Home / iPhone / iPhoneのアプリフォルダを作成する方法

iPhoneのアプリフォルダを作成する方法

Pocket

ニュースやゲームから乗り換え案内に料理のレシピまで、みなさんのiPhoneにはたくさんのアプリがインストールされていることと思います。最近ではアプリをインストールするだけでポイントがもらえるお小遣いサイトも増えており、サイトに登録してアプリのダウンロードに勤しむ方も多いでしょう。

しかし、アプリをダウンロードしたまま放っておくといつの間にかアイコンが乱立してしまうのが悩みの種です。見た目にも良くないですし、使う頻度の高いアプリはiPhoneのフォルダ作成機能を利用してまとめておくことをご提案します。
本稿ではiPhoneのアプリフォルダを作成する方法に加え、フォルダ名を変更する方法、フォルダの中にフォルダを作る裏ワザも用意しました。

スポンサーリンク

1.iPhoneのホーム画面にフォルダを作成する

iPhoneのアプリフォルダを作る方法は難しくありません。
01
はじめにiPhoneのホーム画面で任意のアプリアイコンをロングタップ(一定時間タッチを続けること)してください。
02
03
04
すると、ホーム画面に表示されているアイコンがふるふると揺れ始めます。この状態を維持しつつ、タップしているアイコンをスライドして他のアプリアイコンに重ねてください。フォルダが作成され、2つのアプリアイコンがフォルダ内に収納されます。
アイコンの揺れを止めるためにはiPhoneのホームボタンを押します。さらにもう1度ホームボタンを押すか、表示されているフォルダの枠外をタップするとフォルダ表示が閉じて通常のホーム画面に戻ります。

2.作成したフォルダにアプリを収納する

フォルダを作成したら整理したいアプリを収納していきましょう。
05
フォルダに収納したいアプリアイコンをロングタップするとアイコンが震え始めるので、この状態でアプリアイコンを収納したいフォルダにスライドします。
06
アプリをフォルダに格納できました。
アプリをフォルダに収納できたらホームボタンか表示されているフォルダの枠外をタップすることで通常のホーム画面に戻ります。

3.作成したフォルダに名前を付ける

フォルダの名前はアプリの種類に応じて自動で決定されますが、変更することも簡単にできます。
07
iPhoneのホーム画面で名称を変更したいフォルダをタップして開き、収納されているアプリのいずれかをロングタップします。すると、アイコンが揺れ始めますので、この状態で上部にあるフォルダの名前部分をタップするとキーボードが表示され名前を変更できます。
フォルダの名前を変更したあとは、1と2の手順と同じようにホームボタンか表示されているフォルダの枠外をタップすることで通常のホーム画面に戻ります。

ex.フォルダに収納したアプリをホーム画面に戻す

フォルダに収納したアプリをホーム画面に戻す方法も覚えておきましょう。
08
09
iPhoneのホーム画面で作成したフォルダをタップして開き、任意のアプリアイコンをロングタップしてアイコンが揺れ始めるのを待ちます。この状態でホーム画面に戻したいアプリアイコンをフォルダの外にスライドすると、アプリをホーム画面に戻せます。
通常の画面を表示するにはホームボタンを1度押します。

ex.フォルダを削除する

iPhoneのホーム画面に作成したフォルダを削除できます。
10
ホーム画面で作成したフォルダをタップして開き、任意のアプリアイコンをロングタップしてアイコンが揺れ始めるのを待ちます。この状態でフォルダに収納したアプリアイコンを全てホーム画面に移動してください。
11
全てのアイコンをフォルダからホーム画面へ移動できたら自動でフォルダは削除されます。
通常の画面を表示するにはホームボタンを1度押します。

【隠しワザ】フォルダの中にフォルダを収納する

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

迷惑メールを避けたい!iPhoneのメール拒否設定方法

LINE等のメッセンジャー機能 …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です