Home / iPhone / iPhoneの画素数を分析!最新のiPhoneXも徹底比較

iPhoneの画素数を分析!最新のiPhoneXも徹底比較

Pocket

iphone7hello_tp_v
新しい機種がリリースされる度に、以前よりもさらにレベルの高いカメラ性能を提供してくれるiPhoneシリーズは、今回もさらにカメラ性能の高いiPhoneをリリースしました。

それが、iPhone8、iPhone8Plus、iPhone Xです。以前からカメラ性能が良いことで有名なiPhoneでしたが、今回はどのようにカメラ性能が進化したのでしょうか。最新3機種の画素数を分析し、徹底的に比較を行っていきます。カメラ性能でiPhoneを選びたい方は、必見です。

スポンサーリンク

iPhoneのカメラの性能

iphone8imgl8205_tp_v
まずは、最新iPhoneのカメラ性能がどのように進化を遂げたのか、iPhoneが備える画素数を元に見ていきましょう。

機種別背面カメラの画素数

それでは、背面カメラの画素数について、機種別に見ていきましょう。まず最もスタンダードなiPhone8からです。iPhone8では、12MP(メガピクセル)を採用しております。つまり、画素数単位で表すと、1,200万画素です。

では少し大きなサイズの、iPhone8Plusを見てみましょう。iPhone8Plusでは、iPhone8と同様に1,200万画素のカメラを採用しているのですが、なんと同じ画素数のレンズを2つ搭載しています。ひとつは広角レンズで、ひとつは望遠レンズとなっています。つまり、1,200万画素のカメラを2つ搭載した、デュアルレンズ仕様となっています。

最後は、話題のiPhone Xです。こちらもiPhone8Plusと同様に、1,200万画素のカメラを2つ搭載した、デュアルレンズ仕様です。広角カメラと望遠カメラにそれぞれ1,200万画素を採用しており、画素数以外のカメラ性能も豊富です。

機種別前面カメラの画素数

背面カメラの次は、前面カメラの画素数を機種別でご紹介していきます。実は、前面カメラについては、iPhone8もiPhone8Plusも、さらにはiPhone Xまで、画素数に関して全く同じ仕様となっています。全て、700万画素のカメラを採用しています。しかし、iPhone Xに関しては、カメラ性能の一つとしてポートレートモードを搭載しています。そのため、前面カメラで撮影しても、背面カメラに比べると画素数は劣りますが、背景をぼかすといったようなエフェクトを掛けることが出来ます。

画素数が多ければ画質が良い?

ここまで、iPhoneの画素数を見て比べて来ました。ですが、「画質の良さ」を測る上では、画素数だけでは測りきれません。他社の有名なAndroidスマートフォンが、2,000万画素以上を誇るカメラを搭載している中、iPhoneは最新のものでも、1,200万画素のカメラを採用しています。ですが、iPhoneは以前からカメラの画質が良いとされ、カメラ好きにも人気の機種です。なぜなのでしょうか。

それは、スマートフォンに搭載されているカメラの画質は、画素数だけではなく、「f値」が重要になってくるからです。このf値というのは、単純に言うとどれくらい明るく写すことが出来るかの指標となる数値です。この数字は、小さい方が、より多くの光を取り入れることが出来るため、暗いところでもノイズを少なくし、明るく撮影することが出来ます。iPhone8では、背面のメインカメラにf値1.8という数値を誇るカメラを搭載しています。iPhone8PlusやiPhone Xに関しても、広角レンズはf値1.8のものを、望遠レンズにはf値2.4のレンズを搭載しているため、iPhoneで撮影した時の画質が良くなります。

最新版!iPhoneとiOSのカメラ機能

iphone8imgl8459_tp_v-1
最新のiPhoneシリーズが発売される少し前に、iOSが新しくなり、「iOS11」が登場しました。このiOSのバージョンアップでは、カメラ機能に関する内容もアップデートされています。最新iPhoneのカメラ性能や機能と、最新iOSのカメラ機能について、見ていきましょう。

iPhoneXのカメラの進化

iPhone Xは、これまでのどのiPhoneよりも進化したカメラを搭載しています。背面カメラには新しいカラーフィルタを兼ね備え、より速くピントが合うように設計されたセンサーも搭載されています。そして、これまではPlusシリーズにしか搭載されていなかった、「光学式手ブレ補正」も搭載しています。このデュアルレンズを使うことで、より速くより美しく写真を撮影できるように、進化しました。

