Home / iPhone / iPhoneで画像を保存する方法

iPhoneで画像を保存する方法

Pocket

Safariやメール、Twitterアプリケーションで表示している画像をiPhoneに保存しておけるのをご存知ですか? 画像を保存しておけば、ホーム画面の壁紙に設定したり、メールに添付したりできるようになります(画像の権利には注意してください)。

本稿ではiPhoneで画像を保存する方法を説明します。

スポンサーリンク

 

Safariから画像を保存する

Safariで表示中のウェブページから画像を保存するには、その画像を長押ししてください。メニューが表示されるので「イメージを保存」をタップしてください。

01-tap-save-image

画像は「写真」アプリケーションの「カメラロール」に保存されます。

02-camera-roll

メニューから「コピー」をタップしてクリップボードにコピーすることも可能です。

03-tap-copy

クリップボードにコピーした画像は、標準の「メモ」アプリケーションの編集画面等、画像挿入に対応した画面では、画像としてペーストできます。

04-pasted-on-notes

画像挿入に対応していない画面の場合、画像のURLがペーストされます。

05-pasted-on-twitter

ページ中に画像が含まれている場合ではなく、画像そのものを表示している場合は、ツールバーの「共有」ボタンからも保存/コピーを行えます。

画面下部のツールバーから「共有」ボタンをタップしてください。

06-safari-tap-share-button

共有シートが表示されるので「画像を保存」か「コピー」をタップしてください。

07-safari-share

メールに添付された画像を保存する

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

ワンタッチで完了!iPhoneで指紋認証設定する際のコツ6つ

iPhoneの指紋認証(Tou …

Facebookでのご購読が便利です