iPhoneのガラス修理の方法と注意点、料金

LINEで送る
Pocket

iPhoneの機能は日々多様なものになっており、誰かとの連絡はもちろん、スケジュール管理や情報検索などでも外出時には手放せないものになっています。そんな常に近辺に置いておきたいiPhoneですが、常に身近にあるが故に「手が滑って落としてしまった」「うっかり踏んでしまった」などといったことがあるかと思います。

iPhone本体は精密機械としては丈夫な方なのですが、ディスプレイ面のガラス部分はちょっとした衝撃で割れてしまうことがあります。うっかり落としてガラスを割ってしまった、そんなときにどうすればいいのかiPhoneのガラス修理の方法と注意点、修理にかかる料金などをまとめてみました。

スポンサーリンク

iPhoneのガラス画面が割れたときの修理方法

iPhoneのディスプレイ面のガラスが割れてしまったときの修理方法にはいくつかありますが、その前に確認をするべきことがあります。iPhone契約時に特定のサービスに加入していれば修理にかかる金額が安くなったり、場合によっては無料になったりすることがあります。

また、iPhoneの状態によってはガラス画面の修理だけでは通常通りに戻らない場合があるため、現在の状態を確認することが大事です。急いで修理に出す前に確認すべき項目をチェックしておきましょう。

ガラス破損だけか破損の状態を確認する

iPhoneを地面に落としてしまったり、何かにぶつけて強い衝撃を与えてしまったことでガラス面が破損してしまった場合、まずiPhone本体に影響が無いかどうかをチェックする必要があります。

電源を入れて通常通り動くのであればガラス部分の交換だけで済む場合が多いですが、電源が入らない場合や本体が明らかに歪んでしまっている場合などはiPhone本体の交換になることが多いです。本体が動かないのにガラス部分だけを修理しても仕方がありませんので、まずは現状がどうなっているのかをしっかり確認しましょう。

Apple Care+に加入しているかどうか調べる

iPhoneには元々1年間の限定保証が付いていますが、Apple社の提供している「Apple Care+ for iPhone」というサービスに加入していればよりしっかりとした保証を2年間受けることができます。

デフォルトで付いている1年間の限定保証ではガラス破損などの表面的な損害や事故などの外的要因による破損は対象外になってしまいますが、「Apple Care+ for iPhone」に加入していればそれらを含めてさまざまな損傷・故障をかなり安価で修理・交換することができます。

Appleのサポートページでシリアルナンバーを入力すれば簡単に加入しているかどうか調べられるので、加入したかどうか定かではない場合はiPhoneの「設定」から「一般」、「情報」の項目でシリアルナンバーを調べ、加入しているかどうか確認してみましょう。

通信事業者によるサポートが受けられるかチェックする

開発元であるApple社が提供するサポート以外にも、契約している通信事業者が独自にサポートを提供しています。契約時にこれらのサポートに加入している場合、修理代金の割引や無料修理を受けることができる場合があります。それぞれ割引率や保証対象が違ってきますので、加入している場合でもしっかり内容を確認してみましょう。

NTTドコモ:「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」

NTTドコモは「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」というサポートを提供しています。このサービスでは「Apple Care+」とほぼ同等のサポートを受けることができ、外部破損や故障、水濡れや盗難・紛失などを対象に1年間に2回まで、7500円で利用することができます。

ただし、「Apple Care+」を利用した場合、そちらにかかった費用を減額するなどはありませんので両方のサポートに加入している場合はどちらを利用するべきか考える必要があります。

KDDI:「auスマートパス」の会員向けに、「修理代金サポート」プログラム

KDDIでは既存のサービス「auスマートパス」を利用している会員向けに「修理代金サポート」プログラムを提供しています。

「修理代金サポート」プログラムでは、AppleStoreやApple正規プロバイダーで修理などをした際、最大7800円までの返金をしてくれるというものです。「Apple Care+」を利用した場合は7800円までしかかかりませんので、全額返金してくれることになります。

修理後に書類の郵送が必要になるなどやや手間がかかりますが、「Apple Care+」との併用で全額補償してくれる貴重なサービスです。

ソフトバンク:「あんしん保証パックi」「あんしん保証パックiプラス」加入対象

ソフトバンクモバイルでは「あんしん保証パックi(現在新規受付終了)」「あんしん保証パックiプラス」のサポートを提供しています。

これらのサービスに加入している場合は故障や水濡れなどで支払った修理代金の80%以上を月々の利用料金から割引してくれます。また、修理ができないほどの故障や紛失・盗難があった場合でも会員価格で同一機種への交換が行えます。

