Home / iPhone / これで大丈夫!iPhoneが真っ暗になる2つの原因と4つの対処法

これで大丈夫!iPhoneが真っ暗になる2つの原因と4つの対処法

Pocket

iPhoneを利用中に突然画面が暗くなって動かなくなった経験はありませんか?画面が暗くなる現象には、ブラックアウトと充電が切れてしまった場合の2つが考えられます。

では、これらのような場合にはどのような対処が必要なのでしょうか。

そこでこの記事では、iPhoneの画面が真っ暗になってしまった場合の原因とその対処法をご紹介します。

適切な対処を取って問題を解決し、快適にiPhoneを利用しましょう!

スポンサーリンク

iPhoneのブラックアウトとは

iPhoneが突然真っ暗になってしまった場合、考えられる現象として、ブラックアウトが挙げられます。

ここでは、ブラックアウトがどのような現象なのかをご紹介します。

画面が真っ暗になってどのボタンも反応しない

ブラックアウト現象とは、iPhoneの画面が真っ暗になり、反応しなくなってしまうことを指します。

ただ、充電が切れたわけではないためホームボタンや電源ボタンが反応する場合もあります。

充電切れとは違う

充電切れも画面が真っ暗になってしまいますが、上記のブラックアウト現象とは異なります。

充電切れの場合は充電が切れてしまっているため、当たり前ですがどのボタンも反応しません。そのため、ブラックアウトとは対処法が異なります。

iPhoneの画面が真っ暗になってしまう2つの原因

iPhoneの画面が暗くなってしまう原因にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

ここでは、iPhoneが動かなくなってしまう原因をご紹介します。

1. 充電がなくなった

iPhoneの画面が暗くなってしまうことでまず考えられるのが、充電が切れてしまうことです。

上記でもご紹介しましたが、充電が切れてしまうとiPhoneの一切の機能が利用できなくなってしまいます。

古いiPhoneを使用している場合や、充電をし忘れている場合、またiPhoneのデータ容量が重い場合にはこのような事態に陥ることが多くあるため注意しましょう。

2. iPhone本体に問題がある

充電が十分にあるのに画面が暗くなってしまうような場合は、iPhone本体に問題があると考えられます。

具体的には、以下のような場合が考えられます。

  • システムに問題がある
  • ディスプレイケーブルが外れてしまっている、または断線してしまっている
  • バックライトが切れてしまっている
  • 強い衝撃によってiPhone本体に影響が及んでしまった
  • 水没してしまった

以上のものが考えられます。

日ごろから気をつけることによって、画面が暗くなってしまうなどの問題が起きないようにしましょう。

iPhoneの画面が暗くなって動かない時の4つの対処法

iPhone画面が真っ暗になってしまう原因をご紹介しましたが、問題が起きてしまった場合はどのように解決することができるのでしょうか。

そこで、ここではiPhoneの画面が真っ暗になってしまった時の対処法をご紹介します。

1. 充電する

iPhoneの画面が真っ暗になってしまった際はまず、充電してみることをおすすめします。充電切れの場合はこれで問題を解決することができます。

また、もし充電してもiPhoneの画面が復旧しない場合であっても、原因がiPhone本体にあると考えることができます。具体的には、1時間ほど充電しても変化が見られない際はiPhone本体に原因があると考えてよいでしょう。

そのため、iPhoneの画面が暗くなってしまった際はまず1時間ほど充電して原因を探ることをおすすめします。

2. 使用していたアプリを完全に終了する

iPhone画面が暗くなった時でも、ホームボタンが機能することがあります。

このような場合には、以下の手順で利用していたアプリを完全に終了させましょう。

  1. ホームボタンを2度押してマルチタスクを開きます。
  2. マルチタスク画面で利用中のアプリを上にスライドしてリフレッシュします。

使用していたアプリが複数ある場合は、念のためすべてリフレッシュすることをおすすめします。複数のアプリを同時に開いている場合、iPhoneのデータ通信が重くなってしまったことが原因として考えられることもあります。

3. 再起動する

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

ワンタッチで完了!iPhoneで指紋認証設定する際のコツ6つ

iPhoneの指紋認証(Tou …

Facebookでのご購読が便利です