さらに、iPhone Xでは顔認証機能も搭載しているため、背面のメインカメラだけではなく、前面のカメラ性能も進化しています。上述の通り、前面カメラにもポートレートモードが搭載されました。これにより、セルフィー(自撮り)を、もっとキレイに撮影することが可能になりました。顔認証機能を搭載した分、カメラの性能も進化しているというわけです。

iPhoneXに実装されてる機能

iPhone Xに実装されている、目立ったカメラ機能は、やはり前面カメラに集中しています。前面カメラに、「ポートレートライティング」という機能を実装しており、まるでスタジオで撮影をしたかのような、高品質な写真を撮影することが出来ます。さらに、「アニ文字」という、ユーザーの表情や言葉をアニメーションにして反映し、メッセージにして送ることができる機能も実装されております。このアニ文字は、前面カメラで映し出した顔の、およそ50以上の筋肉をそれぞれ判別し、動きを捉えて解析します。そして、それをパンダやウサギといった12種類あるアニ文字のどれかに、撮影した表情を反映してくれます。それをそのままメッセージアプリで共有できるため、ご自分のリアルな表情をそのままアニ文字という形で相手に伝えることが出来るようになります。

iOS11に対応可能なiPhone

iPhoneと共に進化したiOSですが、残念ながら対応していないiPhoneシリーズがあります。それは、iPhone5、iPhone5c以前の機種です。iPhone5sからこれまでのiPhoneシリーズであれば、すべて新しいiOS11にアップデートすることが出来ます。もし対応していないiPhoneをお持ちの方は、この機会に新しいiPhoneに買い換えることも、検討してみてはいかがでしょうか。

iOSに搭載された新機能

では、新しいiOSに搭載された新機能の中でもとっておきの機能を、ご紹介します。新しいiOSでの一番の進化とも言えるのは、標準のカメラ機能でQRコードを読み取ることが出来るようになったという点です。これまでは、QRコード読み取るためには、サードパーティアプリをインストールする必要がありました。ですが、新しいiOSでは、設定を変更するだけで、QRコードを認識できるようになっています。これは、日常生活においてとても便利な新機能です。

最新iPhoneの価格

最後に、最新iPhone3機種の価格を、それぞれご紹介していきます。新しいiPhoneを導入する際には、スペックやカメラ性能も重要ですが、やはり価格が気になるところです。それでは見ていきましょう。

iPhone8

まずは、iPhone8からです。iPhone8は、64GBモデルと256GBモデルに分かれており、それによって値段が異なります。Apple公式によると、64GBモデルの場合、税込み85,104円でです。256GBモデルの場合、税込み103,464円となっています。キャリアで購入する場合、特典も付いて安くなる場合があるので、ご安心下さい。

iPhone8Plus

続いて、少し大きなサイズのiPhone8Plusの価格です。こちらも価格は64GBモデルと256GBモデルで値段が異なります。64GBモデルの場合、税込み96,984円です。256GBモデルの場合は、税込み115,344円となっています。

iPhoneX

最後にiPhone Xですが、こちらも容量によって価格が異なります。選べる容量は、iPhone8やiPhone8Plus同様に、64GBモデルと256GBモデルの2種類です。64GBモデルの場合、税込み121,824円です。256GBモデルの場合、税込み140,184円です。これまでのiPhoneシリーズの中で最も高額となっています。

まとめ

iphone8imgl8492_tp_v-1
このように新しくリリースされたiPhoneは、これまでのどのiPhoneシリーズよりもカメラ性能やカメラ機能に長けていて、より撮影を楽しむことが出来ます。さらに、最新のiOS11との相性も抜群であるため、価格は高額ではありますが、かなりオススメです。話題のiPhone Xの場合、前面カメラの性能や機能が、これまでに比べて飛躍的に向上しているため、より便利で楽しいセルフィーを行うことが出来ます。インスタグラム等を活用している方には、とてもオススメの最新iPhoneです。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

iphoneximgl6311_tp_v

iPhoneのライト機能が使えない3つの原因と対処法5選

あらゆるシーンで活躍してくれる …

Facebookでのご購読が便利です