iPhoneの保護フィルムと強化ガラスの違い

LINEで送る
Pocket

iPhone

今回は、iPhoneの保護フィルムと強化ガラスの違いについて紹介いたします。iPhoneの表面ガラスを割ったことがある人もない人も、割ってしまうと多額の修理代がかかることから、傷防止も含めて保護フィルムや強化ガラスを装着します。

お店などには多くの種類の保護フィルムと強化ガラスが販売されていますが、一体何が違うのでしょうか?それぞれの違いと、おすすめの保護フィルム・強化ガラスを紹介していますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

保護フィルムと強化ガラスの違い

素材の違い

保護フィルムと強化ガラスでは素材が異なります。保護フィルムは自動販売機やコンビニで買うペットボトルと同じPET素材を使っています。PET素材は柔らかく耐久性も高いのが特徴です。フィルムの表面は肌触りがサラサラで指の滑りも良いものが多いです。

一方で、強化ガラスはその名の通り頑丈なガラス素材が使われています。ガラスなのでサラサラというよりは、ツルツルしており指の滑りは滑らかとはいえません。しかしガラスでできているため固く丈夫で対衝撃性に優れたものになります。

厚みの違い

保護フィルムは非常に薄く、貼っていない部分と貼っている部分とでの段差もほとんどありませんし、貼っていることすらよく見ないと分かりません。一方、強化ガラスは厚みがあります。パッと見で厚みがあることが分かるほどです。

厚みのない保護フィルムはiPhoneケースと干渉しないためケースと併用することができます。保護フィルムがiPhoneケースにひっかかって剥がれることもありません。厚みのある強化ガラスはiPhoneケースと干渉してしまうため、ケースとの併用は難しい場合が多いです。

タッチの感度の違い

保護フィルムは、サラサラしている指触りの良いものを使うと指も滑らかに動かせますし、フィルムが薄い分、iPhoneのタッチ感度も悪くありません。フィルムを貼っていない状態とほぼ変わらない操作ができます。

強化ガラスの場合は、保護フィルムに比べると何倍もの厚みがあるため、タッチ感度は落ちてしまいます。そのため思い通りに動かない場合や指の操作に遅れて反応する場合があります。

貼りやすさの違い

保護フィルムは柔らかいため貼りやすいのですが、iPhoneの画面に貼る際に、相当キレイに貼っていかないと、気泡が入ってしまいます。気泡が入ってしまうと、操作性も落ちてしまいますし、見た目も悪くなってしまいます。

強化ガラスは、固くて真っ直ぐな素材のため、よほどでない限りは気泡が入ることはありません。誰でも簡単に貼ることができ、気泡が入りにくいため、操作に支障がでることもありません。

値段の違い

どちらも素材やグレードによって価格は異なりますが、保護フィルムは1,000円〜2,000円程度で販売されているものが多く、少ない予算でiPhoneを守ることができます。

強化ガラスは、2,000円〜10,000円程度まで幅広く、強度が強いこともあり一般的に高いものが多いです。

おすすめのiPhone保護フィルムと強化ガラス

マックスむらいのアンチグレアフィルム 煌き

保護フィルムで人気のマックスむらいのアンチグレアフィルム煌きシリーズの新作です。前作に比べ、衝撃吸収力が高くなっている今作。アンチグレアフィルムにフッ素加工を施し、抜群の指触りの滑らかさを実現しています。

さらに画面全面保護となっているため、万が一の際も安心です。価格は税込1,780円でiPhone6s/iPhone6に対応しています。

パワーサポート アンチグレアフィルム

外で使用するときの太陽光や室内での蛍光灯などの光の映り込みを軽減してくれる液晶保護フィルムです。光の映り込みを軽減することで、さらにiPhoneを使いやすいスマートフォンへと変えてくれます。

ハードコートが施されているため、傷もつきにくくサラサラしています。価格は税込1,680円でiPhone6s/iPhone6に対応しています。

iDress 衝撃吸収フィルム

衝撃吸収フィルムに覗き見防止機能を合わせたフィルムです。高き衝撃吸収機能でiPhoneを守りながら、覗き見防止機能もついているため、電車やバスなど人の多いエリアでのiPhoneの使用も安心です。

価格は税込1,836円でiPhone6s/iPhone6に対応しています。

PETフレーム 強化ガラス

国内初のフレーム部分にPET樹脂素材を採用し、強化ガラスの弱点でもあった端欠けしない強化ガラスです。今までは強化ガラスを買って使ってても端の部分が接触すると、ガラスが欠けてしまい使いものにならなくなることがありました。

しかし、このPETフレーム 強化ガラスであれば、端欠けも防ぎ、高い強度を保ったまま使い続けることができます。また、高透過率なので、画面が見えにくくなったり、曇ったりすることもありません。

価格も税込1,980円と安価な点もおすすめ理由です。ガラスの厚さ0.21mm、PET樹脂部分の厚さ0.25mmでiPhone6s/iPhone6に対応しています。

クリスタルアーマー フルフラットアンチグレア強化ガラス

厚み0.25mmのガラスを使っておりiPhoneの画面全体を保護するフルフラット構造を採用しているため、ガラスの端まで保護する形状となっています。アンチグレア加工を施しているため長時間使用していてもサラサラとした手触りの強化ガラスです。

また、ラウンドエッジ加工により、手に持った際のガラスの引っ掛かりがなく、使いやすい仕上がりとなっています。価格は税込3,480円でiPhone6s/iPhone6に対応しています。

クリスタルアーマー アンチグレアブルーライトカット

クリスタルアーマーのアンチグレア機能に加えブルーライトカット性能がついた目に優しい強化ガラスです。厚さ0.25mmの強化ガラスに加工することで半永久的なアンチグレア効果を持っています。

さらにブルーライトカット性能を加えることで、目への負担を軽減します。価格は税込4,320円でiPhone6s/iPhone6に対応しています。

Super Thin 最薄強化ガラスフィルム

なんと強化ガラスでありながら、厚さ0.1mmを実現。HOYA社製のガラスを採用しており、薄いため段差がなく違和感なく使うことができます。

0.1mmという薄さに関わらず、硬度は最高クラスのガラスフィルムとなっています。薄くて頑丈という嬉しい1枚になります。価格は税込3,500円でiPhone6s/iPhone6に対応しています。

GRAMAS 360度覗き見防止強化ガラス

上下左右からの覗き見を防止し、完全にプライバシーを守ります。正面以外からは真っ黒に見えるため、人の多いエリアで操作していても覗き見される心配がありません。

また、ガラス素材は厚さ0.33mmを使用しており、反りや歪みを抑えた安定した品質です。価格は税込4,000円でiPhone6s/iPhone6に対応しています。

まとめ

今回、iPhoneの保護フィルムと強化ガラスの違いとおすすめの保護フィルムと強化ガラスを紹介いたしました。それぞれにメリット・デメリットありますので、自分に合う方を使うようにしましょう。

iPhoneを落として確実に割れない訳ではありませんが、付けていることで割れを防げることもあります。iPhone画面が心配な方は使ってみましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です