Home / iPhone / iPhoneでハイレゾ音楽を聴くおすすめ機器4種とアプリ3選

iPhoneでハイレゾ音楽を聴くおすすめ機器4種とアプリ3選

Pocket

bodybuilder-925770_640

ハイレゾ音楽とは、これまでの音楽用CDでは記録できなかった音質(音の太さ、繊細さ、奥行き、表現力等)を記録した音楽データのことです。

ライブ会場の空気感も含めた臨場感ある音楽が記録されており、データ量は音楽用CDの約6.5倍もあるといわれています。

ただし、iPhone単体ではハイレゾ音楽を再生して聴くことはできません。iPhoneでハイレゾ音楽を楽しむためには、ハイレゾ音楽用の音源データを入手し、ハイレゾ対応の再生アプリを使います。さらに、ハイレゾ対応のアンプを用意し、ハイレゾ対応のヘッドフォンやイヤホンを用意しなければなりません。

本稿では、iPhoneで気軽にハイレゾ音楽を聴くために用意しなければならないものを紹介していきましょう。

iPhoneでハイレゾ音楽を聴く手順

cat-2624727_1280
iPhoneでハイレゾ音楽を楽しむには次のものを用意しなければなりません。順を追って紹介していきましょう。

ハイレゾ音源を入手

まずは、音楽データそのものを入手する必要があります。iTunes Storeでは残念ながらまだハイレゾ音楽は提供されていません。

ハイレゾ音源は、インターネット上の配信サイトで購入します。現在、ハイレゾ音源を提供している配信サイトは次の7社があります。

ハイレゾ音源ファイルの形式は、コンパクトさと情報量の多さを両立できるFLAC形式が代表的です。

(1)「mora」
(2)「e-onkyo music」
(3)「OTOTOY」
(4)「groovers」
(5)「mysound」
(6)「レコチョク」
(7)「GIGA MUSIC」

iPhoneでハイレゾ音源を入手する際に注意しなければいけないことは、楽曲データのファイルサイズです。

CDアルバムの曲に比べ、約3〜6倍、iTunes StoreのAACフォーマットの曲と比べると約15倍〜35倍のデータ量となりますので、まとめてダウンロードする際は利用する回線速度に注意してください。

iPhoneのモバイルデータ通信を利用する場合で回線容量が少ない利用契約をしていると、データ量制限をオーバーしてしまう危険性があります。

ハイレゾ再生の専用アプリをダウンロード

ハイレゾ音楽のFLACフォーマットの音楽は、iPhoneの「ミュージック」アプリでは視聴することはできません。iTunesStoreでハイレゾ音楽再生の専用アプリを入手してください。

無料のハイレゾ再生アプリもありますので、初めての方は試してみると良いでしょう。定番とも言えるアプリは後ほど紹介します。

ハイレゾ対応DAC搭載ヘッドフォンアンプの接続

この製品は、ヘッドフォン内部にDAC搭載ポタアン(ポータブルヘッドフォンアンプ)を内蔵したものです。

のちに紹介するポタアンを使うことなく、iPhoneとヘッドフォンをLightningケーブル一本で直結し、ハイレゾ音楽を楽しむことができます。

ハイレゾ対応イヤフォン・ヘッドフォンの準備

ハイレゾ音楽の特徴である伸びやかな高音域、重厚な低音域、臨場感あふれる音質を得るためには、イヤホン、ヘッドフォンであってもハイレゾ対応と謳った製品を用意しましょう。

低価格なものは5000円以下から販売されていますが、せっかくのハイレゾ音楽は店頭で視聴し良い音質と感じる製品を購入してください。

DAC搭載ヘッドフォンアンプの種類とおすすめ商品

headphones-1599626_1280

DACとは、Digital Analog Converterの略です。

デジタル信号をアナログに変換し、さらにそのアナログ信号を音に変換して増幅する機能を持った装置のことを意味します。DAC搭載のヘッドフォンアンプがあれば、物理的には、iPhoneでハイレゾ音源を視聴することができるようになります。

iPhoneに接続するヘッドフォンアンプは、ポタアンと称します。

ポタアンとは、ポータブルヘッドフォンアンプの略で、大きく4つのタイプが存在しています。ポタアンは、iPhoneに接続して持ち運びができ、どこでもハイレゾ音楽を聴くことができるようにするものです。

iPhoneとの接続は、本体からLightningケーブルでDAC搭載ポタアンに接続し、ポタアンにイヤフォン/ヘッドフォンを接続します。それでは、各ポタアンの特徴とオススメ商品を紹介していきます。

①リモコンクリップポタアン

スマホでハイレゾ音楽を聴くために開発された超小型のポタアンです。DACも内蔵され選曲、音量調整などの音楽再生に必要なボタンが備え付けられています。

iPhoneとはLightningケーブルで直結し、ハイレゾ対応イヤホンやヘッドフォンを接続すれば、これだけでハイレゾ音楽を楽しむことができます。

おすすめの商品としては、ロジテック社のLightningオーディオアダプタ「LHP-AHR192シリーズ」が挙げられます。

②スタンダードポタアン

スタンダードといわれる如く、サイズとしてはiPhoneを2枚重ねした程度の大きさです。少し厚めのモバイルバッテリーをイメージしたサイズ感となってます。

リモコングリップタイプに比べ音質や機能も充実した製品が多く、標準的で最も使われているサイズで音質も性能も満足のいく製品です。

おすすめの商品としては、SONY社の「SONY PHA-2A」や、ティアック社の「DAC搭載ポータブルヘッドホンアンプ HA-P50SE-B」等たくさんの製品があります。

