iTunesがiPhoneを認識してくれない時の原因と対処法

LINEで送る
Pocket

a0003_001780
WindowsパソコンのiTunesがiPhoneを接続しても認識されない場合があります。本記事では、WindowsOSパソコンを利用してiPhoneをiTunesに接続した時に、認識されくなる原因と対処方法についてご紹介します。

WindowsPCでのiTunesの利用に困ったことがある場合には、是非本記事で紹介する対処方法を試してみて下さい。

スポンサーリンク

原因1.原因が分からない、または、新しいアプリケーションをインストールした

対処法1.再起動する
原因が分からない場合や、新しいアプリケーションをインストールした後は、コンピュータとiPhoneを再起動しましょう。一度リセットすることにより、コンピュータもiPhoneもすっきりした状態に戻すことができます。

原因2.iPhoneの充電が少ない

対処法2.iPhoneを充電する
iPhoneのバッテリー残量が少ないと、うまく認識できない場合があります。十分に充電してから試してください。

原因3.コンピュータに必要なアップデートがされていない

対処法3.アップデートをインストールする
コンピュータにAppleが推奨するバージョン以上のアップデートをインストールしましょう。最新のアップデートがインストールされていれば問題ありません。

原因4.コンピュータに最新バージョンのiTunesがインストールされていない

対処法4.コンピュータに最新バージョンのiTunesをインストールする
最新バージョンのiTunesはhttps://support.apple.com/ja-jp/HT201352からインストールできます。

原因5.iPhoneがコンピュータを「信頼」していない

対処法5.iPhoneでコンピュータを「信頼する」
iPhoneの設定を下記の手順に沿って変更してください。

  1. iPhoneをコンピュータに接続します。
  2. パスコードを入力します。iPhoneがパスコードでロックされている場合のみ表示されます。パスコードロックされていない場合は省きます。
  3. 「信頼」をタップします。
  4. 「お使いのiOSデバイスをこのコンピュータに接続したことがない場合は、デバイスのロックを解除して「信頼」をタップしてください」というメッセージが表示されますので、「信頼」をタップします。

これでコンピュータがiPhoneに保存されているさまざまなデータにアクセスできるようになります。

原因6.USBケーブルに問題がある

対処法6.Appleの純正USBケーブルを使用する
USBケーブルのコンピュータやデバイスとの接続部分に埃やゴミが付着していたり、損傷があるとうまく認識できない場合があります。取り扱いは丁寧にしましょう。また、他社のケーブルを使用している場合、充電専用のケーブルであるかもしれません。データ送信には対応していない場合があります。Appleが推奨しているUSBケーブルを使用しましょう。

原因7.Apple Mobile Device Supportがインストールされていない

対処法7.Apple Mobile Device Supportがインストールされているか確認し、インストールを行う

コンピュータの設定を以下の手順で確認、変更してください。

  1. 左下のWindowsマークをクリックします。
  2. 「コントロールパネル」を選択します。
  3. 「プログラムと機能」を選択します。
  4. 「プログラムのアンストールまたは変更」を選択します。
  5. 現在インストールされているプログラム一覧に「Apple Mobile Device Support」が表示されているか確認します。表示されない場合は、6番以降の手順を行います。
  6. iTunes、QuickTime、Apple Software Update、Apple Application Supportを削除します。
  7. iTunesを再インストールします。

iPhoneをiTunesが認識しない時の対処方法のまとめ

iPhoneをiTunesが認識してくれないというは起こる可能性のある問題で、上記の7つの原因をチェックしてみて、思い当たる場合には対処方法を実践してみて下さい。

一度はっきりと認識してくれているのであれば、原因を解決することでiTunesもiPhoneを認識してくれるようになります。困った時には是非本記事をみていただき、なにか原因がないか探ってみて下さい。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です