iPhoneの不具合の簡易リセット方法

LINEで送る
Pocket

acc7929875fa50fdab68b1ff30059bb3_s

今回は、iPhoneの不具合の簡易リセット方法について紹介いたします。iPhoneを使っていると、動作が重くなったり、WEBページが開けなくなったり、アプリが開かなかったり、電池の減りが早かったり、動かなくなったりなど、不具合が生じる場合があります。

こういった不具合が生じた場合にはどのような方法で直せば良いのでしょうか?iPhoneに不具合が生じた場合のリセット方法や対処方法について紹介していきます。iPhoneを使い始めて間もない方は、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

iPhoneに不具合がある際の簡易リセット方法と対処方法

iPhoneのリセット方法や不具合が生じた際の対処方法について紹介しています。

iPhoneをリセットしてみる

iPhoneには再起動以外に、リセットする方法があります。再起動してもシステムの不具合が解消されない場合は、リセットをおこなってみましょう。iPhoneをリセットする方法は次の通りです。スリープボタンとホームボタンを同時に長押し続けます。すると画面が消えますので、そのままホームボタンとスリープボタンを押し続けたままにします。押し続けたままにしていると、Appleロゴマークが表示されますので、iPhoneのリセットが完了です。

iPhoneのすべての設定をリセットしてみる

iPhoneのすべての設定をリセットしてみることでシステムの不具合を解消し、通常通りに使えるようになることがあります。iPhoneのすべての設定をリセットする方法は次の通りです。設定アイコンを開き、一般を選択します。一般を選択したら、リセットを選択します。リセット画面の「すべての設定をリセット」を選択します。

すべての設定をリセットを選択するとパスコード入力画面になりますので、パスコードを入力します。「すべての設定をリセットします。データやメディアは削除されません」というメッセージが表示されますので、「すべての設定をリセット」をタップし進めます。Appleのロゴマークとリセットの進捗状況が表示されますので、完了すればすべての設定がリセットされます。

iPhoneのマルチタスクを削除してみる

iPhoneの電池の減りが早かったり、動作が遅かったり、WEBページの読み込みができなかったりする場合は、iPhoneのマルチタスクの削除をすることで、不具合が解消される場合があります。iPhoneのマルチタスクを削除する方法は、ホームボタンを2回連続で押します。ボタンを押すことで、開いているアプリの一覧画面が表示されます。

アプリ画面を上にスワイプをすれば削除することができます。すべてのアプリ画面を削除することで、バックグラウンドで動いているアプリがなくなり、iPhoneの電池の減りの早さや動作の遅さ、WEBページの読み込みなどがスムーズにいくようになることがあります。

iPhoneを再起動してみる

iPhoneにシステム上の不具合があってうまく作動しない場合は、再起動することで状態が改善される場合があります。iPhoneを再起動する方法は次の通りです。スリープボタンを長押しします。長押ししていると画面上に「スライドで電源オフ」表示がされますので、スライドをしてiPhoneの電源を落とします。スリープボタンはiPhone6以降は側面にあり、iPhone5s以前は上部にあります。

電源が落ちたら、少し時間を置いて再度スリープボタンを長押しします。画面にAppleのロゴマークが表示されるとiPhoneの電源が入った証拠です。iPhoneに何か異常を感じた際は、再起動をすることで、状況が改善される場合は多いです。特にシステム上の異常を感じ、iPhoneの動作がおかしいときなどは再起動をするようにしましょう。時間もかかりませんし、簡単におこなえます。

USIMカードの差し直しをしてみる

SIMカードの差し直しをすることで、システム上の不具合が解消される場合があります。SIMカードとは、電話番号などのデータが記録されているカードで、SIMカードがあるからiPhoneや他のスマホ、タブレットなどで電話やインターネットを使うことができます。iPhoneのSIMカードは、本体の右側に差し込まれています。iPhoneを購入した際に同封されていたクリップのような形状の「SIM取り出しツール」を使用します。

側面の小さな穴にSIM取り出しツールを差し込み引き出すとSIMカードトレイが出てきます。そして再度SIMカードを差し直します。SIMカードを差し直す場合は、事前にiPhoneのデータをバックアップ取っておくようにしましょう。iPhoneのバックアップを取る場合は、iCloudかiTunesを使用します。

iPhoneを初期化してみる

iPhoneを初期化することで、システムの不具合をリセットし元の通り使えるようになる場合があります。iPhoneを初期化する方法は次の通りです。設定アイコンを開き、一般を選択します。一般を選択した後にリセットを選択します。リセットの画面が表示されたら「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し、パスコードを入力します。

「すべてのメディアとデータを消去し、すべての設定をリセットします」という表示がありますので、「iPhoneを消去」をタップします。iPhoneを初期化した場合、iPhone内のデータなどが消去されてしまいますので、事前にバックアップを取っておくようにしてください。システムの不具合などが改善される場合がありますが、データが消去されますので、最終手段にしましょう。

Appleサポートへ連絡する

どの方法を試してもiPhoneの調子が悪い場合は、Applesサポートへ連絡しましょう。iPhoneの状況を伝えると、対応策を教えてくれます。修理が必要な場合は、Appleへの郵送か最寄りのAppleStoreへ持っていかなければいけません。持って行く必要がある場合などは、事前にiPhoneの保証内容と保証期間を確認しておきましょう。

Appleの公式ホームページ内にある「保証状況とサービス期間を確認する」のページでiPhoneのシリアル番号を入力すればすぐに確認することができます。iPhoneのシリアル番号を確認する場合は、設定アイコンを開き、一般を選択します。

情報を選択するとiPhoneのさまざまな情報が一覧となって表示されています。その中にシリアル番号がありますので、確認します。iPhoneの電源が入らないような状況であれば、iPhone本体の背面でもシリアル番号を確認することができます。iPhoneの背面にIMEIで始まる番号が記載されていますので、その番号がシリアル番号です。

まとめ

今回は、iPhoneの不具合の簡易リセット方法について紹介いたしました。iPhoneを使っていて動作が重い場合や、iPhone自体に異常を感じたり、動かなくなったりした場合は、紹介した方法でリセットなどをおこなうようにしましょう。

特別難しい操作が必要なものはありませんので、すぐに状況が改善される場合があります。特に新しくiPhoneを使い始めたばかりの方は、iPhoneにシステム上の不具合などが生じた場合は焦らずにこれらの方法を試してみるようにしてみましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です