③スマートポタアン

スマートポタアンは、サイズ的にいうと、スタンダードよりは小さく、概ねスマートフォンと同程度の大きさのものを表します。どちらかというと、スタンダードポタアンに準じますが、小型軽量化し今後の発展が期待できるタイプであると言えましょう。

今後は、ポタアンは小型化され、軽くて持ち運びが楽なこのスマートポタアンがスタンダードポタアンに変わっていくことが予想されます。

おすすめの商品としては、OPPO社の「HA-2 Cherry Red 【OPP-HA2-CR】【DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ】」があります。

④ヘヴィ級ポタアン

ポータブルアンプなのにヘヴィ級とは、言葉としては矛盾しますが、iPhoneでも家にいながら高音質のハイレゾ音楽を楽しむための据え置き型のポタアンです。

サイズも価格も性能もヘヴィ級(超弩級)なポータブルアンプで、最高級な音質を求めたプリメインアンプといえます。

おすすめの商品としては、性能も価格も超弩級、真空管が内蔵されているポタアン、ALO audio社の「Continental Dual Mono」です。価格は20万円以上しますが、iPhoneと一緒に決して外へ持ち出せないサイズや重さではありません。

ハイレゾ音源再生のための専用アプリ3選

goripaku7943_tp_v-1

ここでは、iPhoneで利用可能なハイレゾ音源再生アプリのベスト3を紹介していきます。

どのアプリも機能・性能とも申し分ありません。ご利用の環境、利用者のプレビューなどを参考に選んでみてください。

①radius NePLAYER

最も定評のあるハイレゾ専用アプリと言えましょう。このアプリは、ハイレゾ配信サイトの「mora」と「e-onkyo music」からはアプリに直接ダウンロードすることができます。

また、提供元のラディウス社の外部ストレージにも保存することができます。この外部ストレージに音楽を保存しておけば、iPhoneの容量を気にすることなくハイレゾ音楽をたくさん持ち歩くことができます。

NePLAYERでは、ハイレゾ音楽を視覚的に楽しめて、楽曲本来のサンプリングレートと使用しているDACへ出力されるサンプリングレートの両方をビジュアライザーに表示させて楽しむことも可能です。

ラディウス社のNePLAYER紹介サイト
iTunesのプレビュー

また、NePLAYERには無料のLite版があります。Lite版ではハイレゾ音源は再生できませんが、ラディウス社のNePLAYER 対応のイヤホンやヘッドフォン製品をお持ちの場合はLite版でもハイレゾ音源を試聴することができます。

②KORG iAudioGate for iPhone

定評のある2つ目のハイレゾ再生アプリは、元々楽器メーカーであるKORG社が提供している「iAudioGate」です。

iAudioGateは、ハイレゾ音源のFLAC形式だけでなく、MP3、AAC、WAVなどの既存の音楽フォーマットにも対応しているので、フォーマットを気にすることなく日常的に利用できる音楽再生アプリとして便利です。特徴としては、iOSらしい定評のあるUIデザインが挙げられます。

ハイレゾ再生アプリにおいて悩みの種である楽曲の転送機能としては、iTunes、iCloud Drive、Dropbox、Google Drive経由だけでなく、MacユーザーにはありがたいAirDropを使った楽曲転送が可能となっています。

KORG社のiAudioGate紹介サイト
iTunesプレビュー

③ONKYO HF PLAYER

オーディオメーカーであるオンキョーが提供しているハイレゾ音楽再生アプリです。

「ONKYO HF PLAYER」は、MP3やAACなどの標準フォーマットの楽曲を再生する無料(2017/12/02現在)のアプリです。これに「HDプレイヤーパック(有料:¥1,200円)」をアドオンすることにより、FLACやDSDなどのハイレゾ音源を視聴することができます。

ONKYO HF PLAYERにもMacからAirDropを使った楽曲転送機能があります。

ONKYO HF PLAYERの紹介サイト
iTunesプレビュー

まとめ

yuka0i9a1561_4_tp_v-3

ハイレゾ音楽を視聴するための機器で、本格的なものはまだまだ高価です。しかしiPhoneをはじめとするスマホに接続できる機器、装置が登場し始めています。

iPhoneでは、iPhone7からイヤホン端子が非搭載になりました。その流れを受けて、Lightning端子に直接接続できるDAC内蔵のヘッドフォンやイヤフォンが増えています。

将来的には、Apple純正のDAC搭載Lightningイヤホンが登場する日も近いかもしれません。そうなれば、iTunes Storeでもハイレゾ音楽を販売していくことが期待できます。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

e02e53e7660e6cb8eed98ec319b7e628_s

これであなたもバイリンガル!本当に使える無料英会話アプリ12選!

英会話を勉強しようと思ったこと …

Facebookでのご購読が便利です