Home / iPhone / iPhoneの画素数を分析!最新のiPhoneXも徹底比較

iPhoneの画素数を分析!最新のiPhoneXも徹底比較

Pocket

iphone7hello_tp_v
新しい機種がリリースされる度に、以前よりもさらにレベルの高いカメラ性能を提供してくれるiPhoneシリーズは、今回もさらにカメラ性能の高いiPhoneをリリースしました。

それが、iPhone8、iPhone8Plus、iPhone Xです。以前からカメラ性能が良いことで有名なiPhoneでしたが、今回はどのようにカメラ性能が進化したのでしょうか。最新3機種の画素数を分析し、徹底的に比較を行っていきます。カメラ性能でiPhoneを選びたい方は、必見です。

スポンサーリンク

iPhoneのカメラの性能

iphone8imgl8205_tp_v
まずは、最新iPhoneのカメラ性能がどのように進化を遂げたのか、iPhoneが備える画素数を元に見ていきましょう。

機種別背面カメラの画素数

それでは、背面カメラの画素数について、機種別に見ていきましょう。まず最もスタンダードなiPhone8からです。iPhone8では、12MP(メガピクセル)を採用しております。つまり、画素数単位で表すと、1,200万画素です。

では少し大きなサイズの、iPhone8Plusを見てみましょう。iPhone8Plusでは、iPhone8と同様に1,200万画素のカメラを採用しているのですが、なんと同じ画素数のレンズを2つ搭載しています。ひとつは広角レンズで、ひとつは望遠レンズとなっています。つまり、1,200万画素のカメラを2つ搭載した、デュアルレンズ仕様となっています。

最後は、話題のiPhone Xです。こちらもiPhone8Plusと同様に、1,200万画素のカメラを2つ搭載した、デュアルレンズ仕様です。広角カメラと望遠カメラにそれぞれ1,200万画素を採用しており、画素数以外のカメラ性能も豊富です。

機種別前面カメラの画素数

背面カメラの次は、前面カメラの画素数を機種別でご紹介していきます。実は、前面カメラについては、iPhone8もiPhone8Plusも、さらにはiPhone Xまで、画素数に関して全く同じ仕様となっています。全て、700万画素のカメラを採用しています。しかし、iPhone Xに関しては、カメラ性能の一つとしてポートレートモードを搭載しています。そのため、前面カメラで撮影しても、背面カメラに比べると画素数は劣りますが、背景をぼかすといったようなエフェクトを掛けることが出来ます。

画素数が多ければ画質が良い?

ここまで、iPhoneの画素数を見て比べて来ました。ですが、「画質の良さ」を測る上では、画素数だけでは測りきれません。他社の有名なAndroidスマートフォンが、2,000万画素以上を誇るカメラを搭載している中、iPhoneは最新のものでも、1,200万画素のカメラを採用しています。ですが、iPhoneは以前からカメラの画質が良いとされ、カメラ好きにも人気の機種です。なぜなのでしょうか。

それは、スマートフォンに搭載されているカメラの画質は、画素数だけではなく、「f値」が重要になってくるからです。このf値というのは、単純に言うとどれくらい明るく写すことが出来るかの指標となる数値です。この数字は、小さい方が、より多くの光を取り入れることが出来るため、暗いところでもノイズを少なくし、明るく撮影することが出来ます。iPhone8では、背面のメインカメラにf値1.8という数値を誇るカメラを搭載しています。iPhone8PlusやiPhone Xに関しても、広角レンズはf値1.8のものを、望遠レンズにはf値2.4のレンズを搭載しているため、iPhoneで撮影した時の画質が良くなります。

最新版!iPhoneとiOSのカメラ機能はこちら

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

これで1日安心!iPhone用ワイヤレス充電器おすすめ6選

iPhoneのモバイルバッテリ …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です