iPhoneの文字入力で半角カナで入力する方法

LINEで送る
Pocket

iPhone

今回は、iPhoneの文字入力で半角カナで入力する方法について紹介いたします。通常通りiPhoneやiPadを使っていると半角カタカナが入力できないことに気付きます。

今まではコピー&ペーストや1文字ずつ他で変換をしていましたが、今回紹介する方法を取り入れれば連続した半角カタカナの文章を簡単に入力することができるようになります。

さらに、キーボードでよりスムーズに文字入力するための方法なども記していますので、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneの文字入力で半角カナで入力する方法

iPhoneで半角カタカナを入力する方法

半角カタカナの文言などを入力したい場合、iPhoneのキーボードで入力することはできません。

入力する場合は、他のWEBサイトや文章などからコピー&ペーストで引っ張ってくるか、最初からiPhoneの辞書に入力しそうな半角カタカナの文章を登録しておくか、半角カタカナ専用のキーボードアプリを使って入力するかのいずれかの方法しかありません。

特におすすめなのは専用のキーボードアプリを使うことです。一番楽で簡単に入力できるようになります。

半角カタカナキーボードアプリを使うことで入力できるようになる

半角カタカナキーボードアプリは、半角カタカナをいつでも入力できるようにするキーボードアプリです。このキーボードアプリを使えばiPhoneで簡単に半角カタカナを入力することができるようになります。

このアプリを使うようにするには、まずダウンロードし、iPhoneのキーボードに追加しないといけません。iPhoneのキーボードへの追加方法は、iPhoneのホーム画面で設定アプリを開きます。次に一般を選択し、キーボードを選択します。

そして次の画面でもキーボードを選択します。次に表示されるキーボード画面で、新しいキーボードを追加を選択し、半角カタカナを選択します。これで半角カタカナのキーボード追加が完了です。

文章を入力する際に、地球儀マークをタップするか長押ししてキーボードを切り替えて半角カタカナを入力することができます。

快適に文字入力するための設定方法や入力方法

不要なキーボードを外す

不要なキーボードの設定を外すことで文字入力がよりスムーズにできるようになります。iPhoneには機種に関係なく【日本語ローマ字】【日本語かな】【英語】【絵文字】の4種類のキーボードが用意されています。

しかし、使わないキーボードが多いと毎回キーボードの種類を切り替えるのだけで面倒に感じてしまいます。そのため、不要なキーボードを使わないようにすることで、より快適に日本語入力をすることができます。

まず、多くの人が使う日本語のキーボードは【日本語ローマ字】と【日本語かな】の2種類です。【日本語ローマ字】はパソコンと同様の入力方法です。【日本語かな】はテンキー式の入力方法になります。

どちらを使うか決めたら、使わない方を設定で削除するようにします。同様に【英語】や【絵文字】のキーボードも使わないものがあれば削除しましょう。

設定方法に関しては、ホーム画面の設定アイコンを開き、一般をタップします。次の画面でキーボードをタップします。キーボードの画面では、【日本語かな】【日本語ローマ字】【英語】【絵文字】とキーボードの一覧が表示されています。

削除したいキーボードは、右上の編集をタップし削除します。極力数を絞ってシンプルにしましょう。

簡単にアルファベットの大文字入力をできるようにする

アルファベットを大文字入力する際は、キーボードの上矢印マークをタップすると大文字入力ができるようになります。

しかし、1文字入力するとまた小文字設定に戻ってしまい、連続して大文字入力をしたい場合は、都度、上矢印マークをタップしてから文字入力をしていかなければなりません。

上矢印マークを2回連続してタップすることにより、大文字入力を固定することができます。この方法を使うことにより、連続した大文字入力をしていくことができます。

さらに、設定自体を最初から大文字に変えたい場合は、ホーム画面の設定アイコンを開き、一般を選択し、キーボードをタップします。CapsLockの使用をONにすると最初から大文字入力設定に変更することができます。

フリック入力のみにする

フリック入力はタップしながら文字入力するのではなく、ボタンをフリックした方向の文字が入力されるため、高速入力をすることができます。

iPhoneでは、日本語入力をフリック入力のみに絞ることもできます。フリック入力のみに絞ることで、タップが無効になり、連続した文字を素早く入力していくことができます。

フリック入力のみにするための設定方法は、ホーム画面の設定アイコンを開き、一般をタップします。次の画面でキーボードをタップすると、キーボードの種類が表示された画面になります。

そこで、【日本語かな】をタップします。次の画面で【フリックのみ】をONにすると、フリック入力のみの設定になります。

読めない漢字を入力できるようにする

文章を入力していると読み方が分からず、文字を表示しきれない漢字がでてきます。そんな時は、【中国語-繁体字 手書き】キーボードを追加することで、パソコンのような手書き入力が行えるようになります。

【中国語-繁体字 手書き】のキーボードを追加する設定方法は、ホーム画面で設定アイコンを開きます。一般をタップし、キーボードを選択します。

次に新しいキーボードを追加を選択し、【中国語-繁体字 手書き】をタップします。これで、文字入力の際に分からない漢字が出てきた時に、キーボード上の地球マークをタップすることで、キーボードが手書き入力画面に切り替わります。

これでスムーズに漢字を調べることができるようになります。

勝手に変換されないように設定する

iPhoneでは、英語で商品名などを入力すると自動で別の英単語に置き換わる場合や、1文字目が自動的に大文字に変わる場合があります。

こうなる原因は、英語のキーボードで文字入力する場合の入力補助機能によるものです。入力補助機能とは、入力し始めた文字から単語を予測し、その単語に置き換えることです。

日本語入力の際は、機能をOFFにしておくことでよりスムーズに文字入力していくことができます。設定方法は、ホーム画面の設定アイコンを開き、一般をタップし、キーボードを選択します。

キーボードの画面で自動修正をOFFにすれば設定完了です。さらに自動大文字入力をOFFにすれば、大文字に変わる機能も停止することができます。

ユーザー辞書を使う

ユーザー辞書設定を活用することで、文字入力がスムーズに進みます。いつも入力する挨拶文や単語などがある場合は、文字入力の際にすぐに入力することができます。

ユーザー辞書への設定方法は、ホーム画面で設定アイコンを開き、一般をタップします。そしてキーボードを開き、ユーザー辞書の新規単語を追加をタップします。

単語欄に定型文を入力し、よみ欄に定型文に変換する語句を入力します。完成したら右上の保存をタップします。

登録した定型文を削除したい場合は、同じくキーボードの画面で、編集をタップし、削除したいものをタップします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回紹介したキーボードアプリを使えば簡単に半角カタカナを入力できるようになります。また、紹介した入力方法などを用いれば普段の文字入力がよりスムーズになるかもしれません。ぜひ、活用ください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です