iPhoneのアプリフォルダを作成する方法

LINEで送る
Pocket

ニュースやゲームから乗り換え案内に料理のレシピまで、みなさんのiPhoneにはたくさんのアプリがインストールされていることと思います。最近ではアプリをインストールするだけでポイントがもらえるお小遣いサイトも増えており、サイトに登録してアプリのダウンロードに勤しむ方も多いでしょう。

しかし、アプリをダウンロードしたまま放っておくといつの間にかアイコンが乱立してしまうのが悩みの種です。見た目にも良くないですし、使う頻度の高いアプリはiPhoneのフォルダ作成機能を利用してまとめておくことをご提案します。
本稿ではiPhoneのアプリフォルダを作成する方法に加え、フォルダ名を変更する方法、フォルダの中にフォルダを作る裏ワザも用意しました。

スポンサーリンク

1.iPhoneのホーム画面にフォルダを作成する

iPhoneのアプリフォルダを作る方法は難しくありません。
01
はじめにiPhoneのホーム画面で任意のアプリアイコンをロングタップ(一定時間タッチを続けること)してください。
02
03
04
すると、ホーム画面に表示されているアイコンがふるふると揺れ始めます。この状態を維持しつつ、タップしているアイコンをスライドして他のアプリアイコンに重ねてください。フォルダが作成され、2つのアプリアイコンがフォルダ内に収納されます。
アイコンの揺れを止めるためにはiPhoneのホームボタンを押します。さらにもう1度ホームボタンを押すか、表示されているフォルダの枠外をタップするとフォルダ表示が閉じて通常のホーム画面に戻ります。

2.作成したフォルダにアプリを収納する

フォルダを作成したら整理したいアプリを収納していきましょう。
05
フォルダに収納したいアプリアイコンをロングタップするとアイコンが震え始めるので、この状態でアプリアイコンを収納したいフォルダにスライドします。
06
アプリをフォルダに格納できました。
アプリをフォルダに収納できたらホームボタンか表示されているフォルダの枠外をタップすることで通常のホーム画面に戻ります。

3.作成したフォルダに名前を付ける

フォルダの名前はアプリの種類に応じて自動で決定されますが、変更することも簡単にできます。
07
iPhoneのホーム画面で名称を変更したいフォルダをタップして開き、収納されているアプリのいずれかをロングタップします。すると、アイコンが揺れ始めますので、この状態で上部にあるフォルダの名前部分をタップするとキーボードが表示され名前を変更できます。
フォルダの名前を変更したあとは、1と2の手順と同じようにホームボタンか表示されているフォルダの枠外をタップすることで通常のホーム画面に戻ります。

ex.フォルダに収納したアプリをホーム画面に戻す

フォルダに収納したアプリをホーム画面に戻す方法も覚えておきましょう。
08
09
iPhoneのホーム画面で作成したフォルダをタップして開き、任意のアプリアイコンをロングタップしてアイコンが揺れ始めるのを待ちます。この状態でホーム画面に戻したいアプリアイコンをフォルダの外にスライドすると、アプリをホーム画面に戻せます。
通常の画面を表示するにはホームボタンを1度押します。

ex.フォルダを削除する

iPhoneのホーム画面に作成したフォルダを削除できます。
10
ホーム画面で作成したフォルダをタップして開き、任意のアプリアイコンをロングタップしてアイコンが揺れ始めるのを待ちます。この状態でフォルダに収納したアプリアイコンを全てホーム画面に移動してください。
11
全てのアイコンをフォルダからホーム画面へ移動できたら自動でフォルダは削除されます。
通常の画面を表示するにはホームボタンを1度押します。

【隠しワザ】フォルダの中にフォルダを収納する

Appleは公式に通達していませんが、フォルダの中にフォルダを収納する方法があります。ハック的な隠しワザですがホーム画面をさらに整理できるため、興味のある方はぜひお試しください。
※iOS9.2.1で検証しています。

12
1.収納先のフォルダを画面最上部(1行目)に配置します
※配置場所は1列目でも2列目でも、どの列でも問題ありませんが、画面最上部(1行目)でないと収納できません。

13
2.収納したいフォルダをロングタップしてアイコンが揺れている状態にし、そのままタップした指を離さずに収納先のフォルダとステータスバーの間を連続でタップします。すると収納先のフォルダが開き、フォルダの中にフォルダが入れられます。
※1度のタップではこの状態になりにくいため、何度か連続でタップするのがコツです。

14
3.タップし続けていた指を離してフォルダの中にフォルダを入れます。ホーム画面を押して通常の画面を表示したら完了です。
実際にフォルダの中にフォルダを入れている動画がありますので、見ながら試してみると手順がわかりやすいです。
New Trick Folder In Folder iOS 9 – 9.3 Nested Folders Glitch ( How To = Read Description )

フォルダの中に入れられるフォルダは1つだけでなく複数個収納できます。上手に使えばホーム画面をキレイに整理できてiPhoneの操作が捗りそうです。
※この隠しワザはiPhoneを再起動したり、リセットしたりすると元通りの配置に戻ってしまいます。また、今後のiOSアップデートによってこの操作ができなくなる可能性もありますのでご注意ください。

ex.フォルダをロックしてセキュリティ対策

ダウンロードしたアプリのなかには人に見られたくないものもあるでしょう。そのようなアプリはフォルダの中に収納してロックを掛けてしまえば他人に見られる可能性はほとんどなくなります。
フォルダのロックは標準機能ではできませんが、アプリを使えば簡単な操作でロック機能を使いこなすことができます。App Storeの中でも人気の高いオススメのアプリを3点ご紹介します。

iSafePlay

iSafePlay
フォルダにパスワードを掛けられるアプリです。iSafePlayの優れている点は1つのフォルダにパスワードを複数設定して表示する内容を変えられること。
鍵付きのフォルダは恋人や家族からやましいことがあるのではないかと疑われがちです。フォルダに当たり障りのないデータを収納してダミーパスワードを設定しておき、そのパスワードを伝えれば修羅場を回避できます。

秘密の写真管理 – i写真フォルダ Free

秘密の写真管理 – i写真フォルダ Free
パスワードロック、カモフラージュ用のパスワード設定、さらにフォルダの中にフォルダを作って整理できる機能まで有した充実のセキュリティアプリです。

iVault

iVault
アプリにパスワードを設定して写真や動画などをロック付きで保存できます。BluetoothやWi-Fi、メールなどで相手と共有できるため、パーソナルな相手と2人で楽しむのがオススメです。

今回のまとめ

iPhoneのアプリフォルダを作成する方法をお届けしました。
フォルダを使えばアプリで乱雑したホーム画面をスッキリできます。PCのデスクトップのように、スマホのホーム画面もフォルダを使って整理整頓しておけば気分転換にもなるでしょう。
ゴチャついた画面にお悩みの方はiPhoneのフォルダ機能をぜひ利用してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です