iPhoneの位置情報サービスの設定方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneの「位置情報サービス」は、GPSや携帯基地局、Wi-Fi、Bluetoothを用いて端末の現在位置を計測する機能です。位置情報サービスには便利な用途が色々と存在します。

本稿ではiPhoneの位置情報サービスの設定方法について説明します。

スポンサーリンク

初めて位置情報サービスへアクセスしたとき

アプリケーションが位置情報サービスへ初めてアクセスするとき、iOSは下図のようなダイアログを出して許可を求めます。

01-first-access-to-location-service

ダイアログには、そのアプリケーションがいつどのような用途で位置情報サービスを用いるのかが表示されます。アプリケーションに位置情報サービスへのアクセスを許可する場合は「許可」をタップしてください。

位置情報サービスへのアクセス許可は後からでも変更できます。次節で位置情報サービスの全体的な設定、および各アプリケーションの許可設定の変更方法を説明します。

位置情報サービスの設定方法

位置情報サービスの設定を行うには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. 「設定」アプリケーションをタップしてください。

02-launch-settings-app

2. 「プライバシー」をタップしてください。

03-tap-privacy

3. 「位置情報サービス」をタップしてください。

04-tap-location-service

4. 「位置情報サービス」のスイッチを操作して、位置情報サービス全体の有効/無効を設定してください。

05-turn-on-location-service

5. 手順4の画面では、位置情報サービスを用いるアプリケーションがリストされており、各アプリケーションのアクセス許可設定を変更できます。

06-select-permission

各アプリケーションの位置情報サービスへのアクセス許可設定は3種類あります。

– 許可しない
– このAppの使用中のみ許可
– 常に許可

「許可しない」場合、そのアプリケーションは位置情報サービスを一切使用できません。「このAppの使用中のみ許可」の場合、そのアプリケーションまたはその一部の機能が画面上に表示されている間だけ位置情報サービスを利用できるようになります。「常に許可」の場合、そのアプリケーションが画面に表示されないバックグラウンド中にも位置情報サービスへアクセスできるようになります。

バックグラウンドで位置情報サービスを用いないアプリケーションの場合「常に許可」は表示されません。

位置情報サービスのメリット/デメリット

位置情報サービスを用いることで以下のような機能が使えるようになります。

– 地図で現在位置を表示
– 撮影した写真に位置情報を付与
– 近場の店舗等を検索
– ジオフェンス(特定地域からの出入りの検知)

以上は位置情報サービスを用いる一例です。4つめの「ジオフェンス」に関しては、たとえば、ある商業施設の専用アプリケーションをインストールしている端末を持って店舗に入ると、割り引きクーポンが配信されてくるなどの利用方法が考えられます。

他にも、「Ingress」のように位置情報をゲームに利用するなどの応用事例も存在します。

iPhoneは常に持ち歩いて使う端末です。自分の現在の位置情報を取得することで様々な機能やサービスを利用できるというメリットがあります。

その一方で位置情報サービスを使用することによるデメリットも存在します。

– バッテリーの消費
– 不注意による意図しない位置情報の流出

バッテリーの消費に関して、前節で説明したアクセス許可設定「常に許可」の場合であっても、本当にバックグラウンド中に常に位置計測をしているわけではありません。適当な間隔をあけて行われていますが、位置計測をしないよりもする方が電力を使うのは当然の話です。

次に不注意による意図しない位置情報の流出に関してです。これは、たとえば位置情報が付与された写真を、そのままインターネットに公開してしまうような場合です。旅先等で撮影した写真に位置情報が付与されていれば、地図上に写真をマッピングするなど、一味違った写真の楽しみ方ができます。しかしながら、自室で撮影した写真に位置情報が付いており、それをインターネットに公開すれば、自宅の住所を全世界に公開しているも同然となります。

デメリットがあるとは言え、やみくもに位置情報サービス全体を無効にするのは行き過ぎた対応です。

前節で説明したようにアプリケーションごとにアクセス許可設定を変更できます。バッテリー消費を考えて、バックグラウンドでまで位置計測する必要はないと思った場合は「このAppの使用中のみ許可」にしておくと良いでしょう。また、カメラアプリケーションに位置情報サービスへのアクセス許可を出すことに問題はありませんが、位置情報付きの写真の管理には注意しなければならないことを忘れないでください。

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではiPhoneの位置情報サービスの設定方法について説明しました。本稿を参考にして位置情報サービスを活用してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です