iPhoneで撮影をした写真画像をパソコンに取り込み保存する方法

LINEで送る
Pocket

05e4597f97c9f455e567e9422c3d5a21_s

今回は、iPhoneで撮影をした写真画像をパソコンに取り込み保存する方法について紹介いたします。お気に入り写真はiPhoneでもパソコンでもどちらでも見れるようにしたいものです。パソコンにも保存することにより、編集などもしやすくなります。ここでは、iPhoneの写真画像をパソコンに取り込む方法をいくつか解説していきます。操作方法が分からず困っていた方は、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

iPhoneで撮影をした写真画像をパソコンに取り込み保存する方法

USBケーブルを使ってパソコンに取り組む方法(Windows10)

USBケーブルを使ってiPhoneとパソコンを接続することで、簡単にiPhoneの写真をパソコンに取り込み保存することができます。この方法でパソコンに画像を取り込む場合は、iTunesを起動しなければなりませんので、パソコンにiTunesがインストールされていない場合は、まずiTunesのインストールをおこないましょう。

また、操作を進める前に、iTunesの自動同期設定をオフにしておきましょう。自動同期設定をオフにするには、iTunesの編集メニューを選択し、設定をクリックします。設定を開いたらデバイス環境設定という画面が表示されますので、デバイスを選択し、「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを付けてOKを選択します。

自動同期設定をオフにしたら、パソコンへの写真画像の取り込み方法へと進めます。方法は次の通りです。iPhoneとパソコンをLightningケーブルで接続します。パソコンのスタートアイコンのところで右クリックをしてメニューを表示します。メニューの中から、エクスプローラーを選択します。エクスプローラーの画面が表示されますので、左の一覧からPCをクリックします。

「デバイスとドライブ」にiPhoneが表示されますので、右クリックでメニューを表示し、「画像とビデオのインポート」をクリックします。画像とビデオのインポート画面が表示され、画像とビデオの検索が始まりますので完了するまで待ちます。

画像とビデオのインポートが完了したら、「すべての新しい項目のインポート」にチェックを付けて、「インポート」を選択します。インポートが完了したら、すべての写真と動画がパソコンに取り込み完了です。

もし、すべての写真や動画ではなく選択したものだけをパソコンに残したい場合は、エクスプローラーの画面で左側のPCをクリックし、その後にiPhoneを右クリックしてInternal Storageを選択します。すると、iPhoneに保存してある写真や動画がすべて表示されますので、パソコンに保存したいデータを選択して、パソコンのフォルダに保存すれば選択した写真や動画だけを取り込むことができます。

Windowsのフォトアプリを使ってiPhoneから写真を取り込む方法

Windowsのフォトアプリを使えば、iPhoneから写真を一括でパソコンに取り込むことができます。フォトアプリを使って取り込む方法は次の通りです。USBケーブルでiPhoneとパソコンを接続します。Windowsでフォトアプリを開きます。

フォトアプリの場所が分からない場合は、検索ボックスから検索して見つけ出しましょう。フォトアプリを開くと、画面右上にあるインポートを選択します。これにより、簡単にiPhoneから写真をパソコンに取り込むことができます。

iPhoneのフォトストリームを使ってパソコンに取り込む方法

iPhoneのiCloudを使ってパソコンに写真画像を取り込むことができます。iCloudのフォトストリームを使いますので、iCloud設定をオンにしておくことと、Wi-Fiネットワークに接続することが必要になります。

iCloudをオン設定にするには、iPhoneの設定アイコンを開き、iCloudを選択します。iCloudを開くとiCloudで連携できる項目一覧が表示されていますので、その中から「写真」を選択します。「自分のフォトストリーム」という項目がありますので、オン設定に変更します。これでiPhoneのiCloudフォトストリーム設定がオンになります。

あとは、Wi-Fiネットワークに接続していれば、自動でiPhoneの写真がiCloudに保存されるようになります。次にパソコン側でiCloudフォトストリーム設定を確認し写真を確認します。Macであればすぐにフォトストリームから確認することができますが、Windowsの場合は、iCloudを開き写真にチェックを付けます。

もし、使っているパソコンにiCloudがインストールされていない場合には、iTunesをインストールし、インストールの際に「iCloudコントロールパネル」 をインストールします。あとは、iPhoneから自動で写真がパソコンに転送されますので、保存したいものを選ぶだけです。

転送ツールを使ってiPhoneからパソコンに取り込む方法

iPhoneの写真をパソコンに取り込む方法として転送ツールを使う方法があります。転送ツールを使うことで、iTunesやUSBケーブルを使わなくてもパソコンに写真を転送できます。「Air More」という無料の無線転送ツールがあり、ファイルや画像を簡単に転送することができます。操作方法は次の通りです。

まず、AppStoreから「Air More」をiPhoneにインストールします。パソコン側でもインストールします。iPhoneでAir Moreを開いて、QRコードをスキャンします。iPhoneの画面に「接続要求」のメッセージが表示されますので「許可」を選択します。パソコン側にiPhoneの情報と画面左側に画像や音楽、ドキュメントなど、アイコンが表示されていますので、画像を選択します。

iPhoneの画像が表示されますので、パソコンに転送したい写真を選択し画面上部のダウンロードを選択すると、わずかな時間で選択した写真をiPhoneからパソコンに転送することができます。

インターネット環境さえ整っていればUSBケーブルも使わなくて良いですし、iTunesの立ち上げなども必要ありません。アプリのダウンロードなどの手間はありますが、1番スピーディに希望の写真をパソコンに転送することができる方法です。

メールなどを使い特定の写真をパソコンに取り込む方法

Gmailなどを使っていて、iPhoneでもパソコンでもGmailを使える場合は、メールに該当画像を添付して自分宛にメールを送ることにより、パソコンに取り込むことができます。

多くの枚数は無理ですが、1枚や2枚など少ない枚数であれば、iPhoneから写真付きのメールを自分のアカウント宛にメールを送信し、パソコンで受信メールを開いて、添付データを開けば保存することができます。パソコンに取り込みたい画像数が少ない場合はこの方法で十分に対応することができます。

まとめ

今回、iPhoneで撮影をした写真画像をパソコンに取り込み保存する方法について紹介いたしました。いずれの方法でも、簡単にiPhoneの写真をパソコンに取り込むことができます。お気に入り写真をパソコンにも保存していつでも閲覧、編集できるようにしましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です