iPhoneでホーム画面のアイコンを整理する方法とステータスアイコンの意味

LINEで送る
Pocket

iPhoneのホーム画面は、iPhoneを使うときに一番よく使う画面です。アプリのアイコンが表示されているほか、画面上部にはiPhoneの状態を表すステータスアイコンが並んでいます。

iPhoneを購入した直後はスッキリとしたホーム画面でも、iPhoneを使い続けているとアプリの数が増えて、ホーム画面がゴチャゴチャしてしまいがちです。そのため、アプリが増えたらアイコンを整理する必要があります。iPhoneでは、アイコンを自由に移動させることができるので、自分が使いやすいように整理することができます。

また、上部に表示されたステータスアイコンも、たくさん貯まると煩わしくなります。ステータスアイコンの中にはそれに対応した設定をすることで表示を消せるアイコンもあるので、ステータスアイコンもしっかり理解する必要があります。今回は、iPhoneのホーム画面のアイコンの整理の方法と、ステータスアイコンの意味を詳しく解説します。

スポンサーリンク

1.ホーム画面のアイコンを整理する

iPhoneのホーム画面のアイコンは自由に移動させたり、一つにまとめたりすることができます。移動したアイコンは配置を初期状態に直すこともできるので、気に食わなくなったらもとに戻すこともできるので安心です。

アプリが多くなってくると、どこにどのアプリアイコンがあるのか分からなくなってくるので、ちゃんと整理整頓するようにしましょう。

1.アイコンを移動(並び替え)する

iPhoneのホーム画面のアイコンは、自由に位置を並び替えることができます。

アイコンを並び替えるには、まずなんでもいいのでアプリのアイコンを長押しします。するとアイコンが震えだし、アプリアイコンを移動させるモードになります。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-16-11-01

この状態でアイコンをタッチした状態で動かすと、アイコンの場所を自由に動かすことができます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-16-25-45

別のページに移動したい場合は、ページの端に移動させることで隣のページに移動させることができます。

また、画面下部のドックに表示するアプリも移動できます。ドックはどのページでも常に表示されるので、使用頻度の高いアプリを置いておくといつでもアクセス出来てとても便利です。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-16-27-10

アイコンの移動が終わったら、ホームボタンを押すことでアプリの移動を終了し、通常のホーム画面に戻ります。

2.アイコンをフォルダにまとめる

iPhoneでは、ホーム画面にフォルダを作成し、その中にアプリをまとめることができます。使用頻度が高いものや、同じカテゴリーのアプリをまとめることで、ホーム画面がスッキリしますし、たくさんアプリがあっても目的のアプリを見つけやすくなります。

アイコンを移動するときと同様に好きなアプリを長押ししてアプリを移動するモードに入ります。そこで、フォルダにまとめたいアプリを他のアプリの上に移動させて重ねるとフォルダが作成されます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-16-40-37
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-16-40-42

他のアプリをフォルダに追加する場合は、追加したいアプリを移動させてフォルダに重ねる事で追加できます。さらに、フォルダ内でも自由にアプリを移動させることができます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-16-42-38

また、フォルダを作成した時点で自動的に名前が付けられます。基本的にはフォルダに追加したアプリに関連した名前が付けられますが、自分で任意の名前に変更することもできます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-16-43-18

フォルダにまとめたアイコンをフォルダから取り出す場合には、フォルダより外に移動させることでフォルダを抜けてホーム画面に移動します。フォルダからすべてのアプリをホーム画面に移動させると、フォルダは消えます。

3.アイコンを削除する

ホーム画面にあるアプリのうち、もう使わないというアプリのアイコンに関しては、整理して置いておくよりも削除してしまうのが良いでしょう。

アイコンを長押しして移動させるモードにすると、アプリの左側に「x」のマークが付きます。このマークをタップすることでアイコンを削除できます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-17-03-48

ただし、iPhoneのホーム画面でアイコンを削除するということは、そのアプリを削除するということです。当然ですがアプリを削除するとそのデータも消えてしまいます。

あまり使わないアプリでも、データが消えると困るアプリは削除せずに、フォルダにまとめて置いておくとよいでしょう。

4.アイコン配置を初期状態に戻す

アプリの数が多いと、アイコンを移動させたものの、思った通りに配置できなくなって元に戻したくなる、ということがあると思います。そんな時は設定画面からアイコンの配置を初期状態に戻す事が出来ます。

「設定」→「一般」→「リセット」→「ホーム画面のレイアウトをリセット」をタップします。これでホーム画面を初期状態に戻す事が出来ます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-19-17-12-42

2.ステータスアイコンの意味

iPhoneのホーム画面の上部にはたくさんのステータスアイコンが表示されています。アイコンを見るだけでiPhoneのステータスがわかるので便利である一方、たくさん表示されると煩わしいです。

ステータスアイコンの意味を理解すれば、無駄なアイコンを表示させなくてもよくなりますし、iPhoneの状態も理解しやすくなります。せっかくなので覚えてしまいましょう。

1.電波強度

電波強度はドコモやauなどの携帯電話の電波の強さを表します。点の数で電波の強さを表し、点が多いほど電波が強く、点が少ないほど電波が弱いことを示します。

また、SIMカードが挿されていなかったり、電波が届かない場所にいる場合は「圏外」と表示されます。圏外と表示されている場合は電波が全く入っていないので、電話やデータ通信を行うことはできません。

携帯電話の電波に接続されている場合電波強度のアイコンの横に、後述する3G/4G/LTEのいずれかのアイコンが表示されます。

2.3G(通信速度遅)

3Gネットワークに接続していることを表しています。3G回線は古い回線で、通信速度が遅いです。最近はほとんどの場所で4G/LTEになっているので、今ではあまり3Gの表記は見かけないかもしれません。

3.4G(通信速度速)

4Gネットワークに接続していることを表しています。3G回線の次の世代で、3G回線よりも通信速度が速いです。ソフトバンクのiPhoneでのみこの表示です。

4.LTE(通信速度速)

LTEネットワークに接続していることを表しています。3G回線よりも通信速度が速いです。4Gネットワークと同等の意味ですが、ドコモおよびauでは4GではなくLTEと表示されます。

5.Wi-Fi接続

Wi-Fiに接続されていることを表しています。このアイコンがない時は、Wi-Fiに接続されていないので、パケットの使い過ぎに注意する必要があります。

6.機内モード

機内モードがオンになっていることを表しています。機内モードをオンにすると、すべての通信をオフにするので、電話やデータ通信はもちろん、Wi-FiやBluetoothもすべて無効となります。

当然メールやLINEなどが送られてきても通知は来ませんし、届くこともありません。

7.バッテリー残量

バッテリー残量はその名の通りiPhoneのバッテリーの残量を表します。バッテリーの残量はバッテリーを横向きに倒した絵で表されますが、設定をすると「〇〇%」といったように数字で残量を表すことができます。

設定は「設定」->「バッテリー」->「バッテリー残量(%)」で変更できます。

8.アラーム設定

アラームが設定されていることを表しています。複数設定されている場合は、すべてのアラームを解除することで表示が消えます。

アラームをセットしたまま解除するのを忘れてしまうと、思わぬ場所でなってしまうことがあります。アラームが設定されていないかどうかは常に気を配るようにしましょう。

9.Bluetoothのバッテリー残量

Bluetoothで接続されているデバイスのバッテリーの残量を表しています。Appleウォッチなど、「Battery Service Profile」と呼ばれるプロファイルに対応しているBluetoothデバイスのみ、バッテリー残量が表示されます。

Bluetoothデバイスが正しく接続されていても、Battery Service Profileに対応していない場合はバッテリー残量は表示されません。

10.Bluetooth接続

Bluetooth接続の機能がオンになっていることを表します。Bluetoothデバイスが接続されている時は青色もしくは白色で、接続されていないときは灰色になります。

Bluetooth接続をオンにすると、デバイスを接続していなくてもバッテリーの減りが速くなるので、Bluetoothデバイスを接続しないのにこのアイコンが出現している時は設定でBluetooth接続をオフにしておきましょう。

11.自動電話転送

iPhoneへの着信を自動で他のスマホへ転送する「自動電話転送」機能が使われていることを表しています。

自動電話転送機能がオンになっていても、携帯の電波が届かない圏外にいる場合は転送されないので注意が必要です。

12.位置情報サービス

GPSを利用する位置情報サービスがオンになっている時に表示されます。Google Mapsや、最近はやりのポケモンGoなどでも利用されます。

位置情報サービスがオンになっている間はバッテリーの消耗が激しくなります。位置情報サービスを利用するアプリを使わないのにこのアイコンが表示されている時は、設定から位置情報サービスをオフにするようにしましょう。

13.おやすみモード

おやすみモードが設定されていることを表します。おやすみモードがオンになっているときは電話の着信音、アプリの通知オンやバイブなどがならなくなり、アラーム音だけがなります。

基本はアラーム音以外はなりませんが、設定をすれば指定した相手からの着信だけはならす、同じ人から3分以内に2度着信があった場合は2度目の着信の際に音を鳴らす、といったことも可能です。状況に応じて設定を変えるようにしましょう。

14.テザリング

iPhoneのテザリング機能がオンになっていることを表します。テザリングを使うことで、パソコンや携帯ゲーム機などがiPhoneを経由してインターネットに接続することができます。

15.画面回転

画面が経向きでロックされていることを表します。電卓など、横向きにすることで拡張機能が使えるアプリもありますので、そういったアプリを使う時はロックを解除しましょう。

なお、横スクロールゲームアプリなど、強制的に横向きにして使うアプリの場合は縦向きでロックしていてもそのアプリを利用中は横向きになります。

16.ネットワーク操作

iPhoneのアプリがネットワークを操作し、通信していることを表します。アプリをダウンロードしているときや、一部のアプリが何らかの処理をしているときに表示されます。

17.iPhone同期

iPhoneがiTunesと同期中であることを表します。このアイコンが表示されている時は、iTunesとの接続を切断してしまわないように気を付けましょう。

18.VPN使用

VPN接続を使用していることを表しています。VPNは「Virtual Private Network」の略で、仮想的にプライベートなネットワークを作って、iPhoneを安全にネットワークに接続する技術です。

無料Wi-Fiなどは誰でも接続することが出来て便利ですが、その分データの盗聴などの危険性があるので、VPNを使って接続することをおすすめします。普段あまり聞きなれない言葉なので難しく感じるかもしれませんが、iPhoneではアプリを使うことで簡単にVPN接続ができるようです。

まとめ

ここまで、iPhoneのホーム画面のアイコンの整理の方法と、ステータスアイコンの種類について説明してきました。iPhoneには魅力的なアプリがたくさんあり、ついつい色んなアプリを入れてしまいます。

しかし、何も考えずにあれもこれも入れてしまうととても使いづらいものになってしまいます。ホーム画面は常に整理して、使いたいアプリがすぐに使えるようにしておきましょう。また、ホーム画面をスッキリさせるには、アプリのアイコンだけでなく、ステータスアイコンにも気を配るようにしましょう。

ホーム画面を綺麗にしておけば、iPhoneがもっと使いやすくなりますね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です