iTunesからiPhoneを復元できない場合の原因と解決方法

LINEで送る
Pocket

b26d6b6a13880f74746b57bbcf9e78c1_s

今回は、iTunesからiPhoneを復元できない場合の原因と解決方法について紹介いたします。iPhoneを初期化したい場合に、iTunesを使って復元することで、購入した時と同じ状態から使い始めることができます。

しかし、復元をおこなうにあたって、上手くいかないこともあり、今回はその原因と解決方法をそれぞれ紹介していきます。iPhoneの復元を検討している方や、これからiPhoneを使い始める方は、ぜひ、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

iTunesからiPhoneを復元できない場合の原因

復元する場合は、パソコン⇔Appleの通信が上手く機能したうえで復元がおこなわれます。

iTunesからiPhoneを復元できない場合は、iTunesを起動しているパソコンに何らかの原因があるのか、パソコンとAppleのサーバの間で何らかの問題があり上手く通信できないか、が大半の原因です。

そのため、これらの原因を解消するような解決方法を試していく必要があります。

iPhoneの復元とは?

復元とは、iPhoneを購入したときの初期の状態に戻すことを指します。つまり復元すると、今iPhone内にある写真やデータ、アプリなどは全て消えてしまいます。そのため、iPhoneを復元する場合は必ずデータのバックアップを取っておく必要があります。

iTunesからiPhoneを復元できない場合の解決方法

ここでは、iPhoneを上手く復元できない場合の解決方法について紹介していきます。1つずつ確認していきましょう。

一旦、時間を空けて再度復元をしてみる

単純に何らかのタイミングが悪く復元が上手くいかない可能性があります。再度、時間を空けてみて、もう1度復元を実行してみましょう。時間を空けることにより復元が上手くいく場合があります。

時間を空ける際は、パソコンとiPhoneから全てのケーブルを取り外したうえで5分~10分は時間をおくようにしましょう。時間を空けている間は、パソコンもiPhoneも電源を切っておくと尚更良いです。

USBケーブルとUSBポートを新しいものに替えてみる

パソコンとiPhoneを接続しているUSBケーブルに問題がある可能性があります。見た目はキレイな状態でも断線していたり接触が悪くなっていたりするケースがありますので、別のケーブルに替えてもう1度試みてみましょう。

また、ケーブルは純正のLightningケーブルを使うようにしてください。純正でないものを使っている場合は、それが原因で上手く接続ができない場合があります。

また、ケーブルだけでなく、パソコンのUSBポートも替えて試してみましょう。ポートが原因で上手く読み込めていない可能性もあります。空いているポートを使って試してみましょう。

ポートにホコリなどが入っていたりすることで上手く接触できない場合もあります。ポート内をキレイにしたうえで別のポートを使うようにしてください。

パソコンを再起動してみる

何らかのパソコンの作動の影響でたまたまiPhoneの復元が上手くできないだけの可能性があります。

パソコンを再起動してみて、もう1度復元を試してみましょう。再起動することで、パソコンの処理が正常に働くようになり、スムーズにiPhoneの復元ができる場合があります。

パソコンもiPhoneも同じで、再起動することで問題が解決することは多いです。パソコンを再起動している際に、iPhoneも再起動してみましょう。

パソコン内のセキュリティソフトを停めてみる

パソコン内の独自のセキュリティソフトが原因で、iPhoneの復元の際の通信が上手くいかない可能性があります。

iPhoneを復元する際、パソコンのサーバとAppleのサーバが上手く通信し合うことでiPhoneの復元がスムーズにおこなえるのですが、パソコン内のセキュリティソフトが邪魔をして上手く通信ができずに、iPhoneの復元が失敗していることがありえます。

1度、パソコン内のセキュリティソフトを停めてみて、再度、iPhoneの復元を試してみましょう。

iTunesを最新バージョンにアップデートしてみる

iPhoneが復元できない場合の解決方法として、iTunesを最新バージョンにアップデートする方法があります。iTunesのバージョンが古いバージョンだと、上手くiPhoneが復元ができないことがあります。

iTunesのバージョンを更新プログラムから確認してみて、もしも最新バージョンでない場合はアップデートをして、再度、iPhoneの復元を試してみましょう。

パソコンのソフトウェアが最新かバージョンを確認する

パソコンのOSが最新バージョンなのか確認するようにしましょう。パソコンのOSが最新バージョンではないがために、iPhoneの復元ができない問題が生じていることもあります。

OSを最新バージョンにすることで上手くiPhoneの復元ができるようになる場合もありますので、確認したうえでWindowsOSの場合もMacOSの場合も最新バージョンへアップデートしましょう。

アップデートすることでiPhoneの復元に限らず、セキュリティ対策などにもなります。

インターネットが繋がっているか確認する

パソコンがしっかりとインターネットに繋がっているか確認しましょう。有線LANの場合も無線LANの場合もケーブルやマークを確認してインターネットと繋がっているように見えてもネットが上手く使えない状況のときもあります。

しっかりとネットが使えるか、Web検索などをおこない確認してみてみましょう。インターネットが繋がっていなかったらiPhoneの復元をすることもできません。

パソコンを替えて試してみる

iPhoneの復元が上手くいかない場合は、パソコンを別のパソコンに替えることで復元が上手くいく場合があります。別のパソコンがある人はパソコンを替えてみて、再度、1から試してみるようにしましょう。

1台しかパソコンを持っていない場合も、友人などのパソコンを借りておこなってみましょう。

iTunesを再度インストールし直してみる

iTunesのソフトの何らかの原因でiPhoneの復元が上手くいかない可能性があります。1度インストールしているiTunesを削除してみて、再度、新しくiTunesをインストールしてみましょう。

改めてインストールすることにより、問題が解消されスムーズにiPhoneの復元ができる場合があります。やや面倒にはなりますが、iTunesの削除&再インストールをした後に試してみましょう。

まとめ

今回、iTunesからiPhoneを復元できない場合の原因と解決方法について紹介いたしました。

今、iPhoneを使っている方も、これからiPhoneを使う予定の方も、iTunesを使ってiPhoneを復元する際に、上手くいかない場合は、ぜひ、参考にして復元を実行してみましょう。

また、iPhoneを復元する場合は、必ず、iPhone内のデータのバックアップを取ったうえで復元するようにしてください。写真やデータ、アプリなど全て消去されてしまいます。

クラウドストレージなども上手く使い、全データバックアップを取り、実行するようにしましょう。ちょうど、復元が上手くいかなくて困っていた方は、ぜひ、各解決方法を試してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です