iPhoneを紛失した場合の対応と必要な手続き

LINEで送る
Pocket

92d2fdc983c83fc145dbcb261613e636_s

今回は、iPhoneを紛失した場合の対応と必要な手続きについて紹介いたします。iPhoneには、さまざまな個人情報が入っていますし、iPhoneを紛失して万が一悪用された場合、iTunesやiCloud、SNSなどもすべて見られてしまいます。

パスコードなどを掛けていたとしても、不安もあります。もしiPhoneを紛失した場合はどのような対応をしていけば良いのでしょうか?ここでは、各対応方法について紹介していきます。特にiPhoneを使い始められた方はご覧ください!

スポンサーリンク

iPhoneを紛失した場合の対応と必要な手続き

万が一、iPhoneを紛失した場合は以下の方法で対応・手続きをしていきましょう。紛失したらできるだけすぐに対応するようにしましょう。

紛失したiPhoneに電話をかけてみる

失くしてしまったiPhoneに連絡をすることで、既に拾ってくれてる人がいる場合は、意外にすぐに見つけることができます。まだどこかにある場合や拾っていても電話に出てくれない人もいるので、紛失したiPhoneに何度か電話をかけてみて反応がない場合は、以下の方法で対応していきましょう。

「iPhoneを探す」機能で探してみる

iPhoneを紛失した場合は、「iPhoneを探す」機能でiPhoneを探してみましょう。「iPhoneを探す」設定が有効になっている場合に、できる方法です。「iPhoneを探す」機能の設定は、設定アイコンを開き、「iCloud」から「iPhoneを探す」を選択し、オン・オフ切り替えます。

通常はオン設定になっていますので、特に変更した記憶がなければオン設定になっているでしょう。「iPhoneを探す」機能を使ってiPhoneを探す方法は次の通りです。パソコンもしくはiPhoneやiPadで「iCloud.com/find」にサインインをするか、「iPhoneを探す」アプリを開きます。

サイトもしくはアプリを開いたら、地図上に探しているiPhoneが表示されます。オンラインの端末はグリーンマーク、オフライン端末にはグレーマークが表示されます。画面上部には探しているiPhoneが最後に発信した位置情報の時間が表示されていますので、時間が近いほど地図の場所の信憑性が高まります。

画面下に表示されている「アクション」を選択すると、「サウンドを再生」「紛失モード」「iPhoneを消去」が表示されます。iPhoneが近くにある場合は、「サウンド再生」を選択しましょう。探しているiPhoneがマナーモードになっていたとしても最大のボリュームで約2分間サウンドを流すことができます。これにより、iPhoneが近い場所にある場合は、サウンドで見つけることができます。

iPhoneが遠くにある場合や、オフラインになっている場合は「紛失モード」を使用しましょう。紛失モードを使うことで、探しているiPhoneにロックをかけメッセージを表示させることができます。紛失モードはオフライン設定でもロックをかけることができ、位置情報をオンにすることができます。

また、探しているiPhoneに連絡先やメッセージを表示することができ、表示された電話番号には見つけた人はワンタッチで連絡をすることができるようになっています。紛失モードを選択し、パスコードの設定と見つけた場合の連絡先、iPhoneに表示させるメッセージを入力します。

入力した電話番号やメッセージは、探しているiPhoneのロック画面に表示されます。iPhoneがすぐに見つかりそうにない場合は、速やかに「紛失モード」を使用するようにしましょう。

iPhoneを探しても見当もつかない場合や地図上にも表示されないような状況のときは、「iPhoneを消去」を選択しましょう。iPhoneを消去を選択することで、遠隔操作で探しているiPhoneのデータを全消去することができます。

iPhoneを消去を選択すると、「このiPhoneを消去しますか?」という表示がありますので、「iPhoneを消去」を選択すると、探しているiPhoneのデータを削除することができます。すぐに見つけることができなさそうな場合はセキュリティも考えて「iPhoneを消去」を使用すると良いでしょう。

車のアイコンを選択した場合は、現在地から地図上の探しているiPhoneまでの経路が表示され、車の場合、徒歩の場合、交通機関の場合の行き道を表示してくれ、ナビゲーションしてくれます。

iPhoneを探すがオンになっていない場合

「iPhoneを探す」機能がオフになっている場合は、機能を使って探すことはできません。そのため、悪用されないようにAppleID等を変更しましょう。AppleIDやパスワードを変更すれば、万が一の際もiCloudやiTunesなどを使用されることがありません。AppleID等の変更が終わったら、SNSのアカウントも変更しましょう。

多くの人がFacebookやInstagram、Twitterなどのアプリをインストールしていますので、アカウントを変更することで、見られることを防ぎ悪用されるのも防ぐことができます。キャリアメールなどのアカウントも変更しておきましょう。

キャリアに連絡をし回線を止める/解除する

iPhoneを探しても見つからない場合などは、ドコモ、au、ソフトバンクの各キャリアに連絡をして回線を止めるか解除してもらいましょう。それぞれのキャリアによって連絡先が異なりますので、連絡先等は各公式ホームページを確認しましょう。

電話連絡以外にもサイトからも手続きすることができます。順番としては、先に探してみて最終手段がキャリアへの連絡による回線停止になりますので、キャリアに連絡する前にiPhoneを探しましょう。

警察に遺失届を出す

警察にも遺失届を出しておきましょう。警察が直接失くしたiPhoneを探してくれることはありませんが、もし警察に紛失したiPhoneが届けられた際に、連絡をもらうことができます。期待しすぎは良くありませんが、もしかすると誰かが警察に届けてくれるかもしれません。面倒に思わずに対応しておきましょう。

「iPhoneを探す」とは

iPhoneには、万が一デバイスを紛失した時にiPhoneを探し出すことができるように「iPhoneを探す」という機能が備わっています。GPS信号を利用してiPhoneから出される位置情報を元にiPhoneの場所を地図上に表示します。

遠隔でiPhoneにさまざまな操作をおこなうことができ、万が一の紛失の際もデータを保護することができます。iPhoneを探すは、iPhoneからだけでなく、パソコン(Windows、Mac)、iPadなどからもアクセスすることができます。iPhoneにはアプリをインストールしておきましょう。

まとめ

今回は、iPhoneを紛失した場合の対応と必要な手続きについて紹介いたしました。万が一、iPhoneを紛失した際は、今回紹介した方法ですぐに対応をしていきましょう。失くした後はスピードが重要になります。すぐに失くしたiPhoneに連絡したり、iPhoneを探す機能で探しましょう。また、普段からiPhoneを紛失しなくて良いように肌身離さず持つようにしましょう。特に新しいiPhoneに変えたばかりの方は十分に気を付けましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です