Home / iPhone / iPhoneの待ち受け/ロック画面の背景画像を完璧に設定する方法

iPhoneの待ち受け/ロック画面の背景画像を完璧に設定する方法

Pocket

iPhoneといえば、さまざまなカバーや付属パーツで自分好みのオシャレなiPhoneにされている方も多いはず。もちろん、それは待ち受け画像なども例外ではないかと思います。壁紙を無料で配布しているサービスを利用したり、自分で撮影した写真を壁紙にしていることでしょう。しかし、ここで問題が出てくる場合があります。

せっかくお気に入りの画像を見つけても、サイズがうまく合わないなどと言った問題が出てくることはないでしょうか?今回はそんな方達のために、待ち受け画面/ロック画面の壁紙を完璧に設定する方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

待ち受け画面/ロック画面の壁紙を完璧に設定する方法

mobile-phone-1647387_1280

最新のiOSに変更してから、壁紙の画像が拡大されて表示されてしまい、元々設定していた壁紙が使えなくなったという方も多いのではないでしょうか?壁紙の表示が変更されてしまう理由、それは新しく追加された機能「Parallax Effect(視差効果)」が搭載されたからです。この機能、iPhoneの傾き方により後ろの背景が動くことによって、画面に奥行きを感じられるようになっています。

この「Parallax Effect(視差効果)」によって、画像が動くために画像の表示がおかしくなってしまっていたのです。それではまず、基本的な壁紙の設定方法を説明する前に、「Parallax Effect(視差効果)」についてご説明したいと思います。

必要?無駄?「Parallax Effect(視差効果)」の効果

この「Parallax Effect(視差効果)」ですが、iOS7から新たに追加された機能となっています。この「Parallax Effect(視差効果)」、いったいどんな効果があるのかというと、iOS7からの新しいフラットデザインの採用により、iPhoneの画面を斜めにしてもアイコンや画面が見やすくなるように、画面が動き傾いたように見せてくれる機能です。

しかし、この「Parallax Effect(視差効果)」にもデメリットがあります。まず、常に手に持って使用するiPhoneだけに、常に画面がユラユラ動いているような状態になり返って見にくくなってしまう場合もあります。他にも、この「Parallax Effect(視差効果)」はiPhoneに備わっている傾きなどの動きを感知する「ジャイロ機能」を使用しています。

この「ジャイロ機能」を使用するということは、常に画面の傾きを計算しそれにあった画面の傾きを表現しています。つまり、この「Parallax Effect(視差効果)」をオンにしていると、常に電池を消費しているためにバッテリーの減りが早くなってしまうのです。それでは、基本的な待ち受け画面/ロック画面の設定方法のご説明をしたいと思います。

待ち受け画面/ロック画面の設定方法

iphone-410324_1280

それではまず、iPhoneのホーム画面から「設定」アプリをタップして開きます。「設定」アプリが開いたら、項目から「壁紙」を選択してタップします。次に、ホームとロック画面に設定したい画像を選択しましょう。プリインストールされている壁紙じゃないのにしたい場合、「カメラロール」を選択し自分の設定したい画像を選びます。

プリインストールされている壁紙の種類に、「静止画」と「ダイナミック」の2種類があります。「静止画」の方は読んだ字のごとく写真や画像などです。「ダイナミック」の方は、動く壁紙を選択することができます。好きな壁紙を選択したら、その壁紙を「ホーム画面」にするか「ロック画面」にするか設定します。ホームとロック画面を統一したい場合は「両方に設定」を選択すれば大丈夫です。

iOS7.1からの機能で、壁紙を設定するときに表示されている壁紙に「Parallax Effect(視差効果)」をオン/オフにするかの設定ができるようになりました。他にもプレビュー画面からもオン/オフの選択ができるようになっています。選択できたら、ホーム画面とロック画面が変更されているか確認し、変更されていれば壁紙の設定完了です。

壁紙の適正サイズ

iPhoneの壁紙には、適正なサイズがあります。もし、自分でオリジナルの壁紙を作る場合などは、こちらを参考に作成してみてください。

  • iPhone4:960×640
  • iPhone5 :1136×640
  • iPhone6/iPhone6S:1334×750
  • iPhone6 plus/iPhone6S plus:2208×1242

Parallax Effect(視差効果)をONの場合の適正サイズ

Parallax Effect(視差効果)に対応させるならこちらのサイズです。こちらは、4Sから対応となっているので4Sからの適正サイズになります。

  • iPhone4S:1360×1040
  • iPhone5:1536×1040
  • iPhone6/iPhone6S:1590×890
  • iPhone6 plus/iPhone6S plus:2592×1438 画面横向き時:2592×2592

 
iPhone6 plus/iPhone6S plusの場合、ランドスケープモード(横向き時)にUIが変わります。これに対応させるためには、一辺が2592の正方形の壁紙にしておかなければなりません。横向きで使用することがなく、縦画面でしか使用しないのであれば通常のサイズで作っても問題はありません。

iPhoneのParallax Effect(視差効果)をオン/オフ切り替える方法

smartphone-623722_1280

それでは、問題の「Parallax Effect(視差効果)」のオン/オフの切り替え方法をご説明したいと思います。こちらはiPhone全体のオン/オフとなっています。対象は「アイコン」と「壁紙」です。先ほど上記に書いたのは「壁紙」だけのオン/オフなのでその点に注意してください。切り替え方法は、iPhone・iPadともに同じ方法です。まずは、ホーム画面にある「設定」アプリを開きましょう。項目の中から、「一般」を選択しタップします。

開いたら、「アクセシビリティ」を選択しタップします。その項目の中に、「視差効果を減らす」というのがあるのでタップして開きましょう。タップして開くと、オン/オフを切り替えられる画面に変わりますので、そこで「視差効果を減らす」をオンにします。この機能をオンにした後、再び壁紙を設定すればサイズが変更されていない壁紙を使用することができます。もし、これで「視差効果」が完全に無くならなかったら、iPhoneを再起動するかiOSのバージョンを最新版にアップデートなどしてみてください。

「Parallax Effect(視差効果)」が合う壁紙

せっかく新しく追加された「Parallax Effect(視差効果)」、どうせならこの機能を使って更にホーム画面をオシャレにする方法はないのか?その方法あります。この機能を有効利用すれば、更にホーム画面をオシャレに見せることも可能なのです。この「Parallax Effect(視差効果)」、通常の壁紙や人物写真などでは邪魔になってしまいオフの方がいいですが、広い空間を写した写真(街の風景、自然の景色、夜空)などの場合は動いた方がよりカッコよく壁紙を飾ることができます。

皆さんも、「Parallax Effect(視差効果)」のオン/オフを上手く有効活用してみてください。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

000d4a98740df9a3d10895f73f73a1b7_s

iPhoneのアプリを削除する3つの方法と削除できない場合の対処方法

皆さん、不要になったアプリをそ …

Facebookでのご購読が便利です