Home / Apple / iPhone / これで安心!iPhoneのバックアップをiTunes/icloudでとる手順

これで安心!iPhoneのバックアップをiTunes/icloudでとる手順

Pocket

2f1d19a6eb6d0d41306dee2988f4692a_s

iPhoneのバックアップは定期的にとっていますか?

バックアップを作成していないと、万一iPhoneのデータが消えたときに大変困ってしまいます。バックアップ作成方法は簡単ですので、しっかりと覚えて定期的に実行するようにしましょう。

ここでは、iPhoneのバックアップに関する基本的内容やiTunesで作成する方法について紹介します。

iTunesとiCloudの2つのバックアップ方法があり、それぞれで特徴や手順も異なるためしっかりと確認しておきましょう。

「バックアップなんてとったことがない。」という人や最近iPhoneを使い始めた人は、必ず内容を確認してすぐにバックアップ作成をしてみてください。

スポンサーリンク

1.iPhoneのバックアップとは

640430f15468925071144dfc25bb8614_s

iPhoneのバックアップはどのような意味、効果を持つのでしょうか。なぜ、バックアップをした方が良いのでしょうか。ここでは、バックアップの内容やバックアップの方法について見ていきましょう。

バックアップって?

バックアップとは、iPhoneに保存している画像や動画、音楽、連絡先、設定、各アプリ情報など、さまざまなデータをiPhone以外の場所に保存しておくことです。データのバックアップをとっておくことで、仮にiPhone内のデータが消えてしまったとしても、バックアップデータを使って元の状態に復元することができます。

バックアップの作成ができていないと、iPhoneのデータが消えた場合に復元のしようがなく、さまざまなデータを元に戻すことができなくなります。iPhoneが購入当初のようにデータが何もない状態になってしまう恐れもあるため、バックアップは必ずとっておいた方が良いでしょう。iPhoneではiTunesとiCloudを利用した2つのバックアップ方法があります。

iTunes

普段iTunesを利用しているPCとiPhoneをケーブルで接続してバックアップをとる方法です。iTunesでバックアップを作成する場合は、バックアップデータの保存先はPC内となるためPCに十分の空き容量を確保しておく必要があります。

iTunesのバックアップは、iCloudでのバックアップに比べ、より多くのデータを保存できるのも特徴です。ただし、Lightningケーブルなど、PCとiPhoneを接続するケーブルが必要となります。

iTunesでのバックアップであれば、画像や動画、アプリ、SMS、ボイスメモ、iTunesなどで購入した映画や音楽、通話履歴、カレンダーなど、さまざまなデータがバックアップの取得対象となります。データ容量にもよりますが、そこまで長い時間はかかりません。

iCloud

iTunesだけでなく、iCloudを利用してiPhoneのバックアップ作成も可能です。iCloudでのバックアップは、Wi-Fiを利用してインターネット経由でiCloudにバックアップを作成します。

そのため、iCloudの空き容量を事前に確認しておく必要があるのと、Wi-Fiネットワークに接続できない環境や、ネットワークが不安定な環境ではバックアップ作成ができません。

通話履歴やカレンダーといったデータが取得できないなど、iTunesよりもバックアップ対象データが制限されますので注意が必要です。iCloudは5GBまで無料で提供されていますが、空き容量を確認して場合によっては容量を増やすことも検討しましょう。

■iCloudの容量の確認方法

  1. ホーム画面で設定アプリを開きます
  2. メニュー1番上のユーザー名をタップし、次の画面で「iCloud」を選択します
  3. 「ストレージ管理」を選択すればiCloudの空き容量と何に容量を使っているかを確認できます

■iCloud追加容量

  1. 50GB :月額料金130円
  2. 200GB :月額料金400円
  3. 2TB  :月額料金1,300円

iTunesとiCloudの違い

上記のようにiPhoneはiTunesとiCloudでバックアップ作成ができますが、それぞれバックアップ作成の方法や対象データなどが異なります。

普段からPCでiTunes利用が多い方はiTunesでバックアップ、iTunesをほとんど利用していない方で自宅がWi-Fiネットワーク環境下の方はiCloudでバックアップなど、人によってどちらかの方法が中心になる傾向がありますが、それぞれの特徴も踏まえておきましょう。

2.iTunesでバックアップを作成する手順

335c70f517dee09ced1a7b7f7d0952d0_s

iTunesでiPhoneのバックアップを作成する方法は簡単ですし、1度行えば覚えれる内容です。必要なものや注意事項を予め確認し、バックアップ作成を実行しましょう。

バックアップに必要なもの

iTunesでiPhoneのバックアップを作成する際は、普段からiTunesを利用しているPC、iPhoneとPCを接続するためのUSBケーブル(Lightningケーブル)が必要です。これらがないとバックアップ作成ができませんので準備しておきましょう。

バックアップ時の注意

バックアップ時には、

・PCがネットに接続しているか
・iPhoneとPCを接続するケーブルは不良ではないか
・iPhoneとiTunesは最新バージョンにアップデートされているか

などを確認しましょう。そして、iTunesの自動同期設定がオフになっているかも確認する必要があります。

自動設定がオンになっているとiPhoneを接続することで同期が自動的に始まり、データが消えたり重複する可能性があります。まずは、以下の手順で自動同期の設定を確認し、オンになっている場合はオフ設定に変更しましょう。

  1. iTunesを起動してメニューの「編集」をクリックします
  2. 表示されるメニュー一覧より「設定」をクリックします
  3. 設定画面の「デバイス」を選択します
  4. 「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れてOKを選択すれば自動同期がオフ設定になります

1.PCにiPhoneを接続

PCとiPhoneをケーブルで接続して、iTunes画面に表示されるiPhoneのアイコンをクリックします。

2.【概要】からバックアップ

「概要」のバックアップ項目にある「今すぐバックアップ」をクリックします。

3.バックアップ実行

これによりバックアップが開始され、画面上部に「”iPhone”をバックアップ中」と表示されます。表示が消えAppleマークが表示されればバックアップの完了です。

バックアップしたデータを確認

バックアップしたデータを確認したい場合は以下の方法で行います。

  1. iTunesの「編集」をクリックして「設定」を選択します
  2. 設定画面の「デバイス」を選択します
  3. 「デバイスのバックアップ」欄でバックアップデータの確認ができます

3.iCloudでバックアップ作成する方法

iCloudでバックアップを作成する場合は、Wi-Fiネットワークに接続しなければなりません。Wi-Fiネットワーク環境下で、iCloudの空き容量を確認したうえで以下の手順で進めていきましょう。

  1. ホーム画面で設定アプリを開きます
  2. 1番上のユーザー名を選択します
  3. 「iCloud」をタップします
  4. 「iCloudバックアップ」を選択し「iCloudバックアップ」をオンに設定します
  5. 同画面の下に表示されている「今すぐバックアップを作成」をタップすれば、すぐにバックアップ作成ができます

まとめ

iPhoneに万が一のことが起きてデータを失った時に、バックアップがないと元の状態に戻せなくなり、困ってしまうことは間違いありません。

iTunesとiCloud、どちらでバックアップを作成しても非常に簡単ですしそこまで時間や手間はかからないので、ネットワーク環境やPCやiCloudの空き容量は必ず事前に確認して定期的にバックアップを実行するようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhone7に対応!楽に改札が通れるFeliCaの特徴と使い方

Apple公式ホームページ上、 …

Facebookでのご購読が便利です