワードを入力すれば、すぐに使えるようになります。

もちろん施設などの無料Wi-Fiと比べると費用はかかりますが、使用できる範囲が広がり、安心してインターネットを使えます。

まとめ

今回、海外でiPhoneを使う時に高額請求を回避する通信の設定方法について紹介いたしました。紹介した内容は渡航前に確認したうえで渡航するようにしましょう。

ネット検索などしていないのに、バックグラウンド処理がされていたので、通信料がかかってしまうこともあります。データローミングをオフにしていなかったので、高額通信料がかかったりしてはもったいありません。

渡航前に全てを確認し、心配であれば、海外用のレンタルWi-Fiルーターを使うようにしましょう。楽しい海外旅行が高額な通信料で台無しになっては元も子もありません。

しっかりと確認したうえで行くようにしましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です