iPhoneを紛失してしまったときの対処法

LINEで送る
Pocket

2a184d5603a055009dbc3e3fb7fa75c3_s

iPhoneをお店や電車に置き忘れて紛失した経験はありませんか。普段使っているからこそ、紛失するリスクがあります。iPhoneを紛失してしまうと、新しいiPhoneを買わないといけなくなりますし、第三者に悪用される恐れもあります。

「iPhoneを紛失しない」ようにすることが1番いいのですが、そういうわけにもいきませんので、iPhoneを紛失した際の対処法を把握し、万が一のためにしっかりと備えておきましょう。特にiPhoneの紛失経験がある方や使い始めて間もない方は、参考ご覧ください。

スポンサーリンク

1.「iPhoneを探す」を利用する

6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s

紛失したiPhoneを見つける際は「iPhoneを探す」を利用しましょう。非常に有効な方法で状況によってはすぐに見つけることができます。まずは、iPhoneを探す機能の基礎的な知識や機能の特徴について把握しておきましょう。

1.「iPhoneを探す」とは

iPhoneを紛失した際に便利な機能なのが「iPhoneを探す」です。iPhoneには標準で搭載されている機能で、設定をオンにしておけば、iPhoneを紛失しても地図上で探したり、遠隔操作で画面にメッセージを表示したり音を鳴らしたりすることができます。手掛かりなく紛失したiPhoneを探すのは難しいですが、iPhoneを探すを使えば見つけること、もしくはセキュリティを高めることが可能です。

2.iPhoneの場所を地図で確認する

iPhoneを探すを使えば、地図上で紛失したiPhoneの位置を確認することも可能です。紛失したiPhoneが「iPhoneを探す設定がオンになっている」という前提にはなりますが、パソコンもしくは別のiPhoneやiPadから「icloud.com/find」へログインをして、iPhoneを探すを開けば地図が表示され、もし紛失したiPhoneが近くにある場合は地図上に表示されます。尚、オンラインの端末のみ現在地が表示でき、オフラインの場合は現在地の確認はできません。

3.iPhoneを紛失モードにする

地図上に紛失したiPhoneが表示されず見つけることができない場合は、セキュリティのために「紛失モード」を活用しましょう。紛失モードを使うとiPhoneを遠隔操作でロックすることができ、ロック画面にメッセージや自分の電話番号を表示できます。「このiPhoneを拾った方はご連絡ください」など、見つけてくれた人へ連絡を促すことが可能です。紛失モードを設定すると、他のユーザーが操作することはできませんので安心です。

4.警察へ連絡とデータの初期化

iPhoneを拾った方が警察へ届ける可能性もあるため、警察へも連絡をしましょう。iPhoneを探すを使っても手掛かりも連絡もなく、どこを探しても見つからない場合はiPhoneのデータの初期化を行いましょう。さまざまな個人情報などが入っていると不安ですし、万が一のことが起きてははいけません。

iPhoneを探すの中の機能で「iPhoneを消去」を選択し、パスワードを入力すれば初期化が完了します。また、初期化を行う際に、電話番号とメッセージを入力して拾った方へ連絡を促すこともできます。iPhoneのデータを初期化した場合はiPhoneを探すが使えなくなってしまうため、必ず電話番号とメッセージを残しておきましょう。

2.「iPhoneを探す」以外の対処法

別のiPhoneやパソコンを使ってiPhoneを探す機能が必ず使えるとは限りません。そんな時のために、パスワード変更などの対処法があることも覚えておきましょう。紛失して1番恐いのは、iPhoneを悪用され損害を受けることです。いろいろな対処法を把握しておくことでリスクヘッジできます。

1.パソコンでAppleIDのパスワードを変更する

iPhoneを探すの設定がオフになっていて手掛かりもない場合は、パソコンでAppleIDのパスワードを変更しましょう。iPhoneを探すがオフ設定の場合は、遠隔操作でロックをかけたりデータを初期化することはできません。AppleIDのパスワードを変更すれば、紛失したiPhoneからAppStoreやiTunesStoreなどにアクセスができなくなりますので、万が一の悪用を防げます。

また、iPhoneにFacebookやインスタグラムなどのSNSアプリをインストールしている場合は、これらもパソコンからパスワード変更をしましょう。そうすれば、アプリを起動してもログインすることができません。パソコンからやれることは限られますが、パスワードを変更するだけでもある程度の悪用を防止することができます。

2.Apple WatchでiPhoneを探す

AppleWatchからiPhoneを探す機能を使って、紛失したiPhoneを探すこともできます。パソコンやiPhoneで使うよりは簡易的な機能となりますが、身近でiPhoneを紛失した場合は探し出すことも可能です。AppleWatchで使えるiPhoneを探すの機能は「サウンドを再生」のみです。AppleWatchでiPhoneを探す機能を使う際の手順は次の通りです。

  1. ①AppleWatchの文字盤を下から上へスワイプをしてコントロールセンターを表示します
  2. ②コントロールセンターに表示されている「iPhone呼出」のアイコンをタップします
  3. ③iPhoneからサウンドが再生され居場所を教えてくれます

AppleWatchでiPhoneからサウンドを再生させるには、iPhoneとペアリング及びBluetooth接続がされている場合のみです。iPhoneとAppleWatchとの距離がおよそ10m以上離れている場合はサウンド再生はできません。

3.iPhone紛失時のため備えておきたい設定

iPhoneを紛失したとしても対処できるように、下記3点は備えておきましょう。

1.「iPhoneを探す」の設定

iPhoneを紛失した際のことを考えて、iPhoneを探す設定をオンにしておきましょう。iPhoneを探すは、設定アイコンを開いて「iCloud」を選択し「iPhoneを探す」をタップします。次の画面で「iPhoneを探す」をオンにすれば有効となり、紛失時にも遠隔操作が可能です。

2.Touch IDもしくはパスコードの設定

普段からセキュリティを考えて多くの人が設定済みだと思いますが、TouchIDとパスコードの設定は必ずしておきましょう。どちらもしていないと、紛失した際に第三者に自由に扱われてしまう恐れがあります。TouchIDとパスコードは、設定アイコンを開き「TouchIDとパスコード」を選択し、それぞれオン設定にすれば入力画面へと移行し簡単に設定できます。

3.消えて困るデータはバックアップを取る

iPhoneを紛失した場合にデータの初期化を行うかもしれませんし、iPhoneが二度と手元に戻ってこない可能性もあります。iPhone端末だけにデータを保存しておくと、紛失と同時にそれらのデータにもアクセスができなくなります。常日頃からiCloudなども利用してiPhone内のデータのバックアップを取るようにしましょう。

まとめ

紛失しないに越したことはありませんが、紛失した時のことを考えて備えておくことは非常に重要です。「iPhoneを探す」をオン設定にしたり、TouchIDやパスコード設定、定期的なバックアップなど、すぐに取り組めることですので、まだの方はさっそく行いましょう。また、1度空いている時間を利用してパソコンなどからiPhoneを探す機能を試してみるとどのような機能か理解も進みますし、本番で使う際にスムーズに操作できます。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です