機種ごとに割引上限などが細かく割り振られていますが、「Apple Care+」に加入していなくても修理代金の大部分を補填してくれるサービスです。

Apple Store直営店へ持ち込むiPhoneのガラス修理の方法

iPhoneのディスプレイ面のガラス修理の方法のひとつとして、「Apple Store直営店へ持ち込む」という方法があります。全国に8店舗しかないために直接持ち込みをすることができる方は限られてしまいますが、Apple社が配送費用を負担してくれる配送修理サービスもあるため、遠方の方も気兼ねなく利用することができます。

リペアセンターに送られる場合、1週間ほど時間が必要

直接の持ち込みや配送修理サービスによって故障したiPhoneがApple Storeに届いた際、店舗で修理できる程度の故障であれば最速で当日に修理が完了することもあります。しかし、内部破損などの深刻な故障で店舗での修理が不可能な場合はリペアセンターへ送られることになります。

その場合は1週間前後の時間がかかりますので、余裕を持って修理に出すことをお勧めします。

修理期間中は代替機を貸してもらえる

修理に出したiPhoneがリペアセンターに送られる場合などは時間がかかってしまいますが、その間は代替機を貸し出してくれます。「仕事で使うから長期間手元に無いのは困る」という方でも問題なく修理に出すことができます。

場合によっては、自己負担なしで修理することも

「Apple Care+」や各通信事業者の提供しているサポートを上手に使うことで自己負担なしでiPhoneを修理することができる場合があります。例えば「Apple Care+」とKDDIの「修理代金サポート」のふたつのサービスを併用すると修理代金を全て負担してくれることになります。

自分が加入しているサービスがどのようなサポートを提供しているのか、しっかりと調べておくことが大事です。

iCloudに同期してあるデータがあれば復元可能

ガラス修理だけで済んだ場合は問題ありませんが、本体が衝撃で歪んでしまっていたりサポートセンターが修理不可能と判断した場合はiPhone本体を交換することになります。その場合、修理に出したiPhoneに入っていたデータは保証されませんが、iCloudに同期してあるデータがあれば新しいiPhoneでもデータを復元することができます。

故障してしまった場合などを考え、常日頃からバックアップを取っておく習慣をつけておきましょう。

過失や事故による破損は Apple 製品1年限定保証 (製品保証) の対象外

iPhoneを購入するとデフォルトで1年間の製品保証が付いてきます。特別な手続き無しで保証を受けることができる便利なサポートですが、バッテリーの劣化や過失・事故による破損などは保証の対象外となってしまいます。

購入より1年以内の故障の場合で「Apple Care+」や通信事業者のサポートに加入していない場合はこちらを利用することになりますが、修理内容が保証の対象になるかどうか、しっかりと確認する必要があります。

AppleCare+ for iPhoneに加入している場合は、通常料金より安く修理可能

「Apple Care+」に加入している場合は、修理・交換を通常料金よりもかなり安く行うことが可能です。月々数百円の料金はかかりますが、一度修理・交換を行えば充分に元を取れる価格ですので万が一に備えて加入しておくことをお勧めします。

保証オプションでは修理代の何割かを負担してくれる

各通信事業者の提供する保証オプションに加入していると、修理・交換にかかった費用の何割かを負担してくれます。場合によっては10割負担してくれる場合もありますが、加入しているサービスや修理した機種によって保証金額の割合や上限が異なってくるため保証内容は事前に確認しておくといいでしょう。

窓口持ち込みの場合は、状況に応じて修理もしくは新品交換

Apple正規サービスプロバイダやGenius Barへ直接故障したiPhoneを持ち込む場合は、その場でiPhoneの故障状況を確認します。ガラス割れなどの簡単に修理できる破損であれば早ければ当日中に修理してもらうことができます。内部の部品故障であったり本体が変形していたりするような「修理不可能」と判断された故障の場合には新品と交換することになります。

宅配業者が交換用のiPhoneを持ってきたらその場で破損したiPhoneを渡す

Appleの配送修理サービスを利用し、新品と交換になる場合は宅配業者が交換用のiPhoneを持ってきてくれることになります。交換用のiPhoneを受け取りその場で破損したiPhoneを渡すことになるので、バックアップを取ることができる状態であれば宅配業者からiPhoneが届く前にしっかりと取っておきましょう。

内部異常がある場合は本体交換になるケースが多い

iPhoneの内部は精密機械でできているため、少しの部品故障などでも修理することができない場合が多々あります。ですので、リペアセンターなどでも修復することができず本体の交換になるケースが殆どです。どのサポートを利用してもiPhone内部に保存されているデータまでは保証してくれませんので万一に備えてのバックアップが大切になります。

Apple Care+ for iPhoneに加入の場合と未加入の場合の修理費用

「Apple Care+」に加入している場合と加入していない場合では修理にかかる費用が桁違いになります。月額数百円を惜しんで加入されていない方も多いようですが、一度修理をすることになれば充分に元を取れるほど大きな差が出てきます。

以下は機種別のガラス修理の金額一覧になりますが、加入時と未加入時でとても大きな差があることがお分かりいただけるかと思います。

AppleCare+ 未加入の場合(税別)

  1. iPhone 7 Plus:14,800円
  2. iPhone 6s Plus:14,800円
  3. iPhone 6s:14,800円
  4. iPhone 6 Plus:14,800円
  5. iPhone 7:12,800円
  6. iPhone 6:12,800円
  7. iPhone 5s、iPhone 5c:12,800円
  8. iPhone 5:12,800円

AppleCare+に加入している場合(税別)

  1. iPhone 7 Plus:3,400円
  2. iPhone 6s Plus:3,400円
  3. iPhone 6s:3,400円
  4. iPhone 6 Plus:3,400円
  5. iPhone 7:3,400円
  6. iPhone 5s、iPhone 5c:3,400円
  7. iPhone 5:3,400円

メーカー非公認の専門の修理業者へiPhoneのガラス修理をお願いする場合

「Apple Care+」や通信事業者のサポートに加入していない場合はメーカー非公認の修理業者へ修理を依頼するという手段もあります。メーカー非公認というと若干怪しい感じもしてしまいますが、実は非公認ならではの大きなメリットもあります。その反面、やはり非公認ゆえのデメリットも存在するため、利用するかどうかはしっかりと考えて行動しましょう。

今後正規保証を受けられない可能性もある

正規保証を受ける条件のひとつに正規サービスプロバイダ以外で修理・改造をしていないことというものがあります。内部部品の交換などでiPhone本体を開けてしまった場合、その後は「Apple Care+」などに加入していても保証を受けられない可能性があります。

簡単な修理の場合は気付かれることなくその後も正規保証を受けられる可能性もありますが基本的には「今後正規保証は受けられない」というつもりでいる方が安全です。

持ち込みだけでなく、郵送修理や出張修理をしてくれる所もある

メーカー非公認の修理業者は数多くありますが、中には郵送修理や出張修理に対応してくれる業者もあります。近くに店舗が無い場合や、自宅を空けることができない場合でも利用できるので正規サービスプロバイダよりも手軽に依頼することができます。

正規よりも安く修理できる

「Apple Care+」などの保証に加入していない場合、正規サービスプロバイダの修理よりも安価で済ませることができる場合があります。ただし、交換するパーツの仕入れなどの関係上、業者ごとに修理価格が変わってくるのでホームページで価格をチェックしたり修理前に見積もりを出してもらったりするなどで確認をするようにしましょう。

その日に直してくれる

Genius Barなどで故障したiPhoneを修理しようとした場合、数日の予約待ちが発生することが殆どです。更に重大な故障であった場合はそこからリペアセンターへ配送するため、一週間以上の時間がかかってしまいます。

しかし、非公認の業者では多くの場合即日、それも数十分から数時間で修理をしてくれます。予約がほぼ不要で待ち時間も少ないため、iPhoneが故障してしまってもすぐ対応をしてもらえます。

不良品のリスクが低い

メーカー非公認の修理業者の多くは独自のルートで正規品と同質の部品を入手し修理に用いています。そのため、すぐ壊れてしまうような安価な粗悪品を掴まされるというリスクが低くなっています。一時期はあえて安価な粗悪品で修理をする詐欺のような業者も一定数いましたが、市場規模の拡大につれて今では信頼できる大手の修理業者が殆どです。

不良品を引いても即交換してくれる

不良品を引いてしまうリスクは低いのですが、それでもまったく無いとはいきません。しかし、メーカー非公認の修理業者を利用した後であればアフターサポートとして即座に不良品の交換を行ってくれるところが多いです。正規サービスプロバイダを利用した場合でも不良品を引いてしまうことはありますが、その場合は交換などにまた時間がかかってしまいます。

やはりかかる手間と時間が少ないというのがメーカー非公認業者の大きな魅力のひとつといえるでしょう。

まとめ

iPhoneのガラス破損やその他の修理をする場合に利用できるサポート、そしてそれらを利用した場合・しなかった場合にかかる金額などを纏めてみましたが、いかがでしたでしょうか。

「自分は注意してるから大丈夫」と思っていてもやはり精密機械であるiPhone、不意の破損や故障があるものです。サポート未加入の方も万が一故障した場合を想定し、利用できるサポートへの加入などを検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です