iPhoneの保証を有効活用しよう!保証の内容と有効期限

LINEで送る
Pocket

iPhone

今回は、iPhoneの保証の内容と有効期限について紹介いたします。どんなにiPhoneが便利になっても、電子機器でもあるので故障することがあります。また、不意にiPhoneを落としてしまって画面を割ってしまうこともあります。

そういった際に修理が必要となりますが、iPhoneの保証に入ってるかどうかなどによって修理料金も変わってきます。しっかりと保証内容や保証期間を確認したうえで、修理やサポートを受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

iPhoneの保証内容について

それぞれの保証内容について紹介していきます。

iPhoneの標準保証

全てのiPhoneには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついています。●水漏れによる故障は保証対象外です。●電池容量低下対応は無償となります。

AppleCare+for iPhoneの保証内容と有効期限

AppleCare+for iPhoneに加入すると、保証とサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されます。さらに、過失や事故による損傷に対する修理やサービスを、安価なサービス料で最大2回まで受けることができます。

AppleCare+for iPhoneでは、Appleの専任スペシャリストによる修理サービスとサポートを受けることができます。

AppleCare+for iPhoneによるハードウェア製品保証

AppleCare+for iPhoneに加入すると、修理・交換サービスをAppleの認定技術者から受けることができます。「iPhone本体」「バッテリー」「付属のイヤフォンとアクセサリ」「過失や事故による損傷に対する修理などのサービス」(最大2回)。

「画面の修理料金」
AppleCare+for iPhoneに加入している場合と未加入の場合の各iPhoneの画面の修理料金は次の通りです。

iPhone6sPlus(加入:11800円、未加入:16800円)、iPhone6s(加入:11800円、未加入14800円)、iPhone6Plus(加入:7800円、未加入:14800円)、

iPhone6(加入:7800円、未加入12800円)、iPhoneSE・iPhone5s・iPhone5c(加入:7800円、未加入14800円)、iPhone5(加入:4400円、未加入14800円)

「バッテリーの修理料金」
iPhoneのバッテリーと電源の修理料金に関しても、AppleCare+for iPhoneに加入している場合と未加入の場合とでは異なります。

iPhoneが製品保証期間内の場合や、AppleCare+for iPhoneに加入している場合は、バッテリーの蓄電容量が本来の80%未満に劣化した時点で無償交換することができます。

バッテリー交換に関しては、AppleCare+for iPhoneに加入している場合は0円、未加入の場合は9400円かかります。

「iPhoneの修理料金」
iPhoneの修理料金に関しては、診断結果によって異なります。iPhoneが製品保証期間内の場合や、AppleCare+for iPhoneに加入している場合は、過失や事故による損傷以外の修理は無料です。

修理料金は、AppleCare+for iPhoneに加入している場合と未加入の場合、また、各iPhoneの機種により異なります。

iPhone6sPlus(加入:11800円、未加入:38800円)、iPhone6s(加入:11800円、未加入34800円)、iPhone6Plus(加入:7800円、未加入:38800円)、

iPhone6(加入:7800円、未加入34800円)、iPhoneSE・iPhone5s・iPhone5c(加入:7800円、未加入31800円)、iPhone5(加入:4400円、未加入31800円)

「エクスプレス交換サービス」
AppleCare+for iPhoneは、エクスプレス交換サービスも無料で利用できます。エクスプレス交換サービスは、iPhoneの修理が必要な際に、AppleにiPhoneを送っても、交換機が届くことです。

指定の配送業者がiPhoneの交換機をすぐに届けてくれます。届けてくれたiPhoneと引き換えに修理が必要なiPhoneを配達員に渡します。数日かかる修理サービス中は、交換機を利用することができます。

AppleCare+for iPhoneによるソフトウェアのサポート

AppleCare+for iPhoneでは、Appleの専任スペシャリストがiPhone、iOS、iCloud、Apple純正アプリケーションに関する問題の解決をサポートしてくれます。

「iOSとiCloudの基本操作」「FaceTime、メール、カレンダーなどのApple純正iPhoneアプリケーションに関する質問」「ワイヤレスネットワークへの接続」

iPhoneの保証期間があとどれくらい残っているかを調べる方法

iPhoneの残りの保証期間を知るためには、iPhoneのシリアル番号が必要です。そのため、まずは自身のiPhoneのシリアル番号を調べます。シリアル番号の知り方は、ホーム画面で設定アプリを開きます。

次に一般を選択します。そして、情報を選択し、次の画面でシリアル番号を確認します。そして、シリアル番号をメモするか、コピーします。シリアル番号を把握したら、次にAppleの公式サイトへアクセスします。

「保証状況とサービス期間を確認する」というページを開きます。ページを開くと「ハードウェアのシリアル番号を入力してください」という欄がありますので、そこにiPhoneのシリアル番号を入力します。

そして、暗号コードを入力し、「続ける」をクリックするとiPhoneの残りの保証期間が分かります。

iPhoneを修理に出す場合

Appleへの配送修理

オンラインまたは、電話で配送修理を依頼することができます。依頼をすると指定の配送業者がすぐに修理が必要なiPhoneを集荷に来てくれます。集荷に来た配送員にiPhoneを渡すと大体1週間ほどで修理済みのiPhoneが送られてきます。

Appleへの持ち込み修理

近くにあるAppleStoreやApple正規サービスプロバイダに予約したうえで、修理の必要なiPhoneを直接持ち込みます。しかし、故障状況や修理内容によっては、店頭ですぐに修理が終わらない場合もあり、Appleのリペアセンターに送っての修理になる可能性もあります。

その場合は修理が完了するまでに大体1周間程度かかります。

iPhone専門の修理店へ持ち込み修理

iPhone専門の修理店がありますので、そちらへ持って行きます。iPhoneの画面が割れた場合の画面交換は、機種によっても異なりますが、1万〜1万5千円程度になります。修理店にもよりますが、即日で修理してくれるところもあれば、数日かかる場合もあります。

ただ、Appleストアより、安く、早く対応してくれる場合も多いです。

まとめ

今回、iPhoneの保証内容に関して紹介いたしました。iPhoneの画面が割れた場合もiPhoneが故障した場合も、保証期間内や、AppleCare+for iPhoneに加入しておくことで、サービス料金を大きく抑えることができます。

絶対に壊さない自信がある人も、iPhone自体に寿命もあったりしますし、ふとした扱いで壊れたりしますので、極力AppleCare+for iPhoneにも加入するようにしておきましょう。多少は安心して使えるようになります